メロメロパーク
2005年04月21日

拳道in中州(2)

テーマ:ネタ話
発情中のK君と電池切れのA君を前に、しばし呆然で立ち尽くすボク・・・
_| ̄|○


がんばれオレ!!

早朝から勃起してる場合じゃないぞ


何はともあれ、早く帰らないと仕事の時間が迫っています。

この頃はまだ『代行運転サービス』が今ほどメジャーでは無かったので、当然ボクが運転して帰るつもりでした。

幸い、キーは挿したままだったので、アホな二人を尻目にエンジンをかけます。

運転席.jpg

薄暗い車内に、インジゲーターパネルの明かりが浮かびあがり、僕の顔をぼんやり照らします。

当時、ボクの愛車はベンツSクラス(自転車)だったので、久々の運転に少々びびり気味。
それでなくとも、人の車のハンドルを握るのは緊張する物です。

隣でスヤスヤ眠るA君は一向に起きる気配はありません。

K君は・・・


ホステスさん「あ・・・あん・・・」



さぁ、出発です(泣)



仕打ちとも思える車内の空気に涙しながら、ゆっくりとアクセルを踏み込みました。。

コインパーキングの料金支払機に駐車券を滑り込ませます。

駐車代は・・・
なんと2800円!!( ;゚д゚)


中洲のコインパーキングの相場は20分で100円。

よく考えてみたら、オカマバーから朝方の今の時間までずっと駐車したままだったのです。

かなりの額になってしまいましたが、仕方ありません。
みんなで割り勘すればなんとか・・・


A君「くかぁ~~~ピヨピヨピヨ・・・(´ρ`)」

ホステスさん「あん・・ダメって・・・イヤ・・」


私が払わさせて頂きます・゚・(ノД`)



ボク「とりあえず地元方面に帰りますよ!」


なぜか独り言のように響くボクの声。
ホステスさんも連れて帰っていいのでしょうか?

ある種、禁断のシチュエーションに、
ボクのハートはみじん切り状態です。


K君の執拗とも思えるエロ攻撃に、最初は乗り気だったホステスさんも次第に抵抗を始めました。


女「もう、ダメって。こんなとこじゃイヤ。」

K「いいやんか!オッパイ見せろ!」

女「もう!オッパイとか言わんでよ!」

K「いいったい!聞こえてないって!」



すまん、ビンビンなんだが(大泣)


あまりにもしつこいK君に、とうとうホステスさんは怒りはじめました。


女「もう!いいかげん降ろしてよ!あたし帰る!!」


この一言にK君の機嫌は一気に怒りモードへと移行します。


K君「おい!スウェッツ!!車止めろ!!」



突然のK君の怒号に、ボクは慌てて車を歩道へと寄せます。


K君は、あからさまに不機嫌な様子でホステスさんと歩道に降り、道端で何やら言い争ってます。

ボクは二人にバレないように助手席側のパワーウィンドウを開けてみました。

するとホステスさんは大声で「最低!!」と叫んでどこかへと走り去ってゆきました。

遠くに見えなくなってゆくホステスさんに向かってK君が放った言葉・・・


K君「お前がアホじゃボケ!この貧乳が!!


K君はそう叫んだあと、再び後部座席に陣取り一言・・


K君「出せ。」


ハイ、社長(TдT)



ボクは半泣きで再発進します。


K君は、さっきの事がよほど頭に来たのか、自分の車なのにシートやドアを殴っております。(´Д`lll)

K君は結婚した現在でこそ角が取れて丸くなってはいますが、若かりし頃は、地元でもそれはそれは有名な暴れん坊だったのでありまして、小学校からの付き合いのボクは数々のバイオレンスな現場を目の当たりにしてまいりました。
そのたびに思ったものです。

あぁ・・・お友達で良かったと・・(T▽T)


このまま無事に何事も無く帰れればいいのですが・・・。



そんな恐怖にも似た想いに駆られていた時です。

近道をしようと入り込んだ細い路地に差し掛かったところ、一台のタクシーと鉢合わせになってしまいました。

車が一台分やっと通れるほどの細い道で、すれ違うなどまず無理です。
標識など何も無い道路だったので、どちらかの車が後退せねばなりません。

トラブル嫌いなボクは、すぐさまシフトレバーを『R』に入れ、後ろへと進もうとしたのですが、K君なぜかこれが気に入らなかった様子でございます。


K君「退くな!進まんや!!行け、行け!」


そんな行け行けって・・・(´Д`lll)

