ひみつのぷりま ❤ イ・ジョンソク

ひみつのぷりま ❤ イ・ジョンソク

ミーハー魂の赴くまま 書いていきます
韓国の事 ドラマの事 自分の事・・・




이종석를 좋아해요 ∼❤
연기 짱 ! 스타일 짱 !
 


image


image




イ・ジョンソク君のファンになって数年たちました


ここに訪れてくれる人のほとんどが イ・ジョンソクファンだと思われます

過去記事よんでくれる人も多いかと思われます


2013年の7月くらいから ぼちぼち 書き始めています

(ご参考までに)


キム・スヒョンの映画を見に行って

たまたまホテルでみた 「君の声が聞こえる」で スハ堕ちです



アメンバーは現在募集していません
あらかじめご了承ください



入隊されるまでは 命がけで応援しようかと ← 大袈裟(笑)


ジョンソク君以外のことも書きます

愚痴も書きます


情報は追えていませんので 他の方で確認してください

 



仕事が忙しすぎて

なかなか更新できないわたしです・・・







NEW !
テーマ:

ロマンスは別冊付録’が初めての台本リーディングから

パーフェクト シナジーで‘人生ロコ’の誕生を予告した。





tvN新しいドラマ‘ロマンスは別冊付録’(演出イ・ジョンヒョ、脚本チョン・ヒョンジョン)は

出版社を背景に本を作る人々の話を暖かく描いた作品.


OCN ‘ライフ来たマツ’、tvN ‘グッド ワイフ’等独歩的演出力で愛されるイ・ジョンヒョ監督と

tvN ‘ロマンスが必要で’シリーズで呼吸を合わせたチョン・ヒョンジョン作家の再会は

暖かい感性が溶かした差別化されたロマンチック コメディの誕生を期待させる。


 ここに9年ぶりにドラマに復帰したイ・ナヨンと

デビュー以来初めてのロマンチック コメディをリリースするイ・ジョンソクの出会いは

それ自体だけで期待感に燃料を入れて火をつける。

先月26日上岩(サンアム)で進行された台本リーディングには

イ・ジョンヒョ監督、チョン・ヒョンジョン作家をはじめとしてイ・ナヨン、イ・ジョンソク、

チョン・ユジン、ウィ・ハジュン、キム・テウ、キム・ユミ、キム・ソニョン、チョ・ハンチョル、

カン柱、パク・キュヨンなど‘ロコ ドリームチーム’を完成した俳優が一ヶ所に集まって

熱を帯びた演技熱戦を広げた。


台本リーディングに先立ちイ・ジョンヒョ監督は

“皆一緒に楽しく仕事をして終えるのが目標だ。 最後に笑って別れること惜しいチームになりたい”

として暖かい抱負を明らかにした。


チョン・ヒョンジョン作家やはり

“立派な方々と共にすることになってうれしい。 終わる日まで皆同じく幸せに仕事をしたら良いだろう”

として愛しい風を伝えた。


ときめきと期待で膨らんだ台本リーディング現場は開始から蜜セーミが爆発した。

現実的でウィットあるセリフの上に内面空白硬い俳優のディテール他の演技がより増して

笑いいっぱいである現場を作り出した。



初めての出会いから完ぺきなセーミをリリースしたイ・ナヨンとイ・ジョンソクは

名不虚伝の価値を立証した。


先にイ・ナヨンは高スペックキャリア売り切れ‘カン・タニ’で破格変身して賛辞を導いた。

ユニーク下は自分だけの色が引き立って見える繊細な演技でしっかりしていて

愛らしいカン・タニ流の魅力を倍加した。

一気に空気のきめまで変えて集中力を高める力は

‘やはりイ・ナヨン’という感心と共に存在感を刻印した。



デビュー以後初めてのロマンチック コメディで演技変身が期待されるイ・ジョンソクは‘

段落のアイドル’で呼ばれる天才作家であり出版社最年少編集長‘チャ・ウンホ’で

分解没入感を高めた。

シニカルな態度ににじみ出る暖かくてやわらかい容貌がときめきを刺激して

チャ・ウンホだけの魅力を加えた。


タルダラムとしらじらしいということを行き来する変化の激しい演技は一座を圧倒して

‘ロコリョク’を無限上昇した。

イ・ジョンソクはセリフ一言一言に躍動感を吹き込んでまた、一度の‘人生掘って’更新を予告した。



何よりイ・ナヨンとイ・ジョンソクの呼吸は期待以上のシナジーを発散した。

どうのこうのしながらも即座に甘い雰囲気を演出するイ・ナヨンとイ・ジョンソクの

申し分なく完ぺきなセーミは劇を硬く導いてロマンスに気がかりなことを増幅した。



個性満点キャラクターが作り出す多彩なエネルギーは劇に力を加えた。

 出版社‘キョル’の嘱望されるコンテンツ開発部編集チーム代理‘ソン・ヘリは’で

分解素晴らしいポスをリリースしたチョン・ユジンとやわらかい魅力の直進男‘チソジュン’で

ときめきを刺激したウィ・ハジュンが活力を吹き込んだ。


非凡なオーラを漂う‘キョル’代表‘キム・ジェミン’役のキム・テウは特有の知らんぷり演技で

始終一貫笑いを誘発したし、冷徹なカリスマを所有した‘キョル’理事‘固有では’役の

キム・ユミやはり独歩的演技で視線をひきつけた。


ここにさっぱりした現実主義ワーキングママ‘ソ・ヨンア’役のキム・ソニョン、

熱い心臓を持ったベテラン編集者‘ポン・ジホン’役のチョ・ハンチョル、

適材適所処世術を保有した新入社員‘パク・フン’役のカン柱、

分別がない新入社員‘辺境地率’役のパク・キュヨンまでドラマの主舞台である

出版社‘キョル’の家族やはりリズミカルな演技で笑いをプレゼントして現場を熱い雰囲気にした。


‘ロマンスは別冊付録’製作スタッフは


“なぜイ・ナヨンなのか、なぜイ・ジョンソクなのか確認できる台本リーディングだった。

自分だけの色が確実な2人の俳優のシナジーがぴりっとした快感をプレゼントした”として“

キャラクターの味を生かすことができる俳優が集まっただけ退屈な余裕がなかった。

個性あふれる人物で扮する内面空白硬い演技者の呼吸までより増して暖かい笑いが

溶かした差別化された面白味をより一層期待させた”と伝えて期待感を鼓吹した。




読んでいるだけで 面白そうと思います

うわ めっちゃ 楽しみですね



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス