くみっぺのブログ
  • 11Dec
    • 年の瀬の風物詩である「十日市」(とおかまち)へ(コメ閉じ)

      12月10日(火)友人4人でさいたまスーパーアリーナで行われている骨董市に出かけました。一通り見て・それぞれ気に入ったものを見つけて買って~。その後お食事とおしゃべりと着物のリメイクをお願いして4時少し前に解散!ここからが本題です。今日12月10日は十日市です。大宮の武蔵一宮氷川神社で12月10日、年の瀬の風物詩である「十日市」(とおかまち)が開かれます。みんなと別れてから一人で気ままに行ってきました。電車JR「大宮駅」東口から徒歩20分(4時少し過ぎからスタートです)参道は長いですが露店を覗きながら歩きます。2番目の鳥居を潜ると~「飾り熊手」や「神棚」など、祝儀物を扱うお店が数多く並びますお参りしてきましょうお賽銭を入れて~二つお願い事をしてお参りしました。神社の紅葉もきれいです。橋の上から撮影。提灯の灯が下の池に映っていました帰ります。

  • 09Dec
    • 能仁寺大書院と裏庭(池泉鑑賞式の蓬莱庭園)

      能仁寺(のうにんじ)は、埼玉県飯能市にある曹洞宗の寺院です。ブロ友さんの紅葉の写真に惹かれて行ってきました。石灯籠の並ぶ参道をしばらく歩きます。上りきった石段の踊り場~中雀門  能仁寺は自由に参拝できるお寺です庭園を眺めるには300円が必要です。(大書院)(初めてでしたが素晴らしく感動~!是非300円収めて大書院へ一歩)まずは大書院から庭園を眺めることにしました。廊下の右はお庭・左はお休み処です。お部屋の掛け軸2番目の曲がり角 拝観順路②池泉鑑賞式の蓬莱庭園であり、築山、亀島、鶴島、石橋を備える。能仁寺の見どころ、池泉鑑賞蓬莱庭園 この寺院で最も有名なのが、日本の名園100選にも入っている鑑賞式庭園です。拝観順路 ③ です画像が多くなりましたので~次回⇒真っ赤なモミジと一緒にアップさせていただきます。

  • 05Dec
    • 続く! 晩秋の国立自然教育園での出会い

      自然教育園は、東京都港区にある自然豊かな庭園です。東京ドーム4つ分の広大な敷地で四季折々の草花や昆虫などの生き物に触れ合うことができる場所です。水鳥の沼水鳥の沼は、カルガモやサギが遊びにくる沼です。青々とした森に囲まれているので、少し暗い雰囲気を感じます。ヒヨドリ・シジュウカラ・メジロの鳴き声が聞こえてきますYoutube ▶ クリックしてください物語の松クロマツの『物語の松』が有名です。樹齢200年以上もある松は、天へと高く伸びており見応えがあります物語の松は江戸時代に松平讃岐守の下屋敷の面影を伝えるものです。おろちの松おろちの松も物語の松同様に見応えがあり、園内で最も高い樹となります。樹高は30m、幹周りは4mで、都内の離れた場所からも見えるほど存在感があるのです。ところが・・・令和元年10月16日に倒伏しましたノイバラの実むらさきしきぶさねかずらからすうりお茶の花森の小道東側に湿地を望みながら、ケヤキ・ミズキの森の下に伸びる小道です。次回の更新を頑張りますのでコメント欄はお休みします。

