Amazonプライムにて視聴。

今日、気づいて慌てて見たんですが、明日2/4でプライムでの視聴終了です。

 

1997年に韓国で起きた実際の事件をモチーフに映画化。ただし、人物・構成・描写は架空。

 

『不特定多数の人間たちが入り混じる町・梨泰院のハンバーガーショップのトイレで、韓国人大学生が胸や首など9か所を刺されて死亡する殺人事件が発生。』

 

 

なんともやるせない後味悪い終わり方でした。

実話だから仕方ない。

 

 

・・・と思ったけど、この事件そのものが気になって調べてみたら、この映画化がきっかけで再捜査され、19年もの時を経て犯人は懲役20年に処されました。

ただ、もう一人は一事不再理の原則で逃げ切れた。

ということで、当時の警察や検察のずさんさが浮き彫りに出たようです。

 

 

 

前回『還魂』の私の感想はこちら

 

Netflixにて視聴。

シーズン2は全10回。

この記事をご覧の方は前回をご覧の方だと思うのであらすじは省略。

韓国のファンタジーアクションロマンス史劇です。

 

で、シーズン2の感想ですが、

 

めっちゃ面白かった。

 

レビュー評を見れば、面白くなかったとの記事も見られましたが、私個人としてはシーズン2の方が断然好みで面白かったです。

 

何より、申し訳ないけどどうしても容姿が好きになれなかったシーズン1の時のヒロインが交代して、シーズン2では綺麗可愛い女優さんになってたのが良かった。

私は美形好きで眼福かどうかでも満足度が変わる人間なのでね。

 

でもって、内容もダレることなく進むし、きちんと完結したので満足でした。

まあ、続けようと思えば続けられるシリーズなんやけど、ここで終わりで良いように思いました。

 

ちなみに、全然話それるけど、今回のヒロインのコ・ユンジョンって、ガーシー砲で有名になったインフルエンサーの小澤美里さんに、ほんとよく似ててビックリでした。

身長は女優さんの方は韓国芸能人らしく167cmと高いんで違うんですけどね。