4価のHPVワクチンが子宮頸がんを予防する | 末永産婦人科医院のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

末永産婦人科医院のブログ

熊本市西区の末永産婦人科です。

「わかりにくい場所でわかりやすい説明を」を目標に、
日々診療しています。

リンパ浮腫外来、
開設しています。
猫好きです。

「4価のHPVワクチンが子宮頸がんを予防する」

なにを今更。と言われるかもしれません。でも、そうではないんです。

以前にもお話したかもしれませんが、

ヒトパピローマウイルス(HPV)が子宮頸部に感染して、子宮頸がんに進行するまでには最低15年は時間がかかります。

そのために、

ワクチンを打ってから効果を確認するまで、長い長い期間の観察が必要だったのです。

ワクチンを打つようになってから15年経って、ようやく「がん」を予防する効果が証明されました‼️



今回の研究は、2006年から2017年にかけて、10-30歳のスウェーデン女性約167万のデータを解析されました。


その結果、4価のHPVワクチンは子宮頸がんのリスクを約63%下げることがわかりました。

さらには、

17歳以下でワクチン接種した人が、子宮頸がんを発症するリスクは88%も減っているとされています。