タクシーはボクのさっきの仕草を察したのか、グイグイ前進してきます。

K君はそんなタクシーの態度に、さらに怒りが増したのか、窓から顔を出して「さがらんやボケ!!」とドスの効いた声で威嚇しています。

ボクはただならぬ雰囲気にあせってしまい、ただでさえ狭い道幅もあって混乱してしまいました。

躊躇しているボクの様子が気に入らないのか、K君は強引に運転席に身を乗り出して何回もクラクションを鳴らし続けます。


まずい状態です。

タクシーが引き下がらなければ、K君は今にも車外に飛び出して行きそうな勢いです。



と、その時でした。



ボクの視界に突然、戦慄の光景が飛び込んで来ました!


クマです・・クマが見えるとです!!


それは、これから起こる恐怖の前触れでした・・・。

(((( ;゚д゚)))アワワワワ



つづく






よろしければ投票お願いします!

人気blogランキング↓
        
       人気blogランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年04月20日

拳道in中洲(1)

テーマ:ネタ話

A君「あ~楽しかった!また行こうね!(゚ー゚*)」


店を出た後も上機嫌のA君。

僕らの不機嫌な理由などどこ吹く風って感じで軽やかに歩いてます。


僕はというと、フィリピン娘(オカマ工事済み)に恋する友人へ、どう接して良いか分からず戸惑っております。

人の恋愛をとやかく言うつもりはないんですが、

せめて女性に恋して欲しかった・・・
_| ̄|○



僕 「なぁ、Aさぁ・・・」

A君「ん?何??」

僕 「お前、キャサリンの事・・・好きか?」

A君「うん!!大好き!!(*゚ー゚)」


A君は臆する事無く満面の笑みで、そう答えました。

それが答なのかも知れません。
本来、恋愛とは自由であるべきもの。
誰が誰を好きになろうが自由だし、それを止める権利は誰にも無いはずです。



僕 「まぁ・・色々大変だろうが、がんばれよ。」

A君「ありがとう!!でもなぁ・・言葉がなぁ・・



突っ込みたいのはそこじゃないんだが。


まぁ、心配もありますが、暖かく見守って行こうとおもいます。

このマニアックな恋を。




しかし、心配な人間はA君だけではありませんでした。



K君「くそぉぉぉ!あのカッパめ!!(*`Д´)


K君は店を出てからずっとこの調子です。
よほどカッパに突付かれたのが不愉快だったのでしょう。

K君の機嫌は駐車場に着いてからもおさまりませんでした。



K君「くそ!このまま帰れるか!(*`Д´)やっぱ次行こ!次!」



K君の納得行かない気持ちは察しますが、僕は次の日仕事で、とても2軒目に付き合う気になれません。

しかし運が悪い事に、A君も行く気満々でK君に続いてます。

恐らく僕が何を言っても今のK君は聞く耳持ちません。
僕だけ電車で帰っても良かった(K君の車で来ていた)のですが、きっと帰りは飲酒運転に決まってます。
事故ったりされると心配なので、仕方なく僕だけ車に残り、二人を待って帰る事にしました。



K君「じゃ~な~!!一人で帰るなよ~(゚∀゚)」



K君、さっきまでの怒り顔がウソみたいにウキウキです。
二人は手を振りながら、夜の街へと消えてゆきました。


僕の方は、明日午前8時からの出勤に備え、少しでも寝ておかなければなりません。

後部座席に移り、横になって静かに目を閉じました・・・。











~それからそれから~




二人を見送ってから、どれくらい時間が流れたのでしょう。

夢見心地な気分は、突然に激しい怒号でかき消されてしまいました。



「おら!!起きろスウェッツ!!」


ビックリして飛び起きると、K君が鬼の形相で僕を引きずり降ろそうとしていました。


僕 「ちょ、ちょっと待て待て!自分で降りるから!( ;゚д゚)」



僕は一瞬何が起こったのか理解出来ませんでした。

K君は制止も聞かず、僕の首根っこをつかんで無理矢理外に降ろしました。

地面に倒れた僕の目に飛び込んできたのは、夜が明けようとしている薄明かりの空と、

アダルトな黒いパンティーだったのです。( ;゚д゚)


