地球規模の大転換の中、何かと試練を強いられている人、多いのではないでしょうか。

ここ最近の個人セッションでも、そんなお客様が増えています。

2020年は間違いなく変革の年です。

この変革をどう捉えるかが本当に大事です。

いや勝負といってもいい!生温い考えではふるい落とされてしまいますね。

でもこの時代、捉え方次第では、新たな可能性が拓けてくると同時に、それが将来的な基盤にも直結してきます。

古いビルを壊さなければ新しいビルは建たないのと同じで、スクラップ&ビルドが個々に生じています。

間違っても古く廃れたビルの上に継ぎ接ぎのように、ビルを建てないように注意したいものです。

ここでの継ぎ接ぎの比喩は「目標」のこと。

継ぎ接ぎだらけで何かを作っても統一感はないし、一体何を表現したいのかもわからなくなってしまいます。

安住の地に留まっていてはチャンスをつかみ損ねてしまいます。

ここは古く廃れたモノ、関係、場所など潔く捨てて、ジャンプすべき時。

冒険を恐れず、とくに、向こう9年を見据えたアクションを今、起こしておくことが大事。

宿曜占星術は大方9年のサイクルで回っています。

そのサイクルさえつかめば、「いつ」「誰と」「何を」やればいいのかがわかります。

夢が叶うのです。

一見、リスクがあるように思えても、後になって必ず「あの時思い切ってやって良かった」と思える日が来ます。

私たちそれぞれが、明るい未来を創造しましょう。

毎週金曜日:メルマガ配信中です

初月無料で、いつでも解除OK!

今まで質問で多かったことや、運勢・相性・開運法などのアドバイスも書いています。

ご登録は⏬こちらから
占術家・竹本光晴の「風の時代のライフスタイル」

参考にして頂ければ幸いです。