浅田良和のブログ

浅田良和のブログ

ブログの説明を入力します。

Stay Home...
皆さまどうお過ごしでしょうか。
僕の出演予定の舞台も次々と中止・延期となり、こんなに舞台に立たないのは何年振りだろうかと不安になるところです。

しかし今できる事をしっかり、そして今しかできない事を楽しみ、この状況が落ち着いた頃には必要な時間だったと思えるように過ごしたいと思っております。


皆さまにお伝えする手段の一つであるブログも全く更新しないまま長く時が経ってしまいました。


という事で、少し思い出の写真を。



こちらは東京新聞主催の全国舞踊コンクールで一位を頂いた時。
13歳。
ものすごく楽しく踊れたのを今でも覚えています。
疲れたと感じるより、もう一回踊れるんじゃないかと思うくらい。





これはロイヤルバレエスクールから帰って来た時の舞台。
17歳頃。
この時期ならではの悩める少年でしたが、根底にあるのはバレエが好きな気持ちですね。



これはNBA全国バレエコンクールで一位を頂いた翌年のパンフレット。
こちらも17歳頃ですね。
この頃からは周りの視線も厳しくなり、プレッシャーも感じるようになりました。



こちらはユースアメリカグランプリのNYファイナルで銀賞を頂いた時のジェームスのバリエーション。
18歳。
アメリカならではの歓声が印象的でした。

子供の頃は本当にバレエが好きで、深夜に帰宅しては明け方頃まで楽器に熱中していました。

『好きこそものの上手なれ』
とは良く言ったもので、正しくそれだけだったような気もします。

努力は大切ですが、闇雲にもがいても遠回りだったりします。
今必要なこと、明確な届きそうな目標を立てて、一つずつクリアしていく。
『自信とは楽観的な勘違い』
少しずつでも出来ることが増えれば自信に変わり、モチベーションも上がります。
それが更に上の立場の人から見て『まだ足りてない』と思われていても、自分が『上達してる』という思い込みはある種必要なのかと思います。
やはり最終的には小さな石を積み重ねた石垣の方が頑丈なのです。