さえずり短歌
■NEWS■
短歌のクラウドファンディング実施中!


鈴掛真 (すずかけ しん) 歌人
著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。第17回 髙瀬賞受賞。


短歌でつくったフォトエッセイ
「好きと言えたらよかったのに。」


Twitterでも、日々のつぶやきと短歌をさえずり中。

お仕事のご依頼はメールをお送りください。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年08月09日(木)

iPad Proを購入!

テーマ:コラムと短歌
以前から欲しかったiPad Proを購入しました!
これでまた外出先での執筆が捗りそうです。

かつて出版した本がオールカラーだったので、電子版をiPad Proで開いてみました。

さすがの高画質です!

単行本「好きと言えたらよかったのに。」を読んだことのない人はこちらから読んでみてくださいね。

※印刷版は完売、Kindle版のみ購入可能です。


2018年07月30日(月)

高瀬賞 授賞式でした!

テーマ:コラムと短歌

土曜日、第17回 髙瀬賞の授賞式が浜松で行われました。

台風接近中だったので不安でしたが、同時受賞の鑓水青子さんにお会いでき、所属する結社 短歌人の先輩たちともお話できてとても嬉しかったです。

副賞はなんと、庭野摩里さんが作ってくださった立派なガラス牌!
画像に写りづらいけど、受賞作『つめたい手』の表題歌
「脇腹に触れるつめたい君の手が
 輪郭としてずっと消えない」
が刻まれています。

やっと受賞の実感が湧いて、気が引き締まる思いでした。
今後もさらに良い歌を詠えるようにがんばります。


2018年07月27日(金)

「生産性」問題のわかりやすい解説

テーマ:ニュース
自由民主党衆議院議員の杉田水脈氏による「LGBTは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」 という持論が物議を醸していますね。

杉田氏の発言はどこが問題なのかを、メンズファッションWEBマガジンで解説しました!
ぜひご覧ください。
2018年07月24日(火)

新しい眼鏡

テーマ:ニュース

普段はコンタクトレンズを使っていますが、目を休めるために持っているメガネの度が合わなくなってきたので、新調しました。

できるだけ顔の印象を左右しないデザインが欲しくて、インターネットで見つけたのが、完全縁無しで丸レンズのタイプ。
鼻当ても付いていないので、とてもスッキリした見た目が気に入りました。
でも、縁なしメガネはレンズに穴を開ける加工が必要で手間がかかるので、実は売っているお店が少ないんですね。
メーカーに直接問い合わせて、お店を教えてもらって、フレームを取り寄せて、試着して、加工して……気づけばひと月もかかってしまいました。

けれどその甲斐あって、周りのみんなに好評で気に入っています!

2018年07月05日(木)

受賞作『つめたい手』公開!

テーマ:コラムと短歌

今夜は、先日お知らせした第17回 髙瀬賞受賞作の『つめたい手』をみなさんにご覧いただこうと思います!

連作『つめたい手』15首では、都会に暮らす一人の男、一人の人間である自分が感じる日々の孤独を、なるべく格好つけずに、素直に詠いました。

せつなく、寂しく感じるかもしれませんが、ぜひ希望の歌として読んでいただけたらと思います。


普段の鈴掛の歌とは、また違った一面が表現できたと思っています。

ぜひご覧ください。


ーさえずり短歌ー

脇腹に触れるつめたい君の手が輪郭としてずっと消えない

第17回 髙瀬賞受賞作『つめたい手』より

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス