古民家再生・和風住宅・寺院設計が得意な設計事務所!菅野企画設計 スタッフブログ
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

長い間スタッフブログをご愛読いただき、ありがとうございました

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

2010年よりamebloを利用して、

『菅野企画設計 スタッフBlog』 を続けて参りましたが、

2021年11月9日をもちまして、更新を停止させていただきます。

 

 

尚、弊社ホームページの

『設計行脚(菅野企画設計のスタッフブログ)』  は

引き続き、毎週火曜日に更新いたしますので、是非ご覧ください。

 

また弊社インスタグラムでも

日々の設計や現場監理について掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

 

――――――――――――――――――――――――――

 

ホームページに掲載の実績ギャラリーをリニューアルしました。

住まいの新築計画や、古民家の耐震改修をご検討の方は、参考にしていただければ幸いです。

 

「住宅ギャラリー」こちらへ

 

「古民家再生ギャラリー」こちらへ

 

 

今後とも菅野企画設計をよろしくお願い致します。

 

2021年11月9日  菅野企画設計

 

------------------------------------------------------

 

菅野企画設計ってどんなとこ?  : 菅野企画設計   

 

寺院設計で培った技術を住宅へ : 和風住宅

 

伝統構法で快適な生活を実現   : 古民家再生

善應寺坐禅堂、ただいまジャッキアップし浮いています

愛知県一宮市の設計事務所、菅野企画設計の中村です。

 

岐阜県美濃市の善應寺で坐禅堂修復工事が進んでいます。


菅野と前嶋に同行し、現場の打合せに参加しました。

 

礎石の高さを調整し、腐った土台を取り換えるため、建物を宙に浮かせる必要があるので・・

 

鉄骨を柱に固定し、油圧ジャッキを使って

建物を持ち上げました。

 

△壁に穴をあけ、鉄骨を差し込む。

 

△ なるべく木の柱を傷めないように、柱と鉄骨は鋼製治具で固定し、ジャッキアップ。


 

 

この日は

土台が礎石から10cmほど浮いた状態でした。

 

△宙に浮く土台。下端は腐朽しグズグズに・・・

 

現況調査をしながら

「土台を全部取り換える必要があるかも?」と話していた不安が的中・・・

 

引き続き調査と打合せを重ね、次の世代に引き継ぐ修復に努めます!

 

 

------------------------------------------------------

 

菅野企画設計ってどんなとこ?  : 菅野企画設計   

 

寺院設計で培った技術を住宅へ : 和風住宅

 

伝統構法で快適な生活を実現   : 古民家再生

 

 

名古屋市の道仁寺納骨堂新築、水煙宝珠の製作も順調です。

 
愛知県一宮市の設計事務所
菅野企画設計の伊藤絵です!
 
名古屋市の真宗大谷派 道仁寺の納骨堂を新築中です。

今回は屋根の上に設置する「水煙宝珠」の製作過程をご紹介します。
 
製作は新潟県長岡市に工房を構える、雲雀舎の菅野(カンノ)さん。
 
所長の菅野が書いたデザイン画をもとに、レーザー加工用のデジタルデータを作成。
 
 
レーザー加工のテストを行い、
デザインに無理がないかをチェックしました。
 

鋭角の加工は難しいので、ほぼすべての角にR0.5の処理を施したとの報告を受けました。
 
△レーザー加工直後。
バリやスラグが付着しています。
 
これを、1枚づつ1日かけて研磨すると・・・
 
△ステンレスらしいシャープな姿に。
 
 
次は仮組を行い、完成形を確認。
 
△仮組の様子

住職に写真をお見せし、了解をいただいたので、本組に移ります。
 
年内には屋根の上に設置予定です。
 

------------------------------------------------------

 

菅野企画設計ってどんなとこ?  : 菅野企画設計   

 

寺院設計で培った技術を住宅へ : 和風住宅

 

伝統構法で快適な生活を実現   : 古民家再生

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>