愛国者として

テーマ:
子供を育てる母親として、昨今のマスコミや在日の
日本に仇なす行為は許す事が出来ません。

昨年、民主党政権が倒れた事は
日本にとってギリギリのタイミングでした。
もう少しで日本人は母国を失うところでした。

特亜の企てを知る事が出来て良かった。
人権擁護法案が可決されなくて本当に良かった。

これからもしつこく法案提出はあるかと思われますが
売国法案に関しては、国民がずっと気をつけていなくては
ならないのですね。

沖縄を中国が我が物にしようとしているのも
絶対許してはいけません。

米中韓の都合の悪い真実を口にした
国会議員・芸能人が立場を追われる現状を
変えなくてはなりません。

このブログでは、投資関連メインで利用させて
頂いていましたが、アメブロにおいて
政治関連の有益なブログが多い事から
読者登録をさせて頂いております。
売日の手先ではない旨、表明させて頂きます。

私は、祝日には自宅の軒先に日の丸を掲げる
日本人です。

私の母は戦後、占領下の左翼教育を受け
国の事について考える事は放棄しています。
祖母は戦争の話を一切してくれる事はありませんでした。

ですが、私は自虐史観を脱する機会に恵まれ
子供達と共に日本人である事に誇りを持っております。
日本を守って下さる英霊に感謝し、機会があれば
靖国神社にお参りも致します。

私達の先祖を貶め、私達の生命と財産を奪うかもしれない
勢力に我が国が与する事を許しません。

正しい意識をお持ちの外国人の差別は致しませんが
日本国内において露骨な我田引水を行う特定外国人は
友だとも思いませんし、日本を脅かす敵だと思っています。

話し合い=日本の譲歩という図式は
いつまでも通用しない!