毎日見ていても見飽きない、自分だけの模様 | SWL leather works BLOG

SWL leather works BLOG

【次の世代まで愛用したいタフで美しいハンドメイドレザー】を製作している京都一乗寺にあるSWL(エスダブルエル)の日々を綴ったブログです。財布、キーケース、名刺入れ、ベルト、バッグなどを、厳選した革と妥協なきハンドメイドで形にしています。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

京都のハンドメイド革工房、SWL(エスダブルエル)スタッフのYOMEです。


今日は、カスタムオーダーでつくらせていただいたハーフウォレット、

約9ヶ月愛用してもらった姿と、その主の声を紹介します!



さかのぼること9ヶ月。

このインドの打楽器・タブラの奏者、友人O氏から、

「タブラと唐草模様をからませたカービングをいれてほしい」

という依頼で、図案をつくるのにクラフトマンがかなり苦悩した

思い出のハーフウォレット。



実はタブラの大きさのバランスを忠実に表現した

唐草の流れでタブラを想像させるデザインのカービング(彫刻)で、




模様としての美しさ、力強さを感じることができ、

なおかつ、O氏にとっては愛するタブラを感じることができる、


まさに、O氏のためだけの唯一無二の唐草カービング

をほどこし完成したハーフウォレットがこちら。



そこから約9ヶ月、

毎日バックポケットに入れてご愛用いただいてきた姿を、

先日、撮影させていただきました!

その姿がこちら ▼▼▼



革の質感は、ツヤと柔らかさが増しています。



形も、O氏のお尻にフィットするように馴染んでいます。



「完成した直後のパリッとした質感も好きやったけど、
変化してきたこの感じもまたええよな~ 」


とO氏。

内部もツヤツヤに。

同じ形のウォレットを使っている私も思うのですが、

カードがたっぷり収納できたり、小銭が取り出しやすかったり、

思ってた以上に、使い勝手がすごく良いのが嬉しいんですよね。



キーケースと共に、

気に入って使ってもらえているのが伝わってくる姿に、

胸が熱くなりました!



それもそのはず、

「カービングの唐草模様が、

タブラから火が出ているように見えたり、

かっこいい幾何学模様に見えたり、

毎日見ていても見飽きひんわ!」


と、とても愛してもらっているからなんですね!



O氏ありがとう!!

これからもこのハーフウォレットが育っていく様子は、

レポートさせてもらえると思いますので、

お楽しみに!


このO氏のタブラウォレットの元となった

SWL定番のハーフウォレット(二つ折り財布)について、

▼▼▼詳しくはこちらのアイテムページをご覧ください。▼▼▼

SWL定番 ハーフウォレット

YOMEも愛用中♪





最後までお読みいただき、ありがとうございました。
京都銀閣寺 ハンドメイド革工房 SWL leather & silver


■ SWLのホームページは こちら

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ 月刊【SWL通信】読者登録フォームは こちら

■ フォローお待ちしています!
   

■ 応援クリックよろしくお願いします!



SWL leather worksさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント