釣行日:2019年7月29日〜8月2日

 

7月31日(水)

 

この日からコスミック出版のエギング最強攻略XIII、私も連載記事を書いているアングリングソルト2019年11月号の2誌分の取材である。

 

当日の宇和島の天気は晴、1日の降水量は0.5mm、日照時間12.2時間、最高気温33.7℃、最低気温25.5℃、平均風速2.6m、最大風速は北西の風6.9m、最大瞬間風速は西北西の風8.1m。

 

昨日に続いて梶原さんがサポートとして手伝って頂いた。

早朝にホテルで合流して出発、最初のポイントに着いて昨日と同じタックルでセッティング。

私は、①エギング ショア用

【ロッド】スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82

【リール】ステラ2500SHG

(ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換)

【ライン】キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8 210m 0.5号

【リーダー キャスライン・エギングリーダーⅡ50 1.75号 2m

(PEラインとリーダーはノーネームノットで直結)

【エギ】エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N

(エギはスナップをブリンソンノットで接続)

 

梶原さんのタックルは、ロッドがスキッドロウ・インペリアル、ラインはキャスライン・エギングスーパーPEⅢX8の210mの0.5号、リーダーはキャスライン・エギングリーダーⅡの1.75号、エギはエギエスツーβの3.5N、3.5S、3.0N

 

漁港の根本付近からスタート、足下から沖へと徐々に広範囲をチェック、反応が無ければ防波堤の先端方面へ移動して行くと、先端で梶原さんにヒット。

潮のヨレを見つけて中層を狙い、エギエスツーβの3.5Nオレンジレッド(5335N)で乗せたのは600gのアオリイカ

これで連発かと期待したが続いての反応が無く移動。

梶原さんにヒットした600gのアオリイカ

 

次のポイントは不発。

その次のポイントではワンド状の地形にベイトの群れが入り、活性の高いアオリイカがいると思うのでキャスト、1キャスト目のボトム近くまでフォールさせてから3~4回ダートさせてカーブフォール中に狙い通りラインを引っ張るアタリが出るが乗らず、フォローでも乗らず。次のキャストでほぼ同じコースにキャストして、同様の位置へトレースするとアタリが出て、今度こそヒットさせる事に成功(^_^)v

狙い通りにアオリイカをヒットさせた

βのピンクレッド(5235N)にヒット

連発を狙ってキャスト

 

次は、養殖棚にロープが張り巡らされたポイントで、足下のブレイクとロープについているアオリイカを狙うのだが、エギエスツーβ3.5Nのオリーブグリーン(5635N)をチョイスしてキャスト、居そうなのに反応が無いとか反応するのに距離が詰まらない時に有効なカラーで、狙い通りに反応して深いレンジではあるがアオリイカを乗せることが出来た。

500gのアオリイカをヒットさせた

エギエスツーβオリーブスギグリーンにヒット

 

そして早いペースでランガンするが反応が無い。どうしても潮流とベイトフィッシュがリンクしないと厳しいのだろうか。数カ所チェックしてもアオリイカの反応を得られず。反応が良いのはネコだけか(-_-;)

ネコの反応は良い

飼いネコなのか警戒心が無さそう

 

ポイントを変えてランガンするが、新子のアオリイカがエギに反応するが狙っているサイズでは無くスルーしたのだが、戻りがけにちょっと試すと新子がヒットするがリリース。その後のアオリイカの反応が無く、初日の取材は終了となりました。

 

ホテルに戻って汗を流して夕食は、コスミック出版のアングリングソルト誌のスタッフと居酒屋へ。

先ずは生ビールでお疲れ様と明日も宜しくの乾杯。

頂いたのは、つきだしの山芋ソーメン、刺身は本日の魚の三点盛りがスマ焼き切り、ハマチ、ウメイロ、そしてモモ炭火焼き、魚のすり身天~にんにく風味~、川海老の素揚げ、ケンボローウインナー。

生ビールの次は、日本酒で久礼 純米酒吟醸酒、次の日本酒は美丈夫 純米大吟醸 舞わ頂きました。

生ビール、つきだしは山芋ソーメン

刺身は本日の魚 三点盛り

スマ焼き切り、ハマチ、ウメイロ

モモ炭火焼き

日本酒は久礼 純米酒吟醸酒

魚のすり身天~にんにく風味~

川海老の素揚げ

日本酒は美丈夫 純米大吟醸 舞

ケンボローウインナー

 

