陽だまりダイニング 〜山田陽大のにっき〜

陽だまりダイニング 〜山田陽大のにっき〜

役者・山田陽大の日記です。
気の向くままに綴ってまいりますので、のんびりお付き合い下さい。

次回出演舞台


◎だるまちっくシアター
『The Dining Room』

作: A.R.ガーニー
訳: 安井武
演出: 増澤ノゾム

日時:2018年5月24日(木)~27日(日)
会場:アトリエだるま座


詳細はコチラ

テーマ:
今年の1月に出演させていただいたお茶の間ゴブリンさんですが、再び出演させていただきます!!
今回はふしぎの国のアリスのような、オズの魔法使いのような不思議な世界の迷子のお話。




お茶の間ゴブリン 8th Labyrinth
「Amazing Lost ~すっごい迷子~」

■STORY
世の中の全てはあらゆる選択によりできている。
現在の私も、私と誰かの選択で成り立っている。
今までもこれからも大きな選択を間違えることはない。筈だった、今日までは。

選ぶ扉を間違えただけ。
その選択ミスで私は異世界の森の中で迷子になった。
時を告げる郵便屋、研究好きの博士、ウサギたちは私を誘惑したり諭したり食したりしようとする。
脳みそのないカカシ、先輩の迷子はアリスというらしい。
ここへ来てからというもの選択は常に裏目だ。
私はただ元の世界へ帰りたいだけ。
…帰りたいのだろうか?
狸の置物がニンマリとささやく。
「その選択が一番だと信じられるかい?」

お茶の間ゴブリンがお贈りする大人のファンタジーコメディ第8弾!
一人で、誰かと、いつ、観に行く?
全てはあなたの選択次第。

■CAST~背の順~
平野史子 (スターダス・21)
岡村佳代子 (お茶の間ゴブリン)
井川花林
宮下奏 (Zelfstandig)
阿部美月 
升望 (プロ・フィット/お茶の間ゴブリン)
嶋木美羽
田中美登里 (アルファセレクション)
白井諒子
小田洋輔 (XMA-JAPAN)
尾上恭平 (演劇のろま集団)
斉木テツ (アンジィ/斉伸堂)
田中健太郎 (A-Light)
山田陽大 (劇団だるま座)
小川大二郎 (お茶の間ゴブリン) 

■SCHEDULE
2018/09/13(木)~17(月) 全8回公演
9/13(木)19:00
9/14(金)14:00/19:00
9/15(土)14:00/19:00
9/16(日)14:00/19:00
9/17(月)14:00
※受付開始・ロビー開場は開演の45分前、客席開場は開演の30分前です。

■THEATER
日暮里d-倉庫
東京都荒川区東日暮里6-19-7-2F
日暮里駅より徒歩7分

■TICKET  (日時指定・全席自由・税込)
前売3,900円 / 当日4,500円

チケット予約フォームはこちら↓

■STAFF
脚本・演出:小川大二郎
舞台監督:武田佐京
舞台美術:田中新一 (東京メザマシ団)
作曲・音響:秦修
照明:近藤可奈子
振付:中川真希 (劇団モンキー☆チョップ)
衣装:オカムラ衣装部
宣伝美術・グッズ:nakaseruna
ロゴデザイン:ALL RIGHT GRAPHICS
撮影:イマイトシヒロ
制作:松木円宏 (ポムカンパニー)
企画:お茶の間ゴブリン
協力:株式会社アルファセレクション/ANGIE―アンジィ―/錦糸町鉄板焼きなんじゃもんじゃ/克ッ高田馬場店

テーマ:


2018年だるまちっくシアター第二弾!
今回は増澤ノゾム氏を演出に迎え、「ラヴ・レターズ」で有名なA.R.ガーニー氏のオムニバス作品を上演いたします。

出演者たちが年齢も様々ないくつもの役を演じ、朝から夜にかけて様々なダイニングルームを紡いでいく悲喜交々の物語。
是非ともお越しください!


ご予約は【コチラ


劇団だるま座
だるまちっくシアター
「The Dining Room」
作:A.R.ガーニー
訳:安井武
演出:増澤ノゾム

【日時】
2018年5月24日(木)~27日(日)

そこは、とあるダイニングルーム。
ダイニングテーブルのセットが置いてあるだけのシンプルな空間が、様々な家の様々なダイニングルームに早変わり!
次から次へと展開されるノンストップ・オムニバス・ストーリー。
心の故郷ダイニングルームで繰り広げられるユーモアに包まれたコース料理のようなエピソードの数々。
さあご堪能あれ。

【タイムスケジュール】
5月
24(木)
14:00〜 フォークB
19:00〜 スプーンA
25(金)
14:00〜 フォークA
17:00〜 スプーンB
20:00〜 フォークC
26(土)
13:00〜 スプーンB
16:00〜 フォークC
19:00〜 スプーンA
27(日)
13:00〜 フォークA
16:00〜 スプーンC

※山田陽大は【スプーンチーム】全公演の出演です

※Wキャスト(一部トリプルキャスト)
※受付開始は開演1時間前、開場は開演30分前
※ご連絡なく、5分前までにご来場いただけていない場合、別のお客様にお席をお譲りしてしまう可能性がございますことを予めご了承ください。


