常に緊張して実力の半分も発揮することができなかったトランペット奏者の私が、緊張せず堂々と演奏できるようになった極秘練習法

大事な演奏会や大会で緊張して実力の半分も発揮することができない人が、ある方法を身に着けて堂々と演奏できるようになることは本当に可能なのか??


テーマ:

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 


 

初心者で吹奏楽を始めて、本番で緊張して、自分の実力の半分も発揮できなかった状態から

たった1年以内に本番が楽しくてたまらなくなり

楽器や音楽が大好きになって演奏が楽しくなるプログラムを実施します!!

 

経験・知識【すべて関係なし】

拘束時間1日わずか10分

スマホのネット環境さえあれば 参加可能

 

お届けするメールを確認するだけで

経験0、知識0の吹奏楽初心者が

確実に緊張せずに堂々と演奏し楽器や音楽が大好きになって演奏が楽しくなる

特別講座を20名限定で募集いたします。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

下記に1つでも心当たりがある場合は

この記事を読むことによって

今後の演奏人生を大きく変えます

 

・コンクールや演奏会に出ていても、緊張して心の底から楽しめない

 

・楽器が好きなんだけど、本番では緊張して演奏がつらいから緊張しない方法が知りたい

 

・コンクールや演奏の日が近づくと前向きな気持ちになれず常に落ち込んでしまう

 

・レギュラーとして活躍するために頑張ってはいるが練習がつらいので前向きな気持ちになれる方法が知りたい

 

・練習から緊張して思うように演奏ができない

 

・部活が楽しくないので、毎日の部活から楽しめる方法が知りたい

 

 

今すぐ登録する

 

 

プロフィール

 

福島 かなみ

 

居住地 東京都

 

趣味 音楽鑑賞 楽器演奏

 

中学校を卒業して高校でも吹奏楽部を続けてきましたが

本来なら高校までで楽器をやめようと考えていました

現在社会人になっても楽器は続けていますが

なぜここまで楽器を続けようと思ったのか・・・

その原点は楽器を始めた小学生の頃にありました

 

将来の夢も特にはなく

子供の頃はプロ野球選手になりたいといっていたほどの野球好きな

どこにでもいる普通の女の子でした

 

勉強に部活に、その日が良ければよいという生活を続けていました。

 

危機感からのスタート

 

なんの変化もなく1日1日がのんびり過ぎていく毎日

小学4年で楽器をはじめて周りの同級生が

 

「○○の曲が吹けるようになった」

 

「高音域が吹けるようになった」

 

と嬉しそうに言っている中で

私は大きな危機感に駆られていました

 

ただでさえ周りから遅れをとっているのに

もっと練習しないとと思って、上級生に練習のサポートをお願いしました

初めての本番は運動会での入場行進での演奏でしたが

しっかりと上級生の言われたことを忠実にこなしていただけですが

 

本番になって、周りの観客や生徒からの視線にやられて

極度に緊張してしまい音符が読めなくなってしまいました

もちろん演奏なんて全くできず、悔いだけが残ってしまいました

その後、小学生時代には多くの本番を経験しましたが

極度の緊張から演奏が全くうまくいかずに

 

いつも後悔ばかりが残ってしまったので

中学時代から変えなくてはと思い

中学でも吹奏楽部に入部しましたが

結局中学に上がると練習のペースや曲の難易度があがるので

練習が嫌いになり、月日が無駄になっていきました

 

自分でも練習法を考えるも、まったく上達せず

絶望でしかありませんでした

そんな時、いつも堂々としていた先輩がほとんど吹けなくなっていたことに

大きな危機感を覚えました

 

人生を変えた運命の出会い

中学3年間は、大した戦績も残せず

悔しい思いばかりだった私は

夏のコンクールが終わったときに甲子園大会をテレビで見ていました

 

毎日の暑い夏の中でテレビに映し出されるアルプススタンドの様子

キラキラと輝く楽器たちの中で必死で応援する部員

そしてなにより全力プレーをみせる球児

 

これほど感動したことは久しぶりの体験でした

 

私の当時の学校選びの基準として

 

・吹奏楽の強い学校

・学力にあった学校

・野球が強いところ(甲子園行けるところ)

 

と考えていたのですが

 

夏の甲子園を見て、気持ちは固まりました

 

目標を叶えるために自分で初めて決断した時でした

 

そして、無事に合格をして高校に進学します

 

高校の部活はハイレベルなもので

入部してからのちに3年間お世話になる先輩に出会います

 

先輩は常に自分に自信を持っていて

目標をもって行動するパートのキャプテンでした

 

そして、キャプテンについて練習に励むこと1年

舞台上では常に全力で緊張することなく演奏を行うことが出来たのです

 

悩める管楽器プレイヤーに伝えたい・・・

私は、キャプテンに言われてきたことを忠実にこなしていきました
これは私だけの偶然にしたくない
必ずできるということを伝えたい・・・
 
そう思って、キャプテンが卒業された後も
後輩たちに伝えてきました
自分の成功体験を多くの人に伝えたく
卒業しても楽器を続ける友人にも教えていきました
 
すると、私が直接教えた人たちも
次々に私と同じように結果を出し始めて
コンクール好成績を収め、本番でも実力を発揮できていました
 
私はキャプテンに教わったことを
後輩たちや卒業後楽器を続ける友人にも
共有していきました
 

”今”動かないと、手遅れになる

あなたは現在どんな奏者でしょうか?
 
毎日の部活を淡々とこなして
 
本番に出るたびに緊張して実力を出し切れずに後悔だけが残っていますか?
 
それとも
 
練習がつらくて、毎日楽器を吹くのを嫌になっていますか?
 
もしかしたら
 
先輩やコーチに厳しく指導されて部活が嫌になってしまっているかもしれません
 
コンクールに出て賞を取ってくるのがすごいといわれていた当時
 
実際全国大会出場まで進むのには
 
地区大会
都道府県大会
各支部大会
全国大会
 
と勝ち抜いていかなければならないのです
 
多くの学校が地区大会で涙を流す学校が多いのが現状です
 
また、数年前までは3年連続で全国大会に進んだ学校は
 
3出制度といって、4年目の年はコンクールに出場できないという規定がありました(現在はなくなっています)
 
全国大会に進める確率として
 
その年の出場数によって変わりますが
 
だいたい0.77%といわれています
 
1%もない非常に狭き門となっています
 
その0.77%の可能性を求めて
 
多くの学校が練習するわけです
 
もし、全国大会に行けなくても
 
その前で負けてしまったときに
 
後悔せずに、楽しかった!といえるか
 
心の底から楽しんで演奏できるか
 
中学高校の3年間というのはあっという間に過ぎていきます
 
だからこそ今危機感をもって動かないと手遅れになります
 
あなたが、3年間練習を一生懸命頑張るにしても
 
必ず、後悔せず心の底から楽しんで演奏できると言い切れますか?
 
堂々とした表情で演奏できると言い切れますか?
 
これが、言い切れないにもかかわらず、ほとんどのプレイヤーは
 
練習をしても、本番の空気に押されてしまい
 
緊張して練習してきた力が発揮できないのを繰り返しています
 
いつも練習してきたのに、なんで力を発揮できないのか
 
これほどきつい練習しているのになぜできないんだと悩む日々を繰り返してまで
 
時間を無駄にしていくことは果たして価値のあることなのでしょうか・・・。
 
私は既にほとんどないと思っています。
 
周りの部員やプレイヤーたちが
 
毎日悩んでいるところを直面していることと思います
 

「このままで本当に大丈夫なのかな?」

 

「緊張せずに本番を終えることはできないんじゃないかな?」

 

 

あなたはこのままだと疑問を抱きながらも、これからの管楽器の人生を考えると、

 

どうにも身動きが取れない、後悔が残る思い出だけにになってしまいますよ?

 

私はあなたにそうなってほしくはありません。

 

少なくとも私は「部活の中で後悔だけしか残らない思い出」なんていう寂しく惨めな部活生活はごめんです

 

 

 

今すぐ登録する

 

 

ここまで読んでいただいたあなたにだけはお伝えしたいのですが、

 

これだけは肝に銘じておいてください。

 

緊張せずに演奏できることなんて

 

「根拠のない出来事だよね」

 

「自分には関係ないよ」

 

という考えは捨て去らなければならないんです。

 

 

自分の周りの「堂々とした演奏できる人がいるのか」に疑問を持たなければあとで後悔するのは自分です。

 

「このままでいいのかな・・・?」と少しでも疑問に思ったら行動する必要があるんです。

 

 

別に普通に練習をして本番に挑んで・・・と言っているわけではありません。

 

「緊張しながら辛い思いをして練習していたら、本当にこの先危ないよ!」

 

という事をあなたに伝えたいんです。

 
 
冷静に考えれば分かることです。
 
 

本番になって、周りの観客や生徒からの視線にやられて

 

極度に緊張してしまい音符が読めなくなってしまう現状

 

演奏できたとしても

 

心の底から楽しんで演奏できない本番

 

最終的には

 

楽器が嫌いになってこの先も続けたくなく、部活すら嫌になって辞めてしまう

 

私はこの危機感があったからこそ、一歩早く踏み出すことができました。

 

そのおかげで現在、本番に出ても、楽器が大好きで心の底から楽しんで演奏しています

 

 

別に本番だけではなく練習から心の底から楽しんで演奏できる選択肢をあなたは知っていましたか?