 

8月1日(木)

 

本日もコスミック出版の取材2日目、昨日に続いてエギング最強攻略XIII、アングリングソルト2019年11月号の取材です。

 

当日の宇和島の天気は晴、1日の降水量は0mm、日照時間11.9時間、最高気温33.5℃、最低気温25.7℃、平均風速2.3m、最大風速は西北西の風5.8m、最大瞬間風速は北西の風7.6m。

 

早朝にホテルで取材スタッフと合流して出発、最初のポイントでタックルのセッティング。

昨日とは違うタックルを使用する。

②エギング ショア用

【ロッド】エギストTZ 77L

【リール】ステラ2500SHG

(ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換)

【ライン】キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8 210m 0.5号

【リーダー】キャスライン・エギングリーダーⅡ50 1.75号 2m

(PEラインとリーダーはノーネームノットで直結)

【エギ】エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N

(エギはスナップをブリンソンノットで接続)

 

漁港の内側の根本付近からスタートして、いつも通り防波堤の足下から沖へと広範囲をチェックする。

 

エギエスツーβの3.5Nオレンジレッド(5335N)で探るのだが反応が無く、防波堤の外側、先端周辺とチェックしるが不発。これはヤバいと思っていると、殆ど動いていなかった潮が動き出した時にベイトの群れが見えだしたため、チャンス到来とエギエスツーβの3.5Nオリーブスギグリーン(5635N)を投入、キャストして水深が15mはある沖向きで少しずつフォールさせると中層で潮の流れを最も感じたため、狙いはこのレンジと思い小さくアクションさせてドリフト気味にステイをさせていると、ティップを押さえるアタリで小型のアオリイカではあるが気持ちの良いヒットとなった。

エギエスツーβ3.5Nのオリーブスギグリーンにヒット

 

続いてはポイントを移動して、防波堤の根元寄りのブレイクに沿って視認性に優れたエギエスツーβの3.5Nチャートイエローオイルホロ(5435N)をキャスト。少しフォールさせて左右のダートから水平ドリフトさせると、ブレイクの下からアオリイカが浮いて来て余り躊躇せずにエギを抱いてくれたのでフッキング、400g程のアオリイカがヒットした。

エギエスツーβチャートイエローオイルホロにヒット

 

足更に移動して次のポイントでは、足元は浅く沖へ向かって深くなり分かり易い2段ブレイクの1段目に見える大きな岩の周辺へ、エギエスツーβの3.5Nチャートイエローオイルホロ(5435N)をキャスト。ボトム近くまでフォールさせてから、水面までノンストップの連続ダートで浮かせると、後ろからアオリイカが追い掛けて来たので得意のサイトで抱かせてヒット(^_^)v

得意のサイトでヒットさせたアオリイカ

 

その後もランガンして数カ所のポイントをチェックするが反応は無く、実釣取材を一旦終えてタックル、商品撮影、商品説明、総括コメント撮影等を行う。これらが思っていたより時間を要したため、追加の実釣取材は時間切れで出来ず、結局全て終了となり現地解散となりました。

タックルの撮影

商品撮影、商品説明、総括コメント等

 

今回の取材釣行の一部は下記のコスミック出版の各誌に掲載されています。

・エギング最強攻略Ⅷ(8/21発売)

・アングリングソルト11月号(9/21発売)

 

遅くなったが昼食はうどん屋へ、うどんにきつね(揚げ)、じゃこ天をトッピング、そしていなりを1個頂きました。

遅い昼食はうどん、きつね、じゃこ天、いなり1個

 

その後に気になっていたポイントへ行って見たが、アオリイカが泳いでいたのだが反応せずサイト失敗。心が折れて終了としました(-_-;)

ホテルへの帰りに寄り道をしてお気に入りのじゃこ天を購入。

 

ホテルに戻って汗を流して、夕食はひとりでとんかつ屋へ。

先ずは生ビール、そして~極上のとんかつ~って書かれていたのでオーダー。

四国美鮮豚ロースかつ御膳の中を頂きました。

生ビール

~極上のとんかつ~四国美鮮豚ロースかつ御膳の中

少し厚切りのとんかつ

 

 

8月2日(金)

 

最終日はホテルを出発してお土産を買いに行き、コビン(本マグロの子)の刺身とカツオの刺身を購入。

続いて途中では探していた日本酒を求めて酒蔵へ。

 

