SUKUNAのスピリチュアルな独り言・・・

SUKUNAのスピリチュアルな独り言・・・

スクナと申します。霊視で見えることをそのままあなたにお伝えします。
今まで「霊視」してきた人は延べで1万人以上です。
特に「恋愛」は得意分野ですが、「霊視」できないものはありません。

こんにちは。

スクナ運営事務局です。

YouTubeで今、話題沸騰の
「うっせぇわ」

子どもたちはじめ夢中になる人
が続出する反面、「歌詞を真似

したら困る」など反対の意見も
多くあると聞きます。

うっせ~♪ うっせ~♪、

うっせ~わ♪

つい口ずさんでしまう、強烈な
メロディーラインです。

そして、痛快な歌詞は、社会を
ぶった切る…という感じですか。

「クソだりぃな
酒が空いたグラスあれば 
直ぐに注ぎなさい…

皆がつまみ易いように串
外しなさい

会計や注文は先陣を切る
不文律最低限のマナーです」

18歳の女性シンガー「Ado」
が歌う、この「うっせぇわ」

昨秋に配信リリースされるやいなや
YouTubeのミュージックビデオが
1週間で再生回数100万回を記録。

Adoの圧倒的な歌唱力が

支持されるその一方で、

作詞作曲を手掛けた「syudou」

(噂だと20代で社会人経験も

ある男性とか…) が綴ったこの

歌詞が一部で強烈なバッシング
に遭っているのです。

「子どもに宿題しなさいと言っても、
うっせえ、うっせえと歌うばかりで
ちっとも言うことを聞かない」

「不快感と、重めの“中二病”
を感じた」
「心の中でいきっていて、可哀想」

子育て中のママは「教育によくない」
と眉をひそめ、大人たちは
「調子に乗るな」と超否定的です。

「まあ、いい歌詞なのでは?」
そんなふうになっていることが、
不思議な気持ちに私はなります。

この歌、私のような年の人間にも
心にけっこう沁みるのですが…。


「酒も注げないのか、気が

利かねえ新人だな!」

大学卒業後の銀行時代に

しょっちゅう「クソな上司」から

散々言われてきました。

心の中で「死ね、ボケが」と
いつもつぶやいてました。

とにかく当時の銀行はクソな
上司のオンパレードでした。

この歌に対し「今の時代を生きる
若者の閉そく感が反映されている」

といった好意的な意見を聞くと、
いやいや、若い世代だけじゃない、

私のような結構な年のおっさんも
わかるよって言いたくなります。
(それは、私だけでしょうか?)

例えば、最初のほうの歌詞。

ちっちゃな頃から 優等生、
気づいたら 大人になっていた

ナイフのような 思考回路
持ち合わせる訳も無く

そうそう、いい子でいないと、
と思っていました。

 

私の家は親が大学の教授で

超厳格な家だったのです。

家でも学校でも。協調性があって
素直で真面目な子が好かれる。

人によっては老いも若きも
共感できる歌なのです。

ある友人の子供さん(大学生)
のA君がこう言ってました。

「俺も含めてな、日本は上下関係
の文化が根強いやん?

それをいいことに、子どもを
リスペクトしいひんやん?

人生経験が大事なのはわかる。
でも、すべて大人が正しいとは
限らへんねん。

今の与党の政治家見てみ?
あんな大人、信用できる?

(ごもっとも、と思いました)

 



特に今これだけ価値観とか
変わってるのに、自分たちの


経験則を俺らに押し付けよう

とすんねん」

私はこれを聞いて、ふと思う事が
ありました。


高校時代の部活動(野球部)です。

顧問の監督(先生)は、何かミスを
すれば諭すのではなく、体罰を与え、


その上「連帯責任」を打ち出して

くるのでした。

 

体罰のおかげで友達が

足を折る大けが…

 

それでも監督は謝りも

しなかった…

先輩からの暴力にも

知らんふり…
「このクソ監督が…」

 

「毎日そう思ってました」

「こいつ、いつか殺す」

そう思ってました…。

監督なりに、部員を成長させる
ためだと考えていたのだと思うが、

思春期の反抗期真っ只中の俺ら

とは全然かみ合っていないのです。

監督が「恥」と感じる部分を多く
持ち合わせていた当時の私は、

怒られると、つい反抗する。
悪循環がずっと続きました…。

 

結局、この監督は何かの容疑で

後に逮捕されましたが…。

その当時、今のように父兄が
部活には無関心だった時代…

完全にほったらかしだった…。
そしてそんなことがあったことも
親には黙ってました。

私はそんな監督からもその部活の
しきたりからも完全に嫌気がさし、

学校でタバコを吸い、校則違反
ばかりを繰り返していました。

 

警察にもお世話になりました。

ちなみに友達は全員喫煙が

見つかり、1週間の停学処分となり

私だけ見つかりませんでした。

それが見つかっていれば大学の
推薦が受けられず、今の人生は
大きく狂っていたかもしれません。

話を戻しますが、日本の社会は
人間の同質化を目指しています。

例えば、みんながこれをできない
とダメだとか、です。

できない人、苦手な人は他のことが
できればいいよ、とはならないのです。

大人が子どもに同質化を求める
から、友達同士も当然そうなって

自分と違う子を許容できない。
その結果「いじめが起きる」のです。

「うっせぇわ」は「私の話を聴いて」
できないことを責め立てるより、
補い合えばいいんじゃないの?


友達関係だけではなく、家族も
それぞれ、できること、苦手な
ことがあるのです。(人間ですもの)


それをお互いで補い合えば

いいのです。
できない人を責めるよりも。

そんなことなどを「うっせぇわ」
は求めているような気が
私はしています。

社会じゃ当然のルール…
不文律最低限のマナー…

それらに対して「うっせぇ」と
毒を吐く。

そして「現代の代弁者は私や!」
と未来を生きる権利を堂々と

若者たちは宣言する。

けれど、その辛辣な「うっせぇわ」
は、実は「私の話を聴いてよ」と


いう若人の心の叫びではない

でしょうか?

日本社会のマウント体質への
根強い抵抗であり、若者たちの
「鎮魂歌」なのかもしれません。

大人はまるで自分たちが信じて
育んできた文化を否定され、

「見直して」と言われたように
「ドキっ」としているのです。


だから、この歌に「拒否反応を
示す」のです。

これまで生きてきた年月を
自らで全否定しなくてはならず、

それが長ければ長いほど自分を
変えるはとても困難になっていく…。

大人の学びは痛みさえ伴います。
かくいう私も年だけは立派な
大人なんですが(^^;)

大人が学びの痛みを避け

続ければ、新しい世代は

その分、傷を負うのです。

パワハラやモラハラは一向に
なくなりません。

パワーハラスメントは、
「組織などでの地位や人間関係
などの優位性を利用して、

他者に嫌がらせをしたり、
苦痛を与えたりすること」
と定義されています。

先の若者のA君は続けます。
「音楽とか、小説とか芸術は、
人生の教材や。

子どもはうっせえとか悪い言葉
が好きだから、意味も分からず

連発するけど、少し大人に
なってまた聴いたとき、まったく
違う受け取り方ができるねん。

尾崎豊とか。あとで本質に
気づくっていうのがいい。

それがエンターテインメント
の価値でもあるわけやから」

しっかりとした凄い意見でした。

彼はバンドを組んでおり

そのリーダーでもあります。

たしかに尾崎豊の『卒業』や
『15の夜』だって、歌詞の内容
が批判にさらされていました。

「盗んだバイクで走り出す」
「夜の校舎 窓ガラスこわして
まわった」は犯罪行為だと言われ、

「校舎の裏 煙草をふかして」
は未成年の喫煙描写だと散々

抗議を受けました。

 

ちなみに、私の中学校では実際

に校舎の窓ガラスは割られて

ほとんどありませんでしたが(^^;)

それらの抗議も、年月が経ち、

人々はその本質に気づき、

その歌はやがて「名曲」となる…。

「エンタメは、いつの世も人生の
教材なのだ」とあらためてそう

感じた今日頃ごろでした。

 

ちなみに尾崎豊の「卒業」も

「15の夜」も大好きな歌です。

 

スクナ先生と我々スタッフは
皆様方の今年1年の幸せを
心よりお祈りしています。


ここまで読んで頂きまして
ありがとうございました。

スクナ運営事務局

 

~お知らせ~

皆様にご協力のお願い

現在、陰陽の気を整える
言霊を受けておられる方
にご協力のお願いです。

ぜひ、たくさんの方に人間の
一番大事な部分である
「陰陽の気」を整えて、
どう変化していかれたか?

生の声をお聞かせください!

ひとりでも多くの人が「幸せ」に
なって頂くためにご協力
の程、よろしくお願いします。

下記にご入力くだされば
HPに掲載させて頂きます。

尚、個人情報は掲載する
ことはございませんので
ご安心ください。
コチラからお声をお送り下さい。

https://sukuna.co.jp/form-voice202101/

※お客様の声はコチラから


Instagramを始めました

先生からの貴重な画像などを
今後アップさせていく予定です。

下記から検索をお願いします。
sukuna_1012

以上、よろしくお願いします。

YouTubeのお知らせ

YouTubeは28日(日)20時
にアップしています。


先生の声も変わり、新たなスタート
となっています。

ぜひともご覧ください!!

YouTubeの登録はコチラから

事務局あてのメール・
         電話対応について

定期鑑定の方に鑑定をお送りしています
メールは送信専用となっております。

つきましては、このメールに返信や
送信されましても対応いたして
おりません。

すべてのご連絡(ご質問)は
kanteisukuna@outlook.jp

(通常の事務局あて)
までお送り願います。


なお、メールの件数はかなりの
数を、毎日頂戴しております。

必ず、ご返信はさせて頂きますが
到着義、 3日はご猶予ください
ますよう、お願い申し上げます。

また、事務局は、電話対応
は一切しておりません。

ご連絡・ご質問等は、上記の
アドレスにてご対応ください
ますようお願い申し上げます。

スクナ運営事務局