 

知識、経験、メンタル面普通の女性が

心の底から楽しんで最高の演奏生活を送っています。

 
普通に練習をしていて、何気なく毎日を過ごしている生活をしているときは気づきませんでしたが
 
アマチュアながら心の底から楽しんで最高の演奏をしているプレイヤーは数多くいます
 
しかしながら、私の周りの部員やプレイヤーもそうですが
 
普通に練習しても、本番の空気や周りの視線に押されてしまい
 
緊張から演奏できないという状態になっている辛い演奏をしています
 
 
辛い演奏だけならまだしも
 
部活や楽器が嫌になって辞めてしまうこともあります
 
まさに二極化です
 

今までの常識にとらわれることなく行動した人だけが本当の幸せな管楽器人生を手に入れ、

 

緊張せずに堂々と最高の演奏ができるプレイヤー生活を満喫しています。

 
現に私の周りには
 
中学時代は全く楽器を触ったことのない元野球部員が、チューバが大好きになり演奏に熱を入れる20歳の男性
 
音符すらよめない元バレーボール部員が、サキソフォンのトップ奏者になった21歳の男性
 
高校も陸上競技を続けようと思っていたものの誘われて入部した元陸上部員が、クラリネットの音色に魅せられ、ベースラインを支えるまでになった19歳女性
 
 
など、管楽器プレイヤーとして最高の演奏ができるようになったひとたちがたくさんいます
 
では、なぜ・・・
 
私のように、知識や経験、メンタル面普通の女性が
 
短期間で緊張せずに堂々と演奏できるようになるまでになったのか
 
その理由は簡単です
 
たくさんの本番やコンクールがチャンスを与えてくれた
 
これが本当に大きな要因です
 
冒頭でもお話しましたが、たくさんの本番やコンクールに出場したことで
 
自分自身かわることができました 
 
現在はたくさんの本番やコンクールが開催されています
 
その本番に積極的に出場することで
 
緊張せずに堂々と演奏することが出来るのです
 
なぜ積極的に本番に出場するのか
 
それには3つの理由があります
 
 
①多くの観客の前で演奏することが出来るから
 
本番に出る=たくさん練習をすることになります
 
練習もせずに観客の前で演奏をしたら、聴きに来た観客には失礼ですよね
 
また、お金を払ってもらい演奏を聴いてもらう場合にはプロアマ問わず値段相応の演奏を求められます
 
 
②コンクールは審査員から評価がつき自分の実力がわかるから
 
団体で演奏する吹奏楽コンクールも、個人で演奏するソロコンテストも
 
審査員がいて必ず評価がつきます
 
もちろん1位(金賞)を目指すのは素晴らしいことなのですが
 
今、自分がどの賞に相当するのかというのがわかるのです
 
 
③本番の独特な空気に慣れるから
 
本番は、練習とは違い、会場もホールと
 
普段と違いますので、実際に立ってみないとわからないことがたくさんあります
 
音の響きはどうなのか、ホールの広さはどのくらいか
 
確認するのもリハーサルだけしかできないので
 
貴重な時間になります
 
また、実際に観客を入れての演奏はすごく独特な空気に包まれます
 
その空気に慣れるのも本番でしかできない貴重な経験なのです
 
 
あなたはどちらを選びますか?

 

・コンクールや演奏会に出ていても、緊張して心の底から楽しめず、つらい思いをする

 

・コンクールや演奏の日が近づくと前向きな気持ちになれず演奏会やコンクールが嫌になる

 

・練習から緊張して思うように演奏ができず、楽器が嫌いになり、部活を辞めたくなる

 

 

それとも
・コンクールや演奏会に出ていても、心の底から楽しんで演奏して楽しい思いができる
 
・コンクールや演奏の日が近づくとその日が待ち遠しくなり、演奏会やコンクールが楽しみになる
 
・練習からしっかり基礎練習をしているので緊張せず、できることが増え楽器が好きになり部活も楽しくなる
 
 
 
どちらを選ぶかはあなたの自由
 
 
しかし、 もし後者のようになりたいと思うなら私はあなたの力になれます。
 
別に無理をする必要はありません
 
まずは、緊張せず堂々と演奏できることについて知っておいて行動できるように準備しておくのも
 
1つの手だと思います
 
先ほどもお話しているように
緊張しながら辛い思いをして練習しているという状況から抜け出すべきだとお話しているのです
 
緊張せず堂々と演奏できる方法を知ってしまえば仕組みは単純です
 
それこそ楽器初心者からでもできるものです
 
楽器とインターネットさえあれば
 
1年以内に緊張せずに堂々と演奏ができるようになるのです
 
もしあなたが本気で 緊張せずに堂々と演奏することについて詳しく知りたいと思うなら
私のメルマガに登録してみてください。
 
 
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

今すぐ登録する

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

上記のリンクをクリックしたら

 

