店員さんも神様だ

テーマ:

「八重山の梅雨は雨が少ない」とのデータ通り、梅雨入りしてずっと晴れが続いている西表島。

 

イダの浜のサンゴは相変わらずダメージを受けたままですが、

それでもきれいなビーチだと、毎日たくさんの方に来てもらってます。

 

そこで気になることが...

 

 

船浮海運の定期船に船長として乗ることもある僕。

この頃は「ありがとうございました」の言葉に、返してくれるお客さんが少なくなりました。

 

このことは、ずっと前から気になっていました。

 

 

関西空港までよくリムジンバスを利用するのですが、到着すると運転手さんは一人一人に深々と頭を下げ

「ありがとうございまいした」とお礼を伝えています。

 

ただただ素通りして降りていく人々。

若い人が会釈で返しているなと思ったら外国の方。

どうした日本人。礼儀作法を重んじる国ではないのか...

 

 

誰が運転しているかもわからない連なる電車に乗り、無人の改札をピッで通り抜ける時代。

販売機。精算機。ETC。カード決済。

誰とも顔を合わすことなく、誰とも会話することなく、事が済む。

スムーズだ。手間暇が省け便利になったのかもしれない。

そんな世の中だと、乗り降りや買い物あとに無言で無反応になっていくのもわからなくもない。

 

僕たちが幼いころ、無言でバスを降りようもんなら、

「あい。お礼も言えない人がいるねぇ。あんたはもう、帰りは歩いて帰りなさいね」

と後ろから降りてくる親に怒られている子供たちがたくさんいた。

いや、叱ってくれる大人が、お礼を言えないことに気付いてくれる大人がたくさんいた。

 

時代がそうさせているのなら、便利がそうさせているのなら、

気付いてないだけで、少し意識すれば変わっていけるからまだいい。

 

 

「お客様は神様だ」という考え方。

 

確かにそうだ。間違いなくお客様が来て下さるお陰様である。

ただ、その考え方は「お客様に対してその心で接しなさい」と商売をする側、お店、店員側の考え方。

 

飲食店やショップ、カウンターで店員に対して、横柄な態度をとる人をよく見かける。

「俺たちは神様だ」と勘違いしたお客様が増えたように思えて仕方がない。

 

そうなってきたのなら日本は、なお危ない。

 

 

 

 

~あの頃は頭を深く下げ お金を使ったもんだ~  ♪十円玉

 

 

便利になることが、利用者や消費者、お客様のその対応を助長しているのであれば、

島はいつまでも不便であって欲しい。

 

 

♯イダの浜 

♯夕暮れ

 

 

 出演情報

5/26(土)・5/27(日) ネッツトヨタ沖縄 新社屋1周年特別企画 店舗ライブ

6/1(金)・6/2(土) 東京・小岩 こだまライブ 

6/3(日) 東京・池袋 池袋サンシャインシティー めんそーれ沖縄

7/22(日) 大阪・豊中 服部緑地野外音楽堂 UTAOTO JAM

 

池田卓ホームページ