すわこのすけです。



さて。

そろそろ、日常の報告を。 

 
 

 
年長さんになった娘が、お友達と帰宅後お家で遊びたいと言い出した件について。

(だいぶ遡るのね。)

 


その後!!
娘ちゃんの大好きなお友達が、おうちに遊びに来て
楽しくあそびましたー!




どうやって遊んだかって?
私、ちゃんと正式な手続き踏んだで。
 

 
参観日があってね。
 
1.娘の大好きなお友達のママに声をかける。
2.娘が遊びたがっている旨伝えて、お誘いする。
3.日にを調整して、我が家にて遊ぶ。 

 
 
私が一番、ドキドキしたけれど。
全く親しくない保護者(私)から、突然誘われたお友達のママも、きっとドギマギしたと思うわ。




それでも勇気を出してよかった。

娘のお友達との関わりをすぐそばで垣間見れて、嬉しかったな。
 



娘が、とにかく嬉しそうで。

この日のために開けずに待っていた新品のレゴを出して一緒に遊ぼうと誘ったら、お友だちには全くヒットせずだったり。

娘お気に入りのリカちゃんのペットショップが盛り上がらなかったり。




結局、お人形でそれぞれ1人遊びを始めたり。


(な、仲良しなんだよね。)




自ら選んで用意していたおやつを出して娘なりにお友だちを接待したり。




調子に乗ってここぞとばかりにソファーで跳ねまくったり。

(※その晩、私によりこっぴどく叱られました。)




娘は大好きなんだお友達と遊べて、本当に嬉しそうで、目をキラキラさせていたね。

 
子ども同士遊ぶのって、いいですね。
娘は一人っ子なので、特にそう思います。
  


 
そしてそして。
ドキドキのお友達のママさん。



 
クールビューティでね、大黒摩季っぽいもんだから。(大黒摩季の何一つも私は知らない。)


話しかける前は、バッサリ断られたらどうしようと、めっちゃドキドキだったんだけれど。

とても、感じのいい方でした。




娘のおかげで、怖い世界に飛び出したら、
恐れているような事はまるで起きなかった。



世界は優しい。
の証拠を、1つ手にしました。









 
 ================
 

 

【個別セッション】

1対1の心屋流カウンセリングです。

 
 
ママ友との関係でしんどくなったら、相談してくださいね。我慢する必要は無いですから。

 

お申込みはこちら