名前

メールアドレス

 

を登録するフォームに飛びます

 

必要事項を入力いただき

「送信」ボタンをクリックすると

 

登録いただいたメールアドレスに

プレゼントが送られます

 

 

今回の企画に参加したからといってあなたのご両親やご兄弟、友人には

 

いっさいバレることはありません。

 

 

無料講座なので、お金は一切かかりません。

 

安心してください。

 

 

また、入力いただいた個人情報が第三者に利用されることも絶対にありません。

 

 

今回の講座であなたに

プレゼントするモノをまとめました。

 
ほんの一部ですが紹介します
 
・楽器を始めて最初の1か月の練習方法
初めての楽器を一生のものにしていくために最初の1か月の練習方法をお伝えします
 
・初めての本番に向けての過ごし方
デビュー戦を記念のものにするべく貴重な過ごし方を学びましょう
 
・練習から充実したものにするために必要な○○なもの
練習から楽しく充実したものになるために必要なものをお伝えします
 
・初めてのコンクールに向けての目標設定のやり方
評価が付くコンクールだからこそ具体的な目標設定をやりましょう
 
・普段の練習から確実に成長できる前向きなとらえ方をする方法
しっかりと1から階段を上るように成長できる方法をお伝えします
 
・初めてのコンクールの日を最高の日にするべくやっておきたいこと
初めてだからこそ得られるものがある。だからこそやっておきたいことを伝授します
 
 

もちろんここには書ききれないほどの濃い情報を発信します。

 

 

吹奏楽初心者の人にも分かりやすいよう小学生が見ても理解できるくらい

 

噛み砕いた上でお話するので、音楽関係だからといって身構えず、気軽に参加してください。

 

 

あなたがたとえ、吹奏楽経験0、知識0、楽器経験0の状態でも

 

確実に緊張せずに堂々と演奏できる方法を

 

お渡ししていくので楽しみにしていてください♪

正直今回の企画は

私自身も勇気がいりました・・・

 

 

なぜなら、今まで私が20万円以上お金をかけて楽器をはじめて

 

キャプテンやコーチから教わったことを講座の中で紹介しているからです。

 

 

いつキャプテンやコーチにバレて責められるかわかりません。

 

キャプテンやコーチとの信頼問題にも関わるので

 

この記事はすぐに消えてしまうかもしれません。

 

 

私の都合次第ですぐに打ち切りにする可能性も高いです。

 

 

なぜこんな企画を無料で行なっているんですか?

 

 

私が今回吹奏楽生活を通して学んで来たことを

 

お伝えすることを決めたのはしっかりとした理由があります。

 

 

理由は、

 

 

昔の私のように極度の緊張から演奏ができなくなってしまった人や

 

 

私の後輩のように、初心者で入ったが壁にぶつかり

 

結局乗り越えることが出来ずに苦しい思いをしている人

 

 

緊張から演奏できない自分に不満を抱えている

 

管楽器プレイヤーを支えたい、力になりたいからです。

 

 

今回の講座はステップバイステップで進んで行く形式になっています。

 

登録後、定期的に私からメールが届きます。

 

講座に登録したあとは、講座内容を内容のとおりに行動するだけで

 

 

極度の緊張から演奏できないなんてことがなく

 

楽器が大好きになり本番が楽しくなります

 

 

メルマガ登録後はLINE@に登録していただくと、私と個別で連絡を取ることもできます。

 

登録していただいた方とはできるだけ連絡をとれるようにしたいので

 

私に個別でメッセージを送っていただけると嬉しいです

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

今すぐ登録する

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

人生一度きり、

そして今が残りの人生で一番若い

 

「緊張せずに堂々と演奏できる」のには、難しい知識は特に必要ありません

 

最低限必要な知識を学び、あとは行動するだけなんです。

 

ぜひ今、私と一緒に一歩踏み出してみませんか?

 

私はたまたま必要な知識を手に入れることができましたし、

 

演奏者として大きな危機感を感じていたので行動することができました。

 

 

そして、いまではアマチュアプレイヤーとして緊張せずに堂々と演奏して

 

充実した音楽生活を送っています

 

あなたが本気で私の考えに共感してくれるなら、私は出し惜しみはしません。

 

「緊張せずに堂々と演奏して最高の思いをする」ために

 

最低限必要なメンタル、コツ、そして裏技などなど

 

あらゆる知識を私は今回の講座で発信しています。

 

 

あなたがたとえ

 

「本当に初心者でも緊張せずに堂々と演奏できるの?」

 

と思っていたとしても、それを確信レベルまで導くための知識をメルマガで送っていきます。

 

 

 

それでは今日はこれで失礼します。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

福島 かなみ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。