  • 02Dec
    • 東京都庭園美術館&日本庭園の紅葉

      11月30日(土)前日(午前・午後)の年賀はがき講習会が終わり心身ともにほっとした土曜日の朝はゆっくり朝寝坊~!気温も低く寒い一日でしたが~頑張って出かけてきました。(大満足)最寄りの駅の乗車時間(スタート)は(12時27分)でした。さ~て!これから何処へ行こうとしているのでしょう?行く先は、3か所です。① 東京都庭園美術館  ②国立科学博物館附属自然教育園 ③恵比寿へ(イルミネーション)久しぶりの目黒駅でした。(目黒川の夜桜以来)目黒川と反対方向に(白金台)7分ぐらい歩きます。美術館前の日当たりの良い銀杏は真っ黄色に色づき始めています。美術館入口ですここからしばらく歩きます。途中~クチナシの木に沢山のオレンジ色の実が見えます。2019.10.12 - 2020.01.13アジアのイメージ 日本美術の「東洋憧憬」正面玄関ガラスレリーフ扉はフランスのガラス工芸家ルネ・ラリックの作品です。ネットからお借りした画像です。この後~館内はすべて撮影禁止です。この部屋だけ「ご自由に撮影下さい」作品の画面を拡大してみました ↓お庭から見た本館(旧朝香宮邸)茶室「光華」(重要文化財)、秋の特別公開日本庭園はモミジが多く、秋は真っ赤に彩られます。その日本庭園内にある茶室「光華」を紅葉の時期に合わせて特別公開いたします期間:2019年11月23日(土)~12月8日(日)時間: 10:00~16:30料金:展覧会又は庭園のチケットが必要です(ネットから)新館に出来た「」 にて一休み!展覧会コラボスイーツと紅茶を頂きました。(私)栗クリームあんみつ(主人)この後~お隣の「国立科学博物館附属自然教育園」を散策します。 

  • 28Nov
    • 横浜散策 №2 夜景の飛鳥Ⅱ・さるびあ丸・工場夜景

      前回のブログ更新(東大駒場祭)の次の日からすっかり天気は下り坂。冷え込みも厳しく紅葉狩りはもうお終い・・・?都内のイルミネーションが気になってきました。今週は所属している「NPOさいたまシニアパソコン友の会」の仕事に追われ1週間ぶりの更新です。明日も外部からの一般募集の「年賀はがき講習会」が午前・午後・途中1時間半の昼休み」で行われます。(無料)今日、ブログの更新などしている時間はないのですが・・・。気晴らしに~!先日、横浜散策の続きをアップします。Youtube(動画)を作りました。ちょっと覗いてから続きを~。夕日に照らされた大桟橋へ。灯が点いた「飛鳥Ⅱ」「夜景のみなとみらい」ディナークルーズ|横浜 クルーズ船【ロイヤルウイング】もそして・・・たった1,000円で(この日)竹芝桟橋まで夜景を見ながらクルージング東海汽船(サルビア丸)~。写真をまとめてみました。横浜税関さるびあ丸が大桟橋に戻ってきましたさるびあ丸の下船が始まりました。この後~乗船しました。工場の夜景が見えてきました。羽田沖を通過時は飛行機の灯が次々(着陸)続きました。(写真は撮れません)レインボーブリッジを潜るとまもなく竹芝桟橋です。(母校がすぐそば)何か事情があって(?)1時間ほど遅れて到着しました。(下船後~ゆりかもめで新橋へ)愛犬コトラ君が待つわが家へ急ぎました。ただいま~!

  • 22Nov
    • 明日(22日)から3日間、第70回東大駒場祭が開催される前日の様子

      ここ数日だいぶ冷え込んで来て都内の紅葉が進んで来ているようです。気になっているのが駒場東大のイチョウ並木です。(2015年・2017年散策)ついでに駒場公園にある東京都文化財指定の旧前田邸洋館へ。(2015年に訪問)2016年7月から保存整備ため休館していた「旧前田家本邸」が、昨年10月27日より2年3ヶ月ぶりに一般公開を再開しましたので。毎年10万人を超える方が来場する国内最大級の学園祭、駒場祭。(人込み)お天気も明日から下り坂なので~本日急に出かけることになりました。JR渋谷駅から京王井の頭線との連絡通路に岡本太郎の代表作「明日の神話」があります。渋谷から二つ目「駒場東大前」下車目の前がと東京大学駒場キャンパスです雑木林の中を歩きますルヴェソンヴェール駒場は、東京大学駒場構内の雑木林の中にありますサラダとパンは各自サラダバーから持ってきますこれからの写真はありません3時過ぎました。明日から~3日間の学園祭の用意が始まりました。銀杏が沢山落ちています。踏まれて臭いですこの後~駒場公園にある東京都文化財指定の旧前田邸洋館:和館へおまけ2015年12月1日  &  2017年11月12日の写真です

