Instagramにも書きましたが、先日大学の道場掃除に行ってきました。

三月の中旬くらいですかね?
いよいよ稽古も禁止となり、柔道場への立ち入りが禁止になったのは!


その時から、師範室には行ってましたが、道場掃除は行っていませんでした。


最近道場行ってないなぁ!
ホコリとか凄そうだな!
掃除しなきゃ!って!


自分を含めて四人で掃除をしようと!

学生は校舎内立ち入り禁止でしたので、致し方なく。




まず、ホウキではき🧹
除菌クリーナーで畳、板の間の除菌。
冊子を雑巾で拭いて。
誰のともわからないボトルなどは衛生的にも良くないと思い全て破棄。
いやぁ、なんか心が洗われました。

黙々とホウキを動かし、たまに会話をし、列を変えて黙々とホウキを動かし。

見た目も大して変わらないけど、凄く綺麗になった気がしました。


その道場で年が上の学生、選手はなかなか掃除をすることはありません。
大学は特に一年生の仕事として道場掃除があります。

もちろん自分も掃除してました。
掃除は嫌いではありません。

むしろ、強い選手は綺麗好きが多いと思う。
お洒落とは違う、綺麗好き。


この、道場掃除。

是非、強い選手にやってもらいたい!

もちろん毎日やれと言うわけではないし、一年生の仕事として認めてる以上はなにもいいませんが。


なんか柔道に対してやる気が出ると言うか、畳っていいな!とか!
せっかくやるなら綺麗なとこでやりたいな!
この隙間、ホコリたまってるな!

など。

気づきがたくさん。


是非、柔道着を脱いでホウキを持ってみましょう。




振り返らなくてもわかるくらい、柔道を習い始めてから初めてというくらい、こんなに柔道から離れてます。
まず、道場が使えない!

道場の代わりになりそうな体育館なども使えない。

外で打ち込みなどはやっても本気にはなれない。

ゴールデンウィークは必ず合宿で、ゴールデンウィークなんか経験したことない!ってこのブログでも愚痴ってたのに!笑

無い物ねだりが過ぎるぞ!!

でも、合宿が無いことで、産まれて間もない長男のお世話をすることができたり、嫁が長男のお世話をしている間に上の子2人と遊ぶことができたり。


嫁が入院してる間、昼間は一生懸命遊んで、夜は高松家で毎晩お世話になって!

子供は、子供同士でお風呂にも入れてもらって!

本当に、ありがたいです!


二度とこないであろうこの時間を(来て欲しくない)
満喫します。





そして、小学生、中学生、高校生の日本一を決める大会、伝統ある大会が中止となりました。


全日本監督、オリンピック代表選手、様々なアスリートやアスリートを応援してくれている方々がコメントをしています!

まさしく!
やってきた事は無駄ではないし、これを活かさないと!


しかし、挑戦して敗れたのと目の前の大きな目標が無くなってしまったのでは大きな違いがありますよね!

自分も大学の監督として、毎年日本一になりたいと思い稽古やトレーニングをしています。

大学の試合も『延期』という形にはなりましたが、開催は非常に厳しいでしょう。

これだけ稽古をしていない学生に日本一をかけて戦うぞ!というのも非常に酷です。

積み重ねてきたものをぶつけ合うことに勝負の面白さがあり、負けた時の悔しさがあり、勝った時の喜びがあるんですよね。


選手も指導者もかける思いは同じです。

非常に悔しく、残念です。


選手をどう前向きにさせるか、今まで積み上げてきたものを意味のあるものにさせるか!

指導者の皆さんは悩んでいることと思います。


自分も今の四年生の年、日本一になりたい!
と、強く思っていました。

しかし、試合が無くなった時はやはりやる気というか力が抜けてしまって!

しかし、学生は毎日黙々とトレーニングをしています。
笑顔もあります。


選手は指導者が思っている以上に強いものです。


この強い生徒が、日本を背負っていくのです。


小学生、中学生、高校生の皆さん。

皆は強い!

大丈夫!



指導者の皆さん、共に頑張りましょう!


偉そうに失礼しました。


この投稿をInstagramで見る

4/29 柔道家は誰もが憧れる全日本選手権大会。一度は出たい!と思う選手もいれば、必ず優勝したい!と思う選手も。 負けられない!と思う選手も。 一試合場しかないという雰囲気。 最高でした。 国士舘中学に入学してから毎年必ず観に行き、先輩の応援をし、自分が出るようになり応援され。 代表選考大会として選手を選考する立場になり。 教え子が出れば嬉しく、是非優勝してもらいたいという欲が湧き。 優勝すれば様々な人が喜んでくれます。 負ければまた頑張ろうと思います。 見たこともないような大きな日の丸の下で戦う。決勝戦で叩きつけられ目に焼き付いてる大きな日の丸。 ガッツポーズをしている対戦相手。 二度と見たくない景色です。 もう、伝えきれないほどの思いがある 全日本選手権大会。 4/29は全日本選手権大会があるから、計画出産にして全日本選手権大会は観に行くと決めていた昨日。 息子が産まれ、娘二人がお姉ちゃんになり、自分自身が三人の父親になりました。 今日はなんかソワソワしてます。 何もないんだけど。 嫁もいないし、子供と三人で遊んで、息子に会いに行って。 でも、ふと思う。 『今日は全日本なんだよなぁ!』って。 代表選手も、代表候補選手も、そこを目指してる選手も。 全日本選手権大会の価値をもう一度取り戻しましょう。 世界に一つしかない大会です。 日本一を決める大会です。 来年は開催されることを祈ります。 そして、日本一=世界一 という意地とプライドをもう一度取り戻しましょう。 #全日本選手権大会 #無差別 #柔道 #日本一=世界一 #真の強さとは #柔道家 #judo#alljapanjudochampionship

Keiji Suzuki(@gk.kizuna)がシェアした投稿 -