激しい動揺の中、立ち上がって車内を見ると、謎は解けました。


僕の寝ていた後部座席で、K君が黒パンツの主と思われるホステスの方と

まぐわっておられます。


激しく抱き締め合っている二人は、ディープインパクトなキスを展開しておられます。
(´Д`lll)

その様は、 さながらサバンナの弱肉強食の縮図がごとしであります。


僕がプルプル震えていると、背後から違うホステスさんの肩にもたれながら歩いて来るA君の姿が。


ホステスさんは後部座席の戦いには目もくれず、A君を助手席に乗せながら言いました。



「この二人、相当酔ってるから、お兄さん後よろしくね。」


ホステスさん曰く、K君は店内で次から次へと女の子にお触りし、グラスも2つほど割ったそうです。

僕が平謝りすると、



「あ、いいよいいよ。二人に『もう来ないで』って言っといてね。」



と言って去ってゆきました。

帰り際、後部座席の女の子はどうしたら良いか聞くと、


「あ、いいのいいの、私あの子嫌いだから。


と言い残して。(((( ;゚д゚)))アワワワワ



助手席で爆睡のA君。

野生に回帰してる最中のK君。



わし、どうしたらええんやろか?




つづく




よろしければ投票お願いします!

人気blogランキング↓
        
       人気blogランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年04月19日

いばら道in中洲(7)

テーマ:ネタ話
緊急事態発生!!

要請を受け、A君の惚れた相手に接触するはずが、
説得するはめになりました。('A`)


恋のお相手は、なんと元男性(工事済み)

禁断の愛に身を投じようとしている友人を、このまま放っておいていいのか!?


いや、いかん!

それだけはイカン!!


A君よ、 なして君はそげな相手に惚れるとか? (;´∀`)


こうしちゃおれません。

一刻も早く彼の目を覚まさねば!! ここは一つ、K君の力も借りねば!!



K君「・・・(´ρ`)」



ダメです・・・。

白い灰と化してます。

大佐の攻撃に翻弄されすぎて、K君の救出にまで頭が回っていませんでした。

まずK君をカッパ池から引き上げなければ!!


ボク「ちょっとごめんね!K君に話があるんだ!」

カッパ「ジャマスンナ!」


皿割ったろかこのカッパ。


K君に憑依するカッパを半ば強引に引き離し、トイレへと連れて行きます。

酔ってもいないのに、K君は千鳥足です。




K君 「・・・(´ρ`)」

ボク「おい!しっかりしろ!!」

K君 「う・・うぅ・・し、舌入れられたぁ・・。」

ボク「わかる!わかるぞ!!でも今それどころじゃない!」

K君 「ザラザラしてたぁ・・・。」

ボク「おい!目を覚ませ!キャサリンやぞ!(*゚Д`;)

K君 「・・・えぇ!?( ;゚д゚)」



やっとK君も正気に戻ったようです。
僕はルミ大佐とのやり取りで、この飲み屋がフィリピン人オカマバーである事が発覚した事実を告げました。



K君「じゃ、じゃぁオレはオカマとディープキスを・・・。」


いや、まずそこかよ(´Д`lll)



僕 「アホ!よく考えろ!Aはオカマに惚れとるんだぞ!?」

K君 「あぁ!そっか!( ;゚д゚)」

僕 「正確には『ニューハーフ』なんだがね。性転換は終わってるらしい。」





K君 「じゃあ、いいんじゃないの?




えぇ!?(´Д`lll)

予想外の展開。
K君がこんなに異文化交流に寛容な男だったとは。


僕 「いや、でも!でも!(*゚Д`;)」



K君 「だって、出来るやん(゚ー゚*)



判断材料それかい!



