「ババヘラ」というすごいネーミングのアイスが秋田県にあることを知ったのは2年前です。

 

その言葉すら聞いたことがなかった私は、ググって調べ、その美しさと名前の由来に虜になりました。

 

すぐに秋田県出身の知人にババヘラを知っているか聞いてみたところ、「え?ババヘラ知らないの?」という反応で、またびっくり。

 

それにしてもアイスをあんな起用に盛り付けられるのは日本人のなせる技かなあ、と思っていたのですが、なんとロンドンにもそのテクニックが上陸したのです。

 

ほら!!

image

 

実は、このジェラート屋さんにババヘラが登場したのは1年ぐらい前からで、看板を見て知ってはいたのですが、ワケあってずっと食べられずにいました。

 

image

なぜ食べられないかというと、めちゃくちゃ待たされるのです。

 

混んでない時にたまたま通りかかり、いまだ!と入るのですが、「次が私の番」なのに、それが待てないぐらい長い。

 

天井をあおいではぁーっとタメ息をつくぐらい長い。

 

アイス一個にそんなかかったらダメでしょう!

 

って発狂したくなるぐらい長い。

 

それで、あまりにも待たされるので、せっかちな私はあきらめて出て行く。

 

そんなことが、この1年間に2回ありました。

 

それがおととい、やっと食べることが出来たのです。

 

たまたま1人も並んでいないお店に入ることができたからです。

 

では、行きます!

 

看板のお手本はこう。

image

 

出てきたのがこちら。

image

ん? 

 

なんか写真とちがくない?

 

と、釈然としない思いが込み上げてもきますが、

 

まあ、これがロンドンで賞!!と。

 

そういうことです。

 

↓ロンドンで食べるアイスクリーム関連の記事特集

ロンドンで食べるスイカソフト

ロンドンに登場!注文してから凍らせる液体窒素アイス

ロンドンの辻利カフェ