  • 19Nov
    • 横浜散策 (帆船日本丸(白鳥)&新港ふ頭客船ターミナルへ)

      11月17日(日)主人の誕生日でした。いつもながらの遅いスタートで横浜散策に出かけました。一番の目的は、①「帆船日本丸」(総帆展帆)②10月31日オープン新港ふ頭客船ターミナル「横浜ハンマーヘッド」③大桟橋へ 「飛鳥 Ⅱ」停泊中④ 帰りは大桟橋から竹芝桟橋へ船旅(夜景)さるびあ丸にて。「みなとみらい駅」で下車  ここから歩きます。横浜市西区みなともらい21地区に保存・展示されている「帆船日本丸」10月末、すべての帆が張られたとの事です。(総帆展帆)ボランティア約100人が協力し、全29枚の帆を広げる壮観な姿が見られるのは年12回です。「太平洋の白鳥」と呼ばれた帆船がみなとみらい地区のビルと競演!2019年11月18日(月)朝日新聞・夕刊「文化材を訪ねる」桜木町のところで下に降りて歩きます。(馬車道方向へ)汽車道辺りは観光客がいっぱいです。こちらから歩いてきた方向を振り返ります。「帆船日本丸」ランドマークタワーの前です反対側にやって来ましたこの上を歩いて反対側に降りました。新港ふ頭客船ターミナル  到着しました。商業施設「マリンアンドウォークヨコハマ」のほぼ裏・海側に2019年10月31日(木)開業の横浜ハンマーヘッド。「横浜赤レンガ倉庫」や「カップヌードルミュージアム横浜」からも徒歩圏内。中は混んでいます。エスカレーターで上に~2階デッキから見た景色ですジャパンラーメンフードホール(1F)(初代・あじさい・白樺山荘・ケーズコレクション・博多一星)5店舗私は?  ↓↓ 主人ですもう3時です。お誕生日のディナーコースを頂く前に軽く頂きました。この後~大桟橋へ向かいます。(夜景)6時10分発「さるびあ丸」にて竹芝桟橋へ(夜景) 

  • 14Nov
    • 御殿場からの富士山(両親のお墓参りに富士霊園へ)

      実家の父が亡くなってから11年~。毎年春のお彼岸・秋のお彼岸の2回、(春は桜・秋は紅葉に合わせて)妹と二人でお墓参りに出かけています。行先は、静岡県富士山の麓にある富士霊園へ。東名高速、御殿場ICで降りて途中2か所でお買い物(お線香・お花など)この日は夕方からお天気が下り坂と言う事もあって富士霊園に行く前に寄り道インターから反対方向に(箱根方面)走ります。御殿場I.Cより車で10分。富士山の絶景を眺めながらお食事を楽しめるレストラン御殿場 富士松天望レストランです。ところがいつからでしょうか?閉店していました。レストランの敷地に入らず撮影した富士山ですあきらめて~御殿場市街へ向かいます。富士霊園へ行く前にお買い物です(お花・お線香・つきたて杵つき餅・草)駐車場はいつもいっぱいです。真正面が素晴らしい富士山~!富士霊園到着しました事務所の前駐車場からも富士山が~少し曇ってきましたさ~て・・・ここから車で5分走って(坂道・春は桜並木)両親と弟が待っています。今日の富士山 Youtubeでご覧ください4時半です。御殿場ICから横浜まで車で(長津田駅前)そのあとは田園都市線で渋谷駅⇒埼京線でわが家へ。お疲れ様でした。先日、ブログで紹介した老犬のチョコちゃん!(長男の家族)昨夜9:30 「ちょこが永眠しました。帰ってきたら冷たくなって動かない。」長男からのラインが届きました。(悲)そして今日(11月13日) ↓さようなら~チョコちゃん!