ご予約は【コチラ


【キャスト】
*スプーンチーム*
土屋浩太郎
剣持直明
山田陽大
渡邊和樹
遠藤佑哉
堀江純子
坂本知佳
髙木夢乃
春口ゆめ

*フォークチーム*
池田一開
松下聡
奈良岡史也
河原昌紀
武田一成
種倉美砂
的野恵美
葉山きの子
坂東七笑

島村ひろみ(A)
大谷奈央(B)
佐藤ちひろ(C)

【チケット】※全席自由
一般3500円
リピーター3000円(公演期間中ご来場2回目以降)

【会場】
アトリエだるま座
東京都杉並区荻窪5-10-22美好屋ビルB1
※荻窪駅南口徒歩7~8分

【スタッフ】
舞台監督:松下聡
舞台監督補佐:遠藤佑哉・渡邊和樹
照明プラン:大場正之
照明OP:はつなかとき・池田一開・坂本知佳
音響プラン:山田陽大
音響OP:山田陽大・河原昌紀
大道具・小道具・衣裳:劇団だるま座
宣伝美術:rumisamansa
協力:MAM・Alledge・DAS(敬略称)
制作:坂東七笑・奈良岡史也
企画:劇団だるま座
製作:有限会社だるま企画

テーマ:
{1544450C-918D-472B-BE80-36FE57722495}

{77DA154B-0471-4E60-93F2-B1E3E026F9D4}

第8回したまち演劇祭in台東 参加作品
お茶の間ゴブリン7th Carnival
『西遊記奇譚 〜言うほど強くもない奴ら〜』



■物語
悟空が女?三蔵法師がチンピラ?スリムな猪八戒に、沙悟浄は食いしん坊?!
愛すべき彼らに巻き込まれているうちに何故かあなたも仲間に入りたくなってしまう、笑いあり涙あり茶番たっぷりの「西遊記」。
お茶の間ゴブリンがお送りする、大人のファンタジーコメディ第7弾!
アクション&ファンタジー&コメディという誰もが愛する要素が、浅草花やしき座でさらなるエンターテイメントへ昇華する!!


■公演日程
2018年1月18日(木)〜22日(月)
1/18(木)18:30
1/19(金)14:00/18:30
1/20(土)14:00/18:30
1/21(日)14:00/18:30
1/22(月)14:00
※受付開始は開演の45分前、開場は25分前です。
※夜の回の開場は18:05となっております。花やしきは18:00で閉園となりますので、事前に入園されているお客様は一度ご退園の後、再度「笑運閣門」にて受付して頂く必要があります。ご了承ください。


チケット予約フォームはこちら


■キャスト~背の順~
岡村佳代子 (お茶の間ゴブリン)
塩田良平
宮下奏 (Zelfstandig)
阿部美月
桜木梨奈 (アルファセレクション)
升望 (プロ・フィット/お茶の間ゴブリン)
池田理沙 (お茶の間ゴブリン)
ぜん
白井諒子
小田切茜 (尾木プロTHE NEXT)
小田洋輔 (XMA-JAPAN)
高橋留依
三澤行寛
斉木テツ (アンジィ/斉伸堂)
福原龍彦 (CASSETTE)
井上優
山田陽大 (劇団だるま座)
小川大二郎 (お茶の間ゴブリン)


■劇場
花やしき座 (浅草花やしき内)
受付:笑運閣門
つくばエクスプレス「浅草駅」より徒歩3分
地下鉄銀座線・地下鉄浅草線・東武伊勢崎線「浅草駅」より徒歩5分
〒111-0032東京都台東区浅草2-28-1


■チケット (日時指定・全席自由)
前売り3,700円
当日券4,000円
学割(高校生まで)2,500円
※当日に限り前売券のご提示で、花やしき(遊園地)入園無料です。
※学割は学生証のご提示をお願い致します。
※無料託児サービス有。要予約Tel.0120-240-540


チケット予約フォームはこちら


■スタッフ
作・演出:小川大二郎 (お茶の間ゴブリン)
舞台監督:武田佐京
舞台美術:田中新一 (東京メザマシ団)
照明:近藤可奈子
音響:福西理佳 (零´sRecord)
殺陣オペレーター:牛居朋広 (零´sRecord)
振付:中川真希 (劇団モンキー☆チョップ)
演出助手:田中健太郎
武器製作:刀屋壱
宣伝美術:森翔平
イラスト・グッズ:nakaseruna
ロゴデザイン:オールライトグラフィックス
撮影:イマイトシヒロ
制作:松木円宏 (ポムカンパニー)
制作補佐:本堂史子 (カリバネボタン)
企画:お茶の間ゴブリン
THANKS:ニッポン放送/株式会社スィンクエンターテインメント/長谷川大輔/岡村衣装部/錦糸町鉄板焼きなんじゃもんじゃ/克ッ高田馬場店



■お茶の間ゴブリンとは?
桐朋学園大学演劇科の同期である升望・岡村佳代子・小川大二郎により2013年結成。 
声優・ミュージカル・コメディと異なるジャンルで活躍している3人が、大学卒業以来10年以上経ってから再会結成という奇跡のユニット。 
各々のジャンルの特性を活かし「もっと気軽に劇場へ」「どこまで実験的、挑戦的にエンターテイメントを発信できるのか」そんな意識から【悪戯】をコンセプトに独自の世界観を展開している。 
特に“大人のファンタジーコメディ”には定評があり、着実に観客動員数を伸ばしている新進気鋭の劇団である。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス