[羽田書店]本屋大将、はねだぷりん(羽田プリン)を作ったり、本を読んだりする日記

[羽田書店]本屋大将、はねだぷりん(羽田プリン)を作ったり、本を読んだりする日記

京浜急行穴守稲荷駅前の本屋の丁稚の読書感想文他アレコレ。プリンを作ったり、喫茶営業をしたり、雅楽を奏したり。


テーマ:
少年ジャンプの弟雑誌、最強ジャンプに連載中の『戦国ベースボール』作者・若松浩先生御一行がご来店下さいました😆!

その上、楽しい3コマ漫画も描いて下さいました🎆🎆🎆🎆🎆!!

『噂の手作りプリンは噂以上に美味しかったのです。この時期限定?のかぼちゃプリンはほっぺたが床に落ちました』と、有り難いご感想😂😂😂!

過分なお褒めのお言葉ですが、ありがとうございます😄!

ご感想を漫画にして下さったので、若松先生のオリジナルキャラ・“やるでござる丸”君のほっぺた溶けちゃってます😆💦!







#若松浩 #戦国ベースボール #やるでござる丸 #最強ジャンプ #少年ジャンプ #集英社 #漫画家 #漫画 #コミック #野球 #歴史 #織田信長 #西郷隆盛 #西郷どん #坂本龍馬 #伊達政宗 #前田慶次 #徳川家康 #聖徳太子 #毛利元就 #真田幸村 #上杉謙信 #武田信玄 #源義経 #ペリー #はねだぷりん #羽田プリン #ブックカフェ羽月 #ブックカフェ #羽月 #スイーツ #プリン #羽田 #大田区 #穴守稲荷

テーマ:
(月)~(金)7時35分から放送のテレビ東京の『朝の!さんぽ道』、今週は北品川駅から始まる京急線沿線。IMALUさんがナビゲーターです。

約一週間かけて北品川~京急羽田空港線辺りを歩きます。


14日(金)は羽田空港線・大鳥居駅から歩き始めて穴守稲荷神社、例の鳥居を巡るそうです♪。

テレビ東京HP・朝の!さんぽ道のページの紹介では、

“今回は、羽田空港のすぐ近くにある大鳥居駅からスタート。しかし駅前には鳥居はない!なぜこんな駅名となったのか?その謎に迫ります◆朝6時から営業!癖になる辛味の絶品汁なし担々麺◆「はねだぷりん」◆まるで京都の伏見稲荷大社のような幾重にも重なる赤い鳥居に感動&幸運をもたらす砂とは?◆波乱万丈!ついに見つけた大鳥居、その悲劇の過去とは?”

との事😊😊😊。

ちょっぴり“はねだぷりん”も映るらしいです。

穴守稲荷神社については、川崎順平先生の御朱印ラブコミック・『朱にまじわれば』で紹介されています😊。各電子書籍サイトをご覧下さい😊😊😊。

#テレビ東京 #朝のさんぽ道 #IMALU #imalu #はねだぷりん #羽田プリン #ブックカフェ羽月 #穴守稲荷神社 #京急 #羽田空港 #呪いの鳥居 #川崎順平 #朱にまじわれば



テーマ:
『私の世界を構成する塵のような何か。』(天野しゅにんた・著)

7人の大学生が繰り広げる恋愛模様。

恋愛、人を好きになる事のドロリとしたもの、自分でも気付かなかった自分を丁寧に描いてます!

大学の4年間の、濃厚で瞬く間である事よ。オススメです!

#天野しゅにんた #私の世界を構成する塵のような何か。 #コミック #漫画 #一迅社 #百合姫 #はねだぷりん


テーマ:
本日のランチタイムの事、“マンゴーと練乳のかき氷”と“バナナジュース”のご注文に齷齪していると、更に、“鉄板焼ホットケーキ”、“練乳抹茶あずきかき氷”、“はねだぷりんパンケーキ・大地(なめらかカスタードプリンの大地をパンケーキの上にのせ、バニラアイスのドームで覆い、3種のソースをかけた看板スイーツ)”が立て続けにオーダーイン(全て別テーブル!)!!170817_201454.jpg

(↑“はねだぷりんパンケーキ”。左上のカップと比較して下さい。結構大きいです。)

故に、バナナをミルクとシェイクしながら、マンゴーピューレを自家製シロップでのばしたソースを用意しつつ、鉄板に火を入れて熱しながら、抹茶を自家製シロップでのばしつつ、アンコも同様にし、かき氷機に氷を入れてガリガリ氷を砕氷して器に雪山の形を整えながらも、バナナジュースをグラスに注ぎ、雪山にマンゴーピューレをたっぷりかけながらも、別添えの練乳も抜かりなく用意して、“マンゴーと練乳のかき氷”・“バナナジュース”が完成、フロアの店員に持って行ってもらった頃には、仕上げておいたホットケーキの種を熱くなった鉄板に流し込み、焼け上がるのを待ちつつ、盛り付け用のお皿やトッピングアイテムも揃えながらも、一つ先行してしまうが、丁度器や抹茶シロップなどが冷えた、“練乳抹茶あずき”のかき氷を完成させるべくかき氷機に氷を投入、再びグオングオンと縦揺れ横揺れしながら氷を削る機械に向かって達、荒れ狂う吹雪の様に吹き出す雪氷を器に整えていると、かき氷機のあまりのグオングオンさに、隣に佇む食器棚もグオングオン状態に成り果て、その棚上に鎮座する魔法瓶が揺れに耐えかねて地上へと落下、途中段上に置かれたる『タンカレー・ジン』700mlの瓶に激突、
4901411031484.jpg
(↑タンカレー・ジン)