  • 13Nov
  • 09Nov
    • 3連休最終日に出かけた軽井沢雲場池の紅葉

      早いものですね~季節としてはまだまだ紅葉シーズン真っただ中で秋の印象が強いのですが、昨日(11月8日)は立冬でした。冬の気配がだんだんと感じ始める時期ですね。前回の軽井沢の続きですレイクガーデンを後にして紅葉真っただ中な雲場池へ向かいました。駐車場を心配しましたがもう3時過ぎですから~どこかに?ここの←(左)雲場池の無料の駐車場です。丁度運よく一台駐車場から雲場池へ向かって歩行中~(誰もいない・・・?)お食事処ですが今日はパスして・・・。雲場池の入口です観光客の方でいっぱいです。(外国の方が多いです)池の周りのこの細い通路が行き交う人でいっぱいですと通写真撮影などしていると渋滞になります。上も下も真っ赤ですここが突き当りです今度は反対側を通って入口まで戻ります今歩いてきた方向を反対側からカメラを向けてみますところが・・・先日の台風の被害がこんな所でも出会ってしまいました。こっちからは戻ることが出来ません。だから・・・先ほど行き交う人で動きが取れなくなったのでしょうこの後~我が家では入口に戻らないで閑静な別荘地を歩くことにしました。写真が多かったので動画撮影と組み合わせてYoutubeでいかがでしょうか?BGM♪ 慕情が流れてきます。「帰りましょう」~でしたが軽井沢駅前から渋滞です(のろのろ・・・)やっと高速のインターまでたどり着きました。5時スタートです。まもなく東松山です。所沢まで80分なら・・・。東松山で降りて一般道を走りました家に到着は9時30分でした。何時もなら軽井沢から家まで2時間半ですが3連休の最終日~4時間半かかってしまいました。運転ごっくろうさまでした。お留守番のコトラ君もお利口さんでした。

  • 06Nov
    • 3連休最後の日~。行先変更して軽井沢へ!

      11月4日(月)振替休日3連休の最後の日なので~(車の渋滞を考えて~)全く出かける予定はありませんでした。(人出が多く混むので)しかしお天気は良いし、「今日は最高のお出かけ日和です」と聞こえてくる。4日前の(10月31日)に日光(東照宮)へ行ったばかりなので~。(まだブログの更新も手付かずなのに~)掃除洗濯が終わって、犬の散歩も終わって次は庭仕事?と思いながらも「こんな良い天気の日はどこかへ行かないともったいない」と心が動いた。主人が「秩父ミューズパーク」(県内)のイチョウが見ごろだから~。の一言で出かけることに「決定」。11時スタートと言う事で気持ちを入れ替えて出かける準備となりました。スタート~中央通りのケヤキ並木が色づき始めました。家から10分~。関越道「東松山IC」入りました。12時半過ぎていましたので車はすいすい走りました。運転手さんは(主人)気分良さそうに走行中~「このまま花園で降りないで「軽井沢」まで走っちゃおうか~?」ですって!直ちに行先変更で・・・軽井沢へ碓氷軽井沢ICに恐ろしい岩峰がそびえています。これは高岩といい、高速道路やICが出来るまでは人目のつかない秘峰として静かにそびえていました、今では奥妙義の高岩と呼ばれる幻の妙義山です。(ネットから)2時過ぎました。対向車が続々と走ってきます(帰宅です)わが家はこれから「レイクガーデン」⇒「雲場池」へと向かいます。まず寄ったのが~「レイクガーデン」です。ここから散策しましたが残念でした。軽井沢の秋はもう終わりに近づいていました。(落ち葉)ドウダンツツジアサザがひとつも見当たりません。昨年は満開だったのに~。こちらも11月4日 4時で終了でした。「アサマフウロ」が残り少なく咲いていました。この後・・・「雲場池」へ向かって走ります。本当は昨年見たこんな景色に出会いたかったのです一面のアサザです。池の向こうの黄色もすべてアサザですハンカチの木の実「ヤマボウシの実」昨年9月11日に来ていました。次回は「雲場池」の紅葉をアップさせて頂きます。真っ赤でした!

  • 02Nov
    • 30年ぶりに訪れた伊奈のバラ園に大満足!

