子供たちのマスクは外そう!

体の発達過程にある子供たちにはマスク着用は悪影響がある。
風邪などの疾病がある場合、給食係や大掃除などの場合をはぶき、マスクの使用は止めた方が良いと進言します。

 

健康である子供たちにマスクを着用させると、酸欠状態に陥りやすく、低酸素脳症を起こす可能性があります。意識が朦朧とし、怪我をする可能性も高く、悪化すれば心肺停止を起こすリスクもあると思います。

朝から夕方まで同じマスクを着用していると、マスクの内側では細菌が増殖しており、それを絶えず吸い込んでいる状態になる。とても不清潔な状態です。

 

子供たちにとって、普段から日本食を食べているのであれば、コロナ(存在していると仮定して)に感染しても普通の風邪程度で終わってしまいます。まったく問題ないと言えるでしょう。

 

マスクは外そう!

 

矢作治療院

正常な生活に戻そう!
あまりにも酷いやり方の行政とメディア
多くの有識者、科学者が新型コロナウイルスに関して研究し、
真実を配信していることを無視して
あくまでも治験中のワクチンを打たせたいと必死になっている姿を見ると
彼らにとっては、自滅する前にやっちまおうという感じに思えてしまう。

 

以下はネットで拾った分かりやすい説明のブログです。
一度読んでいただきたいです。

 

新型コロナウイルスは存在しない!
ただのインフルエンザだった!と発表されています。
ワクチンは治験中であって、人体実験そのものだと言われています。
しかも、死亡率は高い。ほとんどの人に副作用が出ています。

 

地球規模の大ウソだと気づく人が多くなっています。

目的は、エリート数百万人と奴隷5億人を残し、

その他をコ◯スこと。

 

メディアは、PCR検査の陽性者を感染者と言っています。
ほとんどが無症状であり、しかも日本人ではないのです。
(99,6%は日本人ではない)

意図的に数を増やしています。

何処から検体をもってきているのでしょうか?

水道水からでも陽性になる場合があるらしいから

陽性者を作りだそうと思えば、何でもありですよね。

 

病気を作りだしているのは
企業であり、行政であり、人間の欲でしょう。ビジネスですから。

 

 

当院は、ノーマスクです。アクリル板もありません。

消毒は適当です。普段どおりです。

お気に召さないのあれば、無視してください。

 

 

普通の、コロナ以前の生活、仕事に戻しましょう。

 

 

【矢作治療院】本格的に再始動しました

 

コロナ禍の中、本年1月4日に栃木県矢板市にて移転開業いたしました。
昨年の心臓の手術以来、徐々に体力を戻し、まだ完璧ではありませんが、ある程度回復しましたので再稼働することとなりました。コロナの影響もあり、まったく収入が発生しない状態を脱却する必要があるからです。

 

お陰様で、再開業以来、まだまだ少ない数ですが、ご来院される方々がいらっしゃることに感謝しております。自分の感覚では、手術前の状態の8割ほど戻っていると感じています。

 

先日、ようやく昨年分の確定申告を済ませました。
これを機に本格的に再始動していくことを心に決めました。このブログも然り、ホームページのリニューアルなどを進めています。

 

世界は本当に変わりつつあります。

自分も変わっていくことも大事なことだと思います。

 

世界がどんなに変わっても、体の状態を正しくしていく治療は必要なものです。

 

 

7月に手術後1年の検査があります。

ドクターからOKが出れば、首都圏に出張治療に出ることを検討しています。多くの首都圏の患者様のためにも時間を作りたいと思います。もうしばらくお待ち下さい。

 

徐々に行動範囲を広げていきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

矢作治療院

 

あけましておめでとうございます

 

今年は再始動の年、がんばります

今年もよろしくお願い申し上げます

 

令和3年 元旦

 

矢作治療院

 

矢作治療院再開後の予定

2ヶ月ほどここ、矢板での活動をメインに考えています。3月くらいから、徐々に遠方へと出向いて行こうかと考えております。今は、新型コロナの影響で、首都圏には行けない状況になっていますので、控えさせていただいております。

 

いずれ、新型コロナの本当の状況が分かることになると思います。

 

今まで通り、普通に生活できる日が来るでしょう。その時は、出来るだけ期間を長くとり、東京で治療をしたいと思います。その時はよろしくお願いいたします。

 

矢作治療院
栃木県矢板市玉田416-21 コリーナ矢板E-1133
0287-48-6848