みなさん、こんにちは。

福岡の交通事故専門行政書士の須釜です。

 

一昨日、5月1日から使用される新元号が発表されましたが、多くの人からすれば、いま現在作成している書類の日付の中で元号を使うくらいでしょう。

ですから、実際に5月1日を過ぎないと、新元号の「令和」を使う機会はなかなか訪れないかもしれませんね、

 

ただ、私は仕事柄、「事業計画書」とか「予算書」といった類の書面を作ることが多いので、将来の日付を使こともよくあります。

 

そこで、さっそく、新元号「令和」を使う機会がやってきました (*‘∀‘)

 

はい。

これは、医療法人の定款変更認可申請の際に提出する「変更予算書」というものです。

 

しっかり使っていますね。

 

新しい「令和」という元号、発表直後は平成のとき以上に、しっくりこなかったのですが、すっかり慣れてしまったものです。

 

ただ気を付けないと、4月30日まではまだ「平成」なのに、ついうっかり「令和31年4月○○日」とかワープロ打ちしてしまいそうですね。

 

おしまい。

 

ペタしてね

 

交通事故の賠償金・後遺症(後遺障害)のご相談は、福岡市中央区大名にある行政書士須釜法務事務所へ(クリックするとホームページが開きます! 

 

交通事故による後遺症・後遺障害専門のホームページはこちら(クリックするとホームページが開きます!)

土曜日・日曜日開催の無料相談会の日程はこちら(クリックするとホームページの該当箇所が開きます!)