      今日から11月です。あっという間に過ぎてしまった今年の10月は天候に恵まれず昨年のブログの更新と比較してもお出かけした回数が非常に少ないです。久しぶりに晴れた10月27日(日曜日)午後からでしたが遠出は出来ないので近場の(県内)バラ園へ行って来ました。わが家から自転車で行かれる「与野公園・バラ園」は毎年行ってますので(今年の春も)今回はパスして~。こちらです。 ↑埼玉県伊奈町にある伊奈町制施行記念公園は、野球場・テニスコート・キャンプ場などを備えた大規模公園です。その園内にあるバラ園には、約1.2ヘクタールの敷地に300種4,800株を超えるバラが植えられています。アーチやフェンスなどを利用して立体的に造成されたバラ園は、ボリューム感たっぷりです!「第1バラ園」「第2バラ園」「第3バラ園」の3つのバラ園が整備されています。今回は車ではなく大宮駅からニューシャトルに乗って30分(初めて)終点ひとつ前の駅で降りました。バラ祭り(11月2日~3日)の前の日曜日でしたが人影はほとんどありませんでした。駅から徒歩15分ぐらいでしょうか?広い道路の目の前は学校名は知っていましたが県立伊奈学園です。(広くて立派です)電車で来たのは、初めてです。「←バラ園」の看板が頼りですハナミズキや椎の木の街路樹の下を歩きます。~どんぐりが道端にいっぱい~。やっとバラ園に到着です。30年ぶりに訪れた伊奈のバラ園は見違えるほど素晴らしいバラ園でした。(大満足!)晴天に恵まれた日~「青空とバラの花」コンデジ撮影の写真もきれいに見えます。30年ぶりに訪れた「伊奈のバラ園」でした。(素晴らしい~!)来年の「春バラ園」にもきっと足を運んで今日の感動を再び味わいたいです。コメント欄はお休みです。

  • 25Oct
    • 長男の家の二匹の柴犬(チョコとマリン)は? 今~!

      台風19号の片づけが終わった日曜日(20日)船橋在住の長男の家に行って来ました。(快晴・船橋 東武デパート)(長崎へ単身赴任中ですが、自宅へ戻ってきています)ママの体調が良くないのでお見舞いを兼ねての訪問でした。迷惑をかけないように昼ご飯を済ませてから(東武デパートにて)デパートの7階では各地の物産展が行われていました。受験生の孫に「太宰府・かさの家の梅ヶ枝餅」をお土産に買って~。バスで5つ目の自宅へ向かいました。部屋の中には2匹の柴犬がお出迎え(???)6歳のマリンは臆病でテーブルの下へ隠れて吠えるばかりです。17歳のチョコちゃんは目も見えない、耳も聞こえない、歩くことも出来なくなっておむつの生活です。主人は、チョコちゃんの哀れな姿が可哀そうで見られないと側によって来ません。チョコは私の手からだと餌を美味しそうに食べてくれました。夕方~マリンの散歩に長男と主人と私と3人で出かけました。私がずっとリードをもって30分ぐらいの散歩ですっかりマリンもなついてくれました。孫は日曜日なのに午後から塾通いで8時にならないと帰ってきません。(中学3年生)船橋の駅で待ち合わせして夕食は、小籠包の美味しい店で人気のある 「鼎泰豊」へ向かいました。相変わらず 店に入れず待っている人がいっぱいです。    色々注文してくれて~お腹もいっぱいになって帰りは外環を走って車で家まで送ってくれました。家に帰宅後~今年中学3年の孫たちが1歳のお正月(琥太郎と開飛)チョコちゃんも一緒に遊んでいたころの写真を探しました。孫たちが生まれる前から家族だったチョコちゃんですコタ君はチョコちゃんの真似をしています。  ↑ の年賀状はまだマリンは居ない頃なのでチョコだけです。長男の所から毎年届く年賀状には、孫とチョコ・マリンの写真が貼ってあります来年の年賀状はどうなるのかな?

