京都旅行の際にオーダーくださった2アイテム | SWL leather&silver's BLOG

SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。

こんばんは

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみ たしまいづみ です。

去年・一昨年と展示会を開催させていただいた
熊本のジーンズショップ・チャーリー。

クラフトマンの同級生で、その店の主・ジーンズ職人の末永氏から、
SWLを紹介してもらった、という関東にお住まいのY様が、
京都旅行の際にSWL工房へ立ち寄ってくださいました。

「末永さんから田島さんのお作りになられたトレイを紹介いただき、
京都に行った際は寄らせていただきたいと、思いを馳せておりました。」とY様。
ご縁を感じる、とても嬉しいご訪問でした。


その時、2点のオーダー製作をご依頼くださいまして、

京都訪問から数ヶ月後、完成したY様のオーダーアイテムがこちらです!
名刺入れベルトです。



まずは、こちらの名刺入れ。



染色は、名刺入れ・ベルトともに、明るめのブラウンです。



そして、角にカービングされているのはY様のお名前からの一文字「吉」。

見ているだけでいいことがありそうな、縁起の良いこの漢字を、
輪郭線の内部を凹ます手法で、彫らせていただきました。



漢字のチョイスも、少し字を傾けるのも、Y様のご要望。
センスの良いアイディアで、なんとも愛らしく仕上がりました。

自分だけのオリジナルのマークのようで、特別感がありますね。



内部には何も加えずシンプルに。



明るめのブラウンだからこそ、革の表情がより楽しめます。



もう一点は、ベルト。

Y様が愛用されているジーンズショップ・チャーリーのジーンズに巻くために、
オーダーしてくださいました。

ジーンズに、ばっちり似合いそうな風合いです。



こちらは、ベルトの剣先に「吉」。



こちらも少し傾いたレイアウトが、いい感じです。



SWLのベルトは、厚みのある「Sベンズレザー」一枚でできています。

最初は硬さを感じますが、使うほどにコシを保ちながらも柔らかくなってくれる、
丈夫でしなやかなこの革の特性や、経年変化を存分に楽しんでいただけるアイテムです。



使いはじめてくださったY様から、嬉しいご感想が届きました。

「早速使わせていただいています。

名刺入れにしても、ベルトにしても革と染めの心地よい匂いがして
手に持っていると幸福感を覚えます。

名刺入れの厚みといい適度な重量感がしっくりきています。

革の製品をいろいろと見ますが、
やっぱり田島さんに作って頂いて良かったなと思っています。」




幸福感を感じていただけるとは!
つくり手冥利につきる、嬉しいお言葉です。

熊本と京都、二人の職人をリスペクトして訪ねてくださったY様の想い、
そしてY様の素敵なアイディアもあり、記憶に残るアイテムとなりました。

Y様、ありがとうございました!


ご紹介したアイテムの詳細・オーダー・お問い合わせはこちらから
 ↓ ↓ ↓
名刺入れの商品ページ

ベルトの商品ページ


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

レザーアイテムについての詳細・お問合せ・ご注文は、
SWLホームページをご覧ください。こちらをクリック▼▼▼

SWL leather & silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント