鉄家具日記

鉄家具日記

鉄家具を作る杉山製作所のスタッフ日記。私たちの日常の風景や商品のご紹介をお届けします。


鉄家具日記


先日、アイアン製のとってもコンパクトな

コンソールテーブルの特注依頼をいただきました。





出来上がったばかりの写真です。

まだ、塗装前の状態ですが、とっても綺麗なラインと仕上がりになり、ガラス板をはめ込んで完成します。


後日、お客様からもご満足いただき、サイズを変更しさらにご注文いtだけました。

いい提案ができ、綺麗な形に仕上がり自分も満足しています。


HOT

こんにちは。村上です。

いや~嬉しい出来事!Peitラウンジチェアが初の受注でございます。

デザインした製品が、旅立っていく嬉しさ!これ私の仕事の醍醐味。

今回は営業先の相手の顔まで見えてることも嬉しい。

カラー展開もしっかり伝えた思いが通じたー!

スパーリラックスラウンジと、ダイニングチェアの中間ぐらいの座り心地。「Petitラウンジチェア」

ほんとにええ感じよ。

 

 

 

 

株式会社 杉山製作所

□501-3829 岐阜県関市旭ヶ丘3-13

TEL:0575-22-0554 FAX:0575-22-4035

HP https://sugiyama.furniture/

HP http://www.kebin.jp/

 

お客様の指定形状で、室内物干しを作成しました。

 

 

 

サンドブラック色に塗装して納品します。

 

いな

こんにちは。

木村です。

 

治具の耐久性を上げるために様々なやり方にトライしてます。

今回もその第二弾です。

 

 

治具の構造だけを活かして、曲げる鋼材そのものでやってみる。

ですが、前回以上に悪い結果になってしまいました。

 

 

前回の改良治具が8回耐えられたのに対して、

今回は4回で使えなくなりました。

 

今回の失敗で解決策が見つかりましたが、

材質にかわる良い構造があるかもしれないので、

もう少し、アイディアを凝らしてやってみます。

 

株式会社 杉山製作所

□501-3829 岐阜県関市旭ヶ丘3-13

TEL:0575-22-0554 FAX:0575-22-4035

HP https://sugiyama.furniture/

HP http://www.kebin.jp/

今週は新しく始まるキッチンのデザインのプレゼンがありました。


テーブルキッチン「アンフォルム」に続いて新たなコンセプトにチャレンジします。



スタッフもまだ見ぬ製品開発です。

製品開発は小さな失敗を繰り返してできた製品の方がいいモノが出来上がる事が多いです。

チャレンジ精神で取り組んでほしいと思います


最近の製品開発は社内だけでは無く、色んなプロが集まる開発プロジェクトに進化しています。


今年の11月17日〜19日に行われる「関の工場参観日」の説明会がスタートしました。モノづくりの良さや楽しさを伝える事が働く人の喜びに繋がり、誇りになる。



今年は来て頂いた方々に工場参観日をより楽しんで頂ける企画も考案中です。

楽しみにしてください。


株式会社 杉山製作所

□501-3829 岐阜県関市旭ヶ丘3-13

TEL:0575-22-0554 FAX:0575-22-4035

HP https://sugiyama.furniture/

HP http://www.kebin.jp/


こんにちは。佐野です。
今週は弊社製品の塗装をお願いしている会社さんの工場見学に行ってきました!
 
杉山製作所に入社して2年が経ちましたが、
実際に塗装されているところを見るのは初めてでしたおねがい

弊社から車で10分程のところにあります。

 

フックに吊るされた製品たちが工場の中をぐるぐる回ります。
1周回るのに1時間半程かかるようです!!
上の写真は製品の油を落とす機械で
フックに吊るされたままこの中を通ってピカピカになりますキラキラ
 

 

この後塗装をされるのですが…

人の手で吹き付け塗装をされていてびっくりしました!