  • 22Oct
    • 私が過ごした思い出の街を歩く(昭和21年~昭和33年まで)

      旅行会社のパンフレットに紅葉真っ盛りの写真が目につきますが今の心境ではなかなか紅葉には結びつかない日々を過ごしております。わが家の庭の金木犀がしきりに秋の気配を知らせてくれる役目をしています。なかなかブログの更新の時間も取ることができないで~。3日が過ぎました。前回の続きです。品川駅から歩いて泉岳寺を見学したところまででした。(マップ ①)この後~昔懐かしい人のすれ違いが出来るだけの細い道を歩いてみます。 広い通りに出るとそこは以前は「高松宮邸」でした。現在、宮邸敷地および邸宅は「高輪皇族邸」として無人のまま宮内庁の管理下におかれています。マップ②大正7年創業の老舗餅菓子屋(松島屋さん)「松島屋」には豆大福、草大福、きび大福(各180円)の3種の大福があって、この3種類、どれもおいしいです。“東京三大豆大福”のうちのひとつです。(ちなみに、あとのふたつは原宿の「瑞穂」と護国寺の「群林堂」)。   9月に予約しても受取は最短11月以降とのことです。(くりむし羊羹)予約をしておいて買ってきました。豆大福・草大福は完売でしたのできび大福と豆餅を購入。マップ③高松宮邸敷地の一部に建てられたことが校名の由来であり、校旗も高松宮宣仁親王によりデザインされたものである。1993年(平成5年)より新校舎を用いている。(ネットから)マップ④通称、白金の清正公(せいしょうこう)さま。、毎年5月4日・5日の両日に行われる清正公大祭には人生の苦悩に打ち勝つお守りとして「しょうぶ入り御勝守」が授与されます。軍神の毘沙門天を祀っており、山手七福神のひとつともなっています。マップ⑤シェラトン都ホテル前です。マップ⑥    マップ⑦マップ⑧港区立白金小学校は創立140周年を迎える歴史ある小学校です。学校は東京の中心、港区の白金台という場所にあります。(くみっぺが通った小学校です)マップ⑨この後~櫻田通りの交差点を渡って二本榎通りに出て高輪消防署・高輪警察・高輪台小学校(主人の通った学校)・高輪高野山~グランド高輪プリンス~品川プリンスを経てスタート地点の「品川駅」に戻ってきました。最後まで見て頂き有難うございました。戦後~高校を卒業するまで過ごした思い出の街を自分の足で一歩ずつ歩いてきました。(満足です)

  • 19Oct
    • 2020年開業予定の高輪ゲートウェイ駅~高輪泉岳寺を歩く その1

      10月7日の出来事です。朝10時からのテレビ朝日の「じゅん散歩」と言う番組を見て~。内容高田純次は都シティ東京高輪を訪れた。今年2月にオープンしたホテルで、高輪ゲートウェイ駅から徒歩4分になる予定である。最上階の部屋から駅の工事を眺めた高田純次は「上から見るのもいい」と話した。JR山手・京浜東北線 田町~品川駅間に誕生する新駅「高輪ゲートウェイ」~高輪泉岳寺辺りを散歩の番組を見た後~。早速、わが家のジジ・ババも二人そろって出かけてみました。・・・と言うのも二人は?品川駅から浜松町まで(品川⇒田町⇒浜松町)通学した思い出の駅なのです。泉岳寺はもちろん受験の頃にお願い・お参りしたお寺ですこの日品川駅からスタート「15416歩」をあるいて変わり行く街~そして懐かしい街(通った小学校・中学校)思い出の豆大福の美味しい店(松島屋さん)品川駅 横断歩道から撮影今年2月にオープンした 「都シティ東京高輪」こちらでランチを頂いてからスタートです窓際の席から見える工事中の駅の様子2020年開業予定の高輪ゲートウェイ駅。新駅に合わせて山手線の線路も移動し、空いたスペースは商業施設などが作られ街は様変わりする。(ネットから)駅・構内イメージ図 (ネットからお借りしました)第一京浜を泉岳寺に向かって歩いています。途中、ビルとビルに挟まれた狭い入口「高輪神社」ですここを左に曲がって~泉岳寺に突き当たります。泉岳寺は浅野内匠頭と四十七士のお墓があり、1612年創建の名刹である。泉岳寺 中門です本堂でお参りをして浅野内匠頭大石内蔵助四十七士のお墓外国人の方々の姿が多かったです。今日はここまでです。高輪で育った主人(高輪台小学校へ)・白金で育った私(白金小学校へ)その後二人は~高松中学へ入学するのです。(高松宮様の敷地内)この続きは次回へ。コメントはお休み~次回へ。

  • 13Oct
    • 台風19号のお土産が~!

