ルーブル美術館の美しい階段、その2はリシュリュー翼にある《 Escalier Lefuel 》『 ルフュエルの階段』です。

その1でご紹介したきらびやかな《大臣の階段》とはうってかわってほぼ白一色、それでいて非常に美しく圧倒される階段です。















このLefuel は多分 Hector-Martin Lefuel だろうとあたりはつけましたが、ブログにいい加減な事を書く訳にはゆかないので、早速我が尊敬する美術コンフェランスの大御所・前田恵美子先生にお伺いしてみました。

ピンポーン👍🥰 当たっていました❣️

以下に恵美子先生から頂戴したメッセージをご本人の許可を得てそのまま掲載させて頂きます。

Hector Lefuel (1810-1881)

エクトール・ルフュエルです。 

ナポレオン3世(在位18521870)がパリ改造計画の一環としてルーブル宮の完成を計画して、建築家Louis Visconti を任命しますが、現在のリシュリュー翼はその時の計画です。

でもVisconti185312月に亡くなり、建築家 Hector  Lefuel が後を継ぎました。それで、リシュリュー翼のナポレオン3世のアパルトマンへの入口の階段をEscalier Lefuel と名付けたのでしょう。


でも彼はもっと大切な場所も作っています。現在サモトラケのニケが置かれている階段を作ったのもLefuel です。でもアポロンのギャラリーとサロン・カレを繋ぐこの階段にサモトラケのニケが設置されるのは、第3共和制時代の1883年、それ以来ルーブルのイコンとして君臨しています。


最後に一つ付け加えると、サモトラケのニケの発掘は1863年、現在地に設置される二十年前です。

因みに1863年は、ドラクロワが亡くなった年でもあり、エドワール・マネがサロンの落選展に[草上の昼食]を出品して、物議をかもした年でもあります。若いモネやルノワール達はマネに刺激され、後に印象派が生まれますから大切な年です。


サモトラケのニケの階段が現在のようにシンプルでモニュメンタルな姿になったのは1934年からのこと。

それまでの過剰な装飾は全て取り払われて現在のスッキリした場所になりました。

目に入るのはサモトラケのニケのみ。

イコンになるはずですね。


以上です。

次にご紹介したいのはMollienの階段です。写真は既に持っていますがもう一回現場で見直してからブログにあげたいと思いますので、少々お時間を頂戴します。

この数日パリは連日40度近くまで気温が上がっているので、暑さには滅法強い私ではありますが、外出は少し控えるようにしているので.....😅💦

ルーブル美術館にはいくつかとても綺麗な階段があります。
それらの階段には名前も付いているのです。

先ずは
《Escalier Du Ministre》『大臣の階段』

この階段がある場所は先月の7月20日にアップしたブログ・ルーブル美術館③で書いた《ナポレオン3世の居室》部分です。
リシュリュー翼の地上階から1er étage (日本で言う2階) に上がる階段です。

上がったり降りたりしながら撮ったので少し前後しますが、今回はとりあえず上から下に降りる感じで。
でも今は館内に人が少ないとは言え全くのゼロではないので、人の入らない写真を撮ろうとすると行ったり来たりする羽目になり、かなり順番はめちゃくちゃになってしまいました......ごめんなさい🙇‍♀️










ナポレオン3世ですからイニシャルは《N》
この国では自分のイニシャルを至る所に見つける事が出来てちょっと嬉しいNaokoです😊





くどいようですが床の大理石にもご注目を❣️


この階段の至る所がもう溜息の出る美しさ〜〜🥰

アメブロでは一回の投稿に15枚までしか写真が載せられないので、今回もたくさん撮ってきた写真の中からどれにするか大いに迷いました。かなり惜しい写真も諦めざるを得ず.....
でも今どきは興味を持って下さった方がいらしたら、ネットで情報は集められると思うので😊👍

まだまだ階段シリーズ続きます❣️お楽しみに❣️





今回はルーブル美術館の《木の床》をご紹介したいと思います。

床フェチの私、特に木の床の『木の並べ方』に興味がありまして.....

ずっと以前、今のアパートに落ち着く前にパリの(16、17、8、15区の中で)物件を100件くらい見て周りましたが、その中で今でも忘れられない素敵な床のアパートがありました。結局は諸々の事情で今のアパートに落ち着きましたが、今でもあの床は懐かしく思い出されます。

それはさておき.....今日のテーマはルーブル美術館でした。













日本は縦一直線に木の板が並ぶことが多いのですが、私はこう言うデザインされた床が好きです。しかも黒や茶の小さなアクセントが施され表情をつけているところも私好みです。

次回はお気に入りの階段をご紹介します。お楽しみに❣️