SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。

こんばんは

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみ たしまいづみ です。


今日は、新しい春を一緒に迎える相棒のオーダーを紹介します。

SWLロングウォレットの第1号を、そして他にも様々なSWLアイテムをご愛用くださっている、クラフトマンの古くからの友人M氏。

そんなM氏が、来たるべき春に向けてオーダーしてくださったのが、
こちらの 名刺入れ です。



スマートでシャープな印象をご希望だったので、
マチがないスリムタイプをベースにおつくりしました。



できる限りスマートで、それでいて重厚感はしっかりとある、
そんなラインを目指しました。



M氏のご要望で、背面にアクセス性のよいポケットを追加。



開いたところの見開き2ポケットも、
M氏のご要望でそれぞれ口の形状を変えています。
こういったことができるのも、オーダーメイドならではですね。

そして一点物の証、ネーム彫りも。



革の染色も縫い糸もブラックに統一することで、手染め・手縫いならではの重厚感がありながら、ビジネスシーンでも問題なく使えますね。

受け取ってくださったM氏からは、こんなご感想をいただきました。

「こんなにいい革の匂いしてたかなぁーってくらい嗅ぎまくりです。

しかし、茶色ばかりで黒が初でしたが、黒もええですね。
りゅーじさんの魂があたたかみに感じます^ ^

早く慣れさせて僕のモノにしていきます。
ありがとうございました。」


M氏、ありがとうございました!

昨年転職をされたM氏にとっては、新しい職場で迎える初めての春ですね。
今期もますますご活躍されることと思います。

この名刺入れが、そのご活躍のそばにそっと寄り添い、
M氏を奮い立たせる相棒の様な存在になってくれたら、、

そんな願いを込めて製作させていただきました。


自分のためだけにつくられたオーダーメイドの名刺入れには、
そんな力が宿っているかもしれません。

様々な製作実例を参考に、相棒に相応しい名刺入れをご検討ください▼▼▼
☛☛ 名刺入れのアイテムページ




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

レザーアイテムについての詳細・お問合せ・ご注文は、
SWLホームページをご覧ください。こちらをクリック▼▼▼

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント