「美しい姿勢」で筋肉強化

テーマ:

こんにちは。

すこやか整骨院スタッフの橋本です。

 

平成から令和になり、長いゴールデンウイークも終わりましたね。

みなさん、充実したGWを過ごしましたか?

お出かけした方も多いと思いますが、ゆっくりと過ごされた方も多いのでは・・・?

 

さて、今回は姿勢筋を保つエクササイズをご紹介します!!


身体がうまく動かないのは年齢のせい、とあきらめていませんか? 

原因は「ロイシン」かもしれません。
必須アミノ酸のひとつであるロイシンは、筋肉の成長にかかせないことが近年わかってきました。

肉類、魚介類、乳製品などに含まれますが、高齢になると牛や豚などを食べる量が減り、

ロイシンも少なくなりがちです。

筋肉の質と量の低下などにより骨や関節、筋肉など身体を動かす「運動器」がうまく機能しづらくなり、

運動も減り筋肉が弱くなります。
最近ではアミノ酸が手軽に摂れるサプリメントもありますが、あくまでも補助。

食事と運動を組み合わせることで、高齢でも筋肉は強くなります。筋肉

普段から「美しい姿勢」を保つことが、筋肉を鍛えることにつながります。

 

健康な食事とは

食事を黄・赤・緑の3色で表したマークは「健康な食事」を広めるために

厚生労働省が作ったもので、主食など分野別にエネルギーの上限をつくり、

必要な栄養素や食塩量などを定めています。

①稲穂をイメージしたご飯やパンなどの主食の黄色、

②肉や魚中心のおかずの赤色、

③野菜のおかずの緑色の3種類あり、単品には1色ずつ、①②③が組み合わさった弁当や

定食には3色のマークをつけます。
例えば、黄色と赤色だけの弁当に、自分で緑色表示のサラダを購入するなど、

3色を上手に組み合わせれば「健康な食事」に。

ただし、健康状態には個人差があります。食事選びの目安にしたいですね。

 

基礎代謝とは安静にしている状態のときに、身体(筋肉、内臓、脳など)を動かすために使うエネルギーのことです。

基礎代謝の40%くらいは、筋肉によるものとされてきましたが、最近では、内臓の基礎代謝の方が高いといわれています。
そこで最大の臓器で基礎代謝の割合も高い肝臓をストレッチしましょうビックリマーク

 

肝臓を支えている周りの組織を刺激することで血流が増え、基礎代謝が上がります。アップ

======================================

すこやか整骨院

〒212-0052

住所:神奈川県川崎市幸区古市場2-105

URL:https://sukoyaka-body.com

TEL:044-522-3633

======================================