今回は初めて海外の方と被災者の方とのテレビ電話での交流を実現しました。仮設住宅自治会長さんとオーストラリアのエマさんです。エマさんはオーストラリアでソーシャルワーカーをなさっています。自治会長さんはひきこもりの方にどう対応して良いかなどのお話を熱心に聞いておられました。同時通訳は僕が担当させてもらいました。

声を掛けて、相手がどんな対応をしようとも話しかけ続けてください。

とのエマさんのアドバイス。確かにそうだなぁと思いました。声をかけられることで社会とのつながりを感じること。声かけがなければ、自分になんて誰も感心ないんだと思われるかもしれませんね。非常に勉強になりました。エマさん、ありがとうございました!


二本松は坂が多いです。山の美しい紅葉が広がります。しかし坂が多いと散歩に出かける人、出掛けない人に分かれます。ふるさとの浪江町は海も平野も山もある場所でした。懐かしい思い出に花が咲き、治療中にも笑いが絶えないこともありました。