これを弾き飛ばし、地上というか床に飛ばされたるこのアルコールの瓶あえなく大破、大して広くもない厨房の3分の1の地に欠片が飛散し、3分の2弱瓶中に残したる種々ハーブ等を蒸留して作り上げたるスピリッツの傑作・“ジン”の芳しい芳香が立ち上り、約47度のアルコールによって、厨房の地上というか床はスッキリと消毒される有り様。ほんの数十分前にパティシエと味見して、「非常に手の込んだ味わいですね。」などと話し合いながらアルコールメニュー増強に心を傾けておった直後の被災に、一時呆然自失なるも、そこは盛った先から溶け行くかき氷と、時間をかければかける程にきつね色の表面カリッ中はフワッから、ただの炭に変わりかねないホットケーキが絶賛焼かれ中とあれば、頭呆然でも手だけは雪山に抹茶シロップとあずきをかけてフロアの店員に持って行ってもらいつつ、ホットケーキもひっくり返して、これを盛り付ける準備に取り掛かりながらも、移動する間、常に足元がジャリ、ジャリ、っという程に、適度にデッカいガラスの塊がありつつ、微細な欠片となって飛び散りたるガラス達に、ジャリジャリジャリジャリ、泣き笑いの足元触感、この間にフロア店員厨房に至るも、チラ見してスルー。「おっきな音出て割れたんだけどなー、気付いてるはずだし、フロア二人いて、ワイ一人でかき氷→ホットケーキ→かき氷→はねだぷりんパンケーキの何かコンボ技に悪戦苦闘中且つ足がジャリジャリ、なんだから、ちょっとフロア者一人来て、デカいガラス片だけでも集めてくれへんのかいな??ホンマに気の利かんやっちゃでしかし!プリプリ!!」などとイライラしながらも、やはりやらかしたショックから頭はまだボケッとしておりもするものの、オーラス・“はねだぷりんパンケーキ”のパンケーキが焼き上がるまでのモノの一分デカいガラス片だけ拾い集めて道を確保、依然ガラス小片により地上はジャリジャリするも、行動の自由が大幅に確保され、ぷりんケーキの盛り付けに取り掛かる頃には、「他人に頼ってはあきまへんねん。自分でやらな、おへん!」とか茫然自失のテイから立ち直りつつ、タンカレー・ジンロスショックも割り切れる様になりつつある頃、「他人に頼らない、と言えば『北斗の拳』のライバル・サウザーという誰にも頼らない人がいたなあ、『退かぬ!!媚びぬ 省みぬ!!』と絶体絶命の窮地に叫んでたなあ。最初から他人をアテにしてちゃ駄目だなあ。」と思った所、

9784199801754.jpg
(↑北斗のケンを追い詰めたライバル・サウザー。非常にカッコイイ。)

「サウザーと言えば、脇役だったサウザーを主人公に昇格させて、『北斗の拳』の絵柄・雰囲気・言動はそのままに、ハードボイルドアクションの原作を完全な笑いの世界に突っ込んだ『北斗の拳イチゴ味』があるやんなあ。」と思った所、コミック表紙を思い出しただけで、イライラジャリジャリショッキングでさがりっ放しだった口角がニンマリと急上昇。割ってしまって430mlのジンを無駄にしてしまったショックからも一瞬にして回復し、頭の茫然自失モヤも一気に晴れ渡った次第。

9784199804045~00.jpg
(↑『北斗の拳イチゴ味』。ちょっと描く部品を変えるだけで、同じ絵柄でこんなに破壊されるのか!?と驚愕します。)

この頃には“はねだぷりんパンケーキ・大地”が完成、フロア店員に持って行ってもらい、作業台上の食材・器具の残りと地上に残ったガラス片を見回し、溜め息をついて、「最初のかき氷からはねだぷりんパンケーキに至る30分位の間に色々あったり、考えたりするもんだなあ。」と思っている所へ、フロア担当の会長がやって来て、「どやっ!?何か割りよったんか!?どないやっ?!手伝うたろかっ!?」って、全て終わっとるがな(`血´;)!!

それにしても、“笑う”って、混乱した頭をパッと切り替えさせたり、スゴい力があるもんだなあと思いました。

色々考えたりしてましたが、一品一品、キチンとお作りしたのは間違いございませんです(^^;)!!御理解賜れたら幸いでございます。

・・・弁解の多い人生を送って来ました。

また増えた(^∀^;)。











Ameba人気のブログ

Amebaトピックス