僕 「いや、エッチは出来るかもしれんが、Aの事だからこのまま突っ走って結婚とか言いかねんぞ!?」

K君 「結婚・・・。確かに恋愛中は周りが見えなくなるタイプだな・・。」

僕 「だろ!?Aの親父さん心臓に持病持ってるんだぜ?キャサリン連れて挨拶とか行ってみろ、止まるぞ、心臓(;´Д`)


K君「(((( ;゚д゚)))アワワワワ」



僕らは熟考を重ねた結果、とりあえずA君を強制奪還し、後日説得する事に決めました。


しばらくして席に戻ると、運のいい事にカッパと大佐の姿はありませんでした。



キャサリン「ルミチャンタチ、Helpイッタネ。」






Hell(地獄)の間違いじゃないのか?


アホな事言ってる場合じゃない! 早くA君を外に連れ出さなければ!!

夢心地のA君に僕は言いました。



僕「あのさ、オレ気分が悪くなってきたから、そろそろ出ようよ。」

A君「え!?大丈夫!?そんなに飲んでたっけ?」

僕「いや、酒じゃないんだけどね・・・。」



瞬間、大佐の股ぐらの感触が甦りました_| ̄|○



A君「わかった!また今度ゆっくり来よう!」


A君よ、

今度は無いぞ永遠に。




後ろ髪引かれる思いのA君は名残惜しそうにキャサリンと抱擁を交わしています。


ニューハーフのアソコってどうなってんだろう・・。

そんな疑問を抱きながら会計を済ませ、無事今回のミッションは終了したかに思えました。



しかし!!




K君「あぁ!!気分悪いわ!次行くぞ!!(*`Д´)」



今にして思えば、この時気付くべきでした・・・。


さらなる恐怖が待っていることを。



いばら道in中洲編 Fin



拳道in中洲編へ~


つづく





よろしければ投票お願いします!

人気blogランキング↓
        
       人気blogランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年04月18日

いばら道in中洲(6)

テーマ:ネタ話

僕の手を強引に自分の胸に押し当て、不気味にヨガる大佐。

その悩ましい表情と言ったら、 見る者すべてを石化する勢いです。


石になって死ぬのはイヤなんで、必死に抵抗するのですが、
手首の血流が停止するほどのパワーで僕の手を離そうとしません。


さすがに、これはエライコッチャ(´Д`lll)とあせっていると、僕の手はゆっくりと大佐の胸元から下の方へと下がってゆくではありませんか!




ルミ大佐「オキャクサン、キョウダケヨ」




大佐は恍惚の表情を浮かべるとさらにすごい力で自らの下腹部へと掴んだ手を誘います。

・・・まさか、まさか!( ;゚д゚)





ルミ大佐「オウ・・グレイト・・」




僕、大佐の秘密の花園に侵入したっぽいです(TдT)


嗚呼・・・まさかこんな夜になろうとは。_| ̄|○


これほど積極的な女性に出会えたというのに、

まったく嬉しくないのはナゼでしょう?


無理矢理に股ぐらに押さえられている僕の手の甲は、 今にも摩擦で引火してしまいそうです。

なんとも言えない、この感触・・・。


ブニョブニョ・・ブニョブニョ・・・







ブニョブニョ!?




ちょっと待とうか。





この感触・・・あきらかにおかしいです。

妙に弾力があるというか、

 

懐かしい触り心地というか。


あきらかに女性のソレとはまったく違うふくらみがなぜか大佐の股にあるのです。


その瞬間、僕の脳裏には一つの推測が浮かびました。

それは考えただけでも背筋の凍る内容です。


楽しい思い出など吹っ飛ぶくらいに。


恐怖と戦慄が頭をかすめます。


でもまさか・・いや、違うだろ・・・

いくつかの自問自答を繰り返しましたが、らちがあきません。


勇気を振り絞れスウェッツ!!




ボク「あの・・・ルミさん・・・」

大佐「オウ・・・ナンネ?・・オウ・・・




ボク「・・・あなた、男ですか?」







大佐「オトコチャウヨ、オカマネ!








一緒じゃボケ!!(TдT)


よくも・・・よくもそんな(大泣)


何が『クラブ・ジャパン』だよ!!

モロッコ』の間違いじゃないのか!?