      台風一過~今日は片付けで大変な一日でした。主人が今朝(6時40分)近くのきりしき川の橋の上から写真を撮ってきてくれました今にも氾濫しそうな川の様子です昨日(土曜日)昼頃~「生存確認だよ~」って次男が寄ってくれました。「風雨がひどくならないうちに帰ろう~」って2時頃帰っていきました。そのあと台風19号は静岡県に上陸~こちらも風雨が強くなってきました。次第に横浜・町田とだんだん埼玉県に近づいて・・・。暗くなる少し前・・・わが家の前の道路は水はけが悪く水がたまり始めました。お迎えの駐車場も、お隣も、わが家も車はイオンの駐車場へ移動しました。さいたま市〇〇町〇丁目、特別警報レベル5の地域に~。アイホンの避難情報が何回も何回も大きな音で知らせてきました。子供たちとも(長男次男)ラインで情報を知らせて~。門から駐車場を超えて南側の庭まで水は満タンに流れ込み暗闇に大きな懐中電灯で照らしてみると哀れな鉢植え・地植えの庭の姿。家の前の道路は腰ぐらいまで水が押し寄せ玄関の扉の隙間から水が入りだしたのが22時50分ごろでした。外は真っ暗で写真を何枚も撮ったのですがパソコンで見ても真っ黒これは10年以上前の我が家の前の道路の写真ですきりしき川のご管工事をが行われてからその後このような事はなくなりました。今回は「大型で非常に強い台風19号」心配しましたが門から駐車場を超えて南側の庭まで水は満タンに流れ込み暗闇に大きな懐中電灯で照らしてみると哀れな鉢植え・地植えの庭の姿。家の前の道路は腰ぐらいまで水が押し寄せ玄関の扉の隙間から水が入りだしたのが22時50分ごろでした。1時半ごろそっと玄関のドアを開けたら家の中の水が外へ出て行ったのです。もう峠は越えたようです。2時 寝ることにしました。お休みなさい。今日は午前中から次男家族が(中学3年の孫も)3人で片付けの応援んに来てくれました。向かいの家の息子さん二人も手伝いに来ていました。昔、ご近所で一緒に遊んだ子供たちが結婚して子供のお父さんになって・・・実家の台風の後の片づけの手伝いに来て・・・。出会って・・・。お互いおしゃべりしながら片付けていましたよ~。近頃この辺りは?「老人の町」と言われているようですが・・・。今日は孫たちの声・息子たちの声が聞こえた一日でした。台風前日、庭の花を切って花瓶に刺してみました。多分台風で全滅になるだろうと思って。明日は午前・午後パソコン友の会なのでコメント欄お休みです。

  • 06Oct
    • 久喜市 定福寺 650体の羅漢さん

      パソコン友の会のテキスト作りに追われてなかなかブログの更新まで手が回らない日常です。お蔵入りになってしまう写真が多い中これだけは是非見て頂きたくて頑張ってアップしました。9月28日(土)幸手の権現堂へ行く前に寄ってみました。「仲間と彫った羅漢30年で650体 久喜の定福院」朝日新聞素人が無心に石を削る「五百羅漢を彫る会(羅漢の会)」が、埼玉県久喜市佐間の定福院で発足30年を迎えた。県内外の会員がこつこつと彫り上げた羅漢像は既に650体。好きなとき自由にノミが振るえる境内は仲間をつくり、自己と向き合う場になった。(インターネットから)八幡山の山門毎年11月3日は「羅漢祭り」が行われるそうです。境内は静かでしたが会員が彫り上げた650体の羅漢さんがニコニコ優しく迎えてくれました。どれもやさしいお顔に温かみがあふれる羅漢さんばかり~。この日もこつこつ掘ってた人がいました。石を掘る音だけ聞いて下さい。 この時期は境内には彼岸花が満開!所狭しと並ぶ羅漢さんの間から彼岸花が割って入って仲良入り。心が和むひと時でした。「ゆっくり」を見て・・・。 ホッとしました。  彫刻を教える人がいたわけではない。先代の住職さんは「石をたたけば仏になる」と、自由に彫ることを勧めたそうです。境内、左側には十三佛が並んでいました。境内には・・。思い思いの気持ちで・・自由に彫って奉納された羅漢が並んでいました。おしまい

