念願のマイホーム

     住宅ローンを組み返済をして ようやくローンがおわり、

         やっとローンから 解放された・・・・・

 さて 今、 我が家 の資産価値は いかほど?

 

      固定資産税は、課税されていますが、いざ売却しようとしたら・・・・

 

えー~~~~  これっぽち? どうして?????  

 

    これが、日本の住宅事情の現実です。

 日本の住宅の価値は、新築してから解体されるまでの平均寿命から残価を

 出しています。

 

    日本の住宅の平均寿命は、20数年。 ですのでローンが終了すると同時に

不動産評価に値しない状態になってしまいます。

  

欧米では建物寿命が長い(日本の3倍程度はあります。)ので 25年たっても不動産価値

は十分あり、売却して 売却資金を持って 次の投資 

  例えば こじんまりした老後の住宅 にと利用することが可能です。

 

 日本でも、少しずつ 住宅の耐用年数が、長くなり欧米に近づく様変化をしています。

    長期優良住宅等がその住宅に値します。今後、不動産価値も見直されていくであろうと

思います。

 

    そこで  このような制度もあります。

 

   マイホームの資産価値 を考えた場合 非常に良い制度と考えています。

当社の最近の 新築住宅は、この制度に登録をしています。

 

   この制度を利用できる住宅会社は、限定され、地元の会社で、このような

制度を利用できるところは、限られていると思います。

 

    ぜひお問い合わせください。 よろしくお願い致します。

 

 

 

       株式会社 澄美家 (sumai-sumika.co.jp)