一瞬でも『女』と思っていた僕に乾杯(T∀T )

通りで僕の方も反応しないわけです。_| ̄|○


体は偽りに惑わされる事無く、SOSを発していたのかも知れません。



しかしこれはエライ事態です。


女性とオカマが共存する飲み屋など聞いたことありません。


大佐がオカマという事は、
カッパをはじめキャサリンも当然オカマということになります。


という事は、
『A君オカマに恋してる』という図式が成り立ちます。


いくら恋愛に国境が無いと言っても、
性別の壁まで越えていたなんて誰が予想できたでしょう?


こんなケースは自分でも初めてです。

はっきり言って動揺を隠せません。


A君は確かにネジが1本抜けている所はありますが、良識のあるいたって普通の青年です。

こんなマニアックな恋を出来るような人間だったとは・・・。



しかし、何かの間違いかも知れません!


そう・・そうだ!

キャサリンがオカマだなんてまだ分からないじゃないか!!

たまたま外国人の飲み屋に、
グリーンベレーなオカマが1人いても不思議じゃなよね!?

そうに決まっている!!





ボク「あの・・・ルミちゃん・・・」

大佐「ナンネ?」

ボク「キャサリンちゃんも・・・その・・オカマなの?」


すると信じられない答が!!


大佐「キャサリン、オカマチャウヨ。」


・・奇跡・・・まさに奇跡!!


A君、君は正しかった!

疑ったりなんかしてゴメンよ。

これからもキャサリンと仲良く達者でな(*´∀`)ノ






大佐「キャサリン、コウジズミ(工事済み)ネ。」






ニューハーフかよ!(T▽T)




つづく




よろしければ投票お願いします!

人気blogランキング↓
        
       人気blogランキングへ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年04月17日

いばら道in中洲(5)

テーマ:ネタ話
~現在の状況~



A君 (゚ー゚*)

K君 (´ρ`)

僕  (´Д`lll)






キャサリン嬢とまったりアツアツなA君とは対照的に、

魂を抜かれた感もある他2名


それに、キャサリンはまだ良いとしても、カッパ大佐のテンションはボルテージを上げる一方です。




ルミ大佐「カタワタワ!カタワタワ!HAHAHA!!」





何語コレ?


肩でもこっているんでしょうか?

それにしては時折、僕を見ながら笑ってやがります。


お前、オレの悪口言ってないか?


K君の様子が心配になり振り返ると、

顔中、分厚いキスマークだらけのK君が半泣きで打ちひしがれています。


クチバシの突付いた跡に見えるのは気のせいでしょうか?


すると、さっきまでカタカタ言ってたルミ大佐、何やら僕に話しかけてきます。




ルミ大佐「オキャクサン、テソー、ミルヨ。」




テソー?

手相の事でしょうか?


外国にも手相占いがあるなんて聞いたことありません。

もし出来たとしても、おおかた真似事レベルでしょうし、第一いまそんな気分じゃありません。



僕「あ、いいよ、また今度ね。」



するとルミ大佐は信じられないほどの強力な力で僕の腕をつかみ、無理やり手のひらを開かせました。


いいよ→YES
  _| ̄|○


恐い(TдT)



しばらく大佐は、僕の手のひらを凝視しながら何かうなってます。




ルミ大佐「ヴーン・・ヴーン・・・」




ハエじゃないんだから(´Д`lll)

すると大佐は、満面の笑みで言いました。






ルミ大佐テソーッテ、ナンネ?」






知らんのかい!(*`Д´)



ちょっと、かんべんしてくれよ(泣)

手相見るっつったのはお前の方じゃないかよ!

いったい何なんだよ、コイツは(´ロ`;)


だいたい、どうゆう接客させてんだよ?

客喜ばすどころか、 追い込んでんじゃんかよ(TдT)


K君は大丈夫なのかよ?




クチバシ増えてるやんけ(大泣)




すると大佐、半泣きの僕の手を離すかと思いきや、何を思ったのか、

いきなり自分の胸元に押し当てて上下させ始めました。




ルミ大佐「Oh・・・Oh・・・」




お前・・・何やっとんねん(´Д`)





ルミ大佐「モー、オキャクサン、ゴーインネ!」








すみません、

殺っていいですか?






つづく





人気blogランキング↓
        
       今日は何位かな?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。