  • 29Sep
    • 幸手権現堂堤の500万本の彼岸花

      今年は彼岸花の開花が遅れていました。先日(9月17日)横瀬町寺坂棚田の彼岸花まつりに期待して出かけましたが残念ながら棚田のあぜ道には彼岸花の姿は見ることが出来ませんでした。(武甲山・棚田・ハゼ掛け・案山子だけ)そこで~あの日から10日過ぎた9月28日場所を変えて埼玉県幸手市にある権現堂堤の「曼珠沙華まつり」へ行ってきました。彼岸花とも呼ばれている約500万本の真っ赤な花が土手一面に広がっている景色は圧巻です。そんな様子を写真と動画で見て下さい。下から上を見ています今度は上から下を眺めます。白い彼岸花まだ蕾も沢山あります。最後に赤い曼珠沙華1分08秒の動画です。(是非見てね!)♪BGM「小さい秋見つけた」のメロディーが流れてきます。 この日は土曜日とあって広い駐車場には車がいっぱい~!何時もながら遅いスタートの我が家の車が到着したのは3時~。駐車場から出口に向かう車は長い渋滞(?)運良くすんなり駐車出来ました。明日は「NPOさいたまシニアパソコン友の会」の懇親バス旅行です。(バス2台)コメント頂いてもリコメが出来ませんのでコメント欄はお休みです。

  • 25Sep
    • 初めて訪ねた「二十二夜塔の秋海棠」へ

      前回の続きです。久しぶりの秩父路散策の最初に向かったのは・・・?初めて訪ねる秋海棠の群生地です。ブロ友さんのブログを見て行ってみたくなりました。ところが「二十二夜塔の秋海棠」と検索しても行き方は詳しく載っていません。ただ山里の美しい景色と上手に写した秋海棠の花ばかりです。そこで小川町役場に電話をして聞きました。観光課の方が丁寧に詳しく教えて下さいました。何回も行っている小川町旧街道から東秩父村(和紙の里)へ向かう途中で槻川に沿って走りました。12時に到着しました。長閑な様子はYouTube (動画) 1分36秒にまとめました。「BGM 里の秋」を聴きながら・・・。見て下さい。今日は一日気温も高く蒸し暑かったです。お彼岸も過ぎましたから「暑さ寒さも彼岸まで」あっという間に秋も過ぎてしまいます。前回の「寺坂棚田」と「二十二夜塔の秋海棠」コメントよろしくお願いします。

  • 23Sep
    • 秩父横瀬町 寺坂棚田と武甲山

      【令和元年9月22日】寺坂棚田 彼岸花まつりが予定通り開催されました。まつりの間は雨が降らず、武甲山を背景に、黄金の稲穂、はぜ掛け、秋の虫の鳴き声、棚田のノンビリとした風景を楽しんで頂けました。(ネットより)そこで~。「彼岸花まつり」には予定が入っておりましたので9月17日(火)に行ってきました。久しぶりに秩父方面へドライブ~!相変わらず遅いスタートです(10時)途中JA川島に寄って買い物~。小川町から旧街道を走り、(創業260年 忠七めし)和紙の里(東秩父村)へ向かいました。(今回は省略)最初に寄ったのは秋海棠が見頃を迎えた二十二夜塔へ。(次回更新させて頂きます)そこから定峰峠を超えて(峠越え)横瀬町へ到着したのは2時を過ぎていました。正面に武甲山~左に棚田と案山子とハゼ掛けが見えてきました。駐車場目の前のハゼ掛けです彼岸花が全く開花しておりませんでした。帰りに彼岸花で有名な「日本最大級の群生地・巾着田の曼珠沙華」にも寄りましたが、開花が遅れているという事でした。コメントお休みです次回「二十二夜塔」のシュウカイドウをアップしますのでその時一緒にお願いします。