(自動でされているとずっと思っていたので…驚き

 

塗装をされた後は窯に入って190℃という高温で焼き付けられます。熱い。

窯から出てきた製品からも熱気を感じました。

 

杉山製作所の製品もこれから塗装されようと順番待ちしていたので

すぐ写真を撮りました。

吊るされるところは見れなかったのでいつか見たいです!!

 

いろいろな工程を経て塗装がされていることが知れて

とても勉強になりましたスター

これからもよろしくお願いします!

 

株式会社 杉山製作所

□501-3829 岐阜県関市旭ヶ丘3-13

TEL:0575-22-0554 FAX:0575-22-4035

HP https://sugiyama.furniture/

HP http://www.kebin.jp/

今日は、社外の会社に工場見学に行ってきました。

自社の鉄家具ヤアイアン製品を塗装していただいている会社さんに訪問して、知識や次に何かできないかを探しに行ってきました。





静電塗装という塗装方法で、塗装されるものは写真のように吊るされて塗装されていきます。



見学終了間際に、自社の製品のが塗装前準備に取り掛かるところでした。


残念でしたが、塗装される瞬間は見逃しました。


自社以外の工場を見ることは、作業工程を見る以外にも、勉強になります。


HOT

こんにちは。村上です。

新製品の立ち上げの時期、ただいま図面作業中です。

 

イメージスケッチから図面化するときは、うまくいかない部分が出てきます。

「0」から「1」を生み出すときはイメージが重要とはわかりつつも、うまくいかずについつい浮気心が出てくるものです。

「こうしたほうがいいんじゃないか?」みたいな浮ついた心です。

 

今回もぐるぐるまわって浮気したな~。なんて思います。

でも結局1周回って強い思いをもって帰ってきた感じです。

迷う理由が3つあるんです。

デザイン的な優先順位。

機能的な優先順位。

価格的な優先順位。

 

この3つがふわふわしてるとダメなんです。

だから一回おちついて一方に片寄らずに、この3つをまとめてみることが解決に向かいます。

「読み書きそろばん、あと愛嬌」これは私の恩師の言葉。

学んで、書いてみて、金勘定!これができなとブレます。

やっぱり最初に感じたことや思ったことが一番強い!それをブレずにどこまでいけるかですかね。

 

株式会社 杉山製作所

□501-3829 岐阜県関市旭ヶ丘3-13

TEL:0575-22-0554 FAX:0575-22-4035

HP https://sugiyama.furniture/

HP http://www.kebin.jp/


今手掛けている物は、OEMで元々あるお客様の製品に杉山製作所オリジナルの部品を組み合わせて完成形となります。


完成形の雰囲気を合わせる為に、お客様の製品の一部を支給頂きその他部材と同色の塗装をかけます。


支給品はステンレスの鏡面。
このままでは塗装がのらないので
脚付けします。

20年程前に、初めて金属塗装の打合せを
したとき脚付けと言われて何の事かわからず
、聞くタイミングも逃してしまい
そこから先の打合せの内容が全く頭にはいり
ませんでした…。

脚付けとは、塗装面をヤスリ等で軽く荒らして
おくことを言います。


こんな感じでOKです。



OKなんですがノッてきたのでもっと擦りました

この状況を更に極めるとヘアラインになります。

ナガイ

こんにちは。

木村です。

 

ふと気づいた、職人後藤さんの作業道具。

 

 

もともとは、ただの9㎜厚の正方形なフラットバーでした。

聞くと、入社してからずっと、

溶接機の具合を見るために毎朝、

こいつに試し溶接を繰り返した結果、

出来上がったオブジェ?になってます。

 

 

これからも大事に育てていくとの事で、

実物をみると積み重ねの大事さが見て取れます。

 

株式会社 杉山製作所

□501-3829 岐阜県関市旭ヶ丘3-13

TEL:0575-22-0554 FAX:0575-22-4035

HP https://sugiyama.furniture/

HP http://www.kebin.jp/