高知県高岡郡中土佐町久礼の西岡酒造店へ

工場見学が出来るので奥まで見せて頂いたが、製造整備等が置かれていた。

中土佐町久礼の西岡酒造店

中土佐町久礼の西岡酒造店

中土佐町久礼の西岡酒造店

古い書物が収められていた

昔の商談スペースか

昔に使われていたものか

工場の中へ

工場の中

製造設備

少し引いて見た

貯蔵タンクなのか

工場内

日本酒の種類と特徴

 

1室に色紙やコミックの単行本があったが、「土佐の一本釣り」と「純平」で酒の名前にもなっていて、題材として使われた酒造所だったんやね(^_^)

色紙やコミックの単行本が置かれていた

多くの色紙がある

「土佐の一本釣り」と「純平」の題材の酒造所でした

 

お土産に2本買ったよヘ(^o^)/

大吟醸原酒 一本釣り 山田錦35%精白、四万十川伏流水で仕込んだ大吟醸原酒

もう1本は、蔵元限定 生酒 あらしばり 純平

お土産に2本買ったよヘ(^o^)/

この2本です

大吟醸原酒 一本釣り

山田錦35%精白、四万十川伏流水で仕込んだ大吟醸原酒

蔵元限定 生酒 あらしばり 純平

蔵元限定 生酒 あらしばり 純平

 

高速道路のS.A.で昼食に食べたのはカツカレー。

兵庫県内では16時前で何と気温が42℃って、無いよね(O_O)

ホテル~四万十町中央~高知~坂出JCT~瀬戸大橋~倉敷JCT~山陽道~神戸JCT~中国道~自宅へ。

昼食はカツカレー

大きめのカツがドン

兵庫県内で16時前の気温が42℃

 

自宅に帰り着いての夕食は、お土産に買ったコビン(本マグロの子)とカツオの刺身、じゃこ天、我が家のビールからの日本酒は今日買って来たのでは無く、冷蔵庫で冷えている初孫 摩耶山 しぼりたて原酒 温海産はえぬき100%使用 本醸造 原酒。

〆に簡単漬けのオンザライス頂きました(^_^)v

お土産に買ったコビンとカツオの刺身

じゃこ天

我が家のビール

日本酒は初孫 摩耶山 しぼりたて原酒

 

 

 

今回の私の使用タックル①

<エギング ショア用>

【ロッド】エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82

【リール】シマノ ステラ2500SHG

(ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換)

【ライン】ユニチカ キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8 210m 0.5号

【リーダー】ユニチカ キャスライン・エギングリーダーⅡ50 1.75号 2m

(PEラインとリーダーはノーネームノットで直結)

【エギ】ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N

(エギはスナップをブリンソンノットで接続)

キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8 210m 0.5号

キャスライン・エギングリーダーⅡ 50m 1.75号

エギエスツーβの2019年の新色

 

 

今回の私の使用タックル②

<エギング ショア用>

【ロッド】テイルウォーク エギストTZ 77L

【リール】シマノ ステラ2500SHG

(ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換)

【ライン】ユニチカ キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8 210m 0.5号

【リーダー】ユニチカ キャスライン・エギングリーダーⅡ50 1.75号 2m

(PEラインとリーダーはノーネームノットで直結)

【エギ】ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N

(エギはスナップをブリンソンノットで接続)

キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8 210m 0.5号

キャスライン・エギングリーダーⅡ 50m 1.75号

エギエスツーβの2019年の新色

 

 

あやみん(高本采実さん)の使用タックル

<エギング ショア用>

【ロッド】エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82

【リール】ダイワ イグジスト2510PEH

(ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換)

【ライン】ユニチカ キャスライン・エギングスーパーPEⅢWH 210m 0.5号

【リーダー】ユニチカ キャスライン・エギングリーダーⅡ30 1.75号 2m

【エギ】ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.0N

(エギはスナップをブリンソンノットで接続)

写真

キャスライン・エギングスーパーPEⅢWH 210m 0.5号

キャスライン・エギングリーダーⅡ 30m 1.75号

エギエスツーβの2019年の新色

 

この釣行記の一部は、下記の紙面とDVDに掲載されています。

(株)コスミック出版 アングリングソルト 2019年11月号通巻70号

(株)コスミック出版 アングリングソルト特別編集 エギング最強攻略XⅢの紙面とDVD

 

過去の釣行記はこちら
ユニチカフィッシングラインサイト