ウツの経験を通して知った真実。 本当の自分が解かれば人生が解放される

昨日の質問の女性が、

 

「アダムとイブの思考の始まりも羞恥心だったのは…?」

 

私なりに感じたことを書いてみます。

 

 

創世記では、アダムとエヴァが知恵の実を食べて、善悪を知り、

 

羞恥心が芽生えた…思わずイチジクの葉っぱで隠した…とあります。

 

 

ネットで調べてみました。

 

ここでの「善と悪」とは、「善さ」と「悪さ」の意味ではなく、

 

知識の両極端を指す言葉であり、全体をあらわす。

 

つまり「善と悪を知る者」とは、知らないことは一つもなく、

 

できないものは何もないという「全知全能者」のこと。

 

 

…とありました。

 

エデンの園とは、全体という相対を超えた世界。

 

「良いも悪い」も「善も悪もない」

 

いわゆる思考のない世界。

 

 

本来、そこで生きていた2人が、知恵の実を食べたことで、

 

相対の世界に落ちてしまった。

 

思考(エゴ)を持つことになった。

 

 

「善」と「悪」がバラバラになった。

 

「良い」「悪い」というジャッジができた。

 

 

全ては2つに分かれ、

 

自分と相手という分離の世界になってしまった。

 

 

あなたと私は違う! 

 

男と女は違う!

 

 

男でも無い、女でも無いという世界で生きてきた2人が

 

いきなり男と女という肉体に同化した。

 

 

3次元といわれる2元性の世界では、全て他者と比べる。

 

他者から見られるという他社基準になり、

 

他者と違うものを思わず覆い隠した!…これが羞恥心なのかと…

 

 

エヴァは蛇に責任をなすりつけ、アダムは女(エヴァ)のせいだといった。

 

自分と相手を分離させ、「全てあいつが悪い!」と、

 

他者のせいにした。

 

 

…それが神の怒りに触れて追放された!

 

 

こうして「全知全能」の世界から外れてしまった。

 

 

2元性の世界に落とされ、思考に侵されて生きてきた人間を、

 

今、エデンに戻そうとしている。

 

 

『新次元思考テクノロジー』により、

 

この世の仕組み(3次元の2元性のトリック)を見破り

 

絶対視点という『エデンの園』に戻る。

 

本来の自分自身に戻り、あるがままで生きられる世界!

 

 

誇らしげに自分をアピールすることもなく、

 

羞恥心を持つ必要もない!

 

 

目の前の相手を使ってエゴを消滅をし、

 

目の前のものと融合し、次元上昇していける

 

そして、エデンに戻る!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

12/11(水) 東京セミナーでします。

1230受付 13001430

 

同日、体感講座で「嫉妬」についてやります!

15:00受付 15301650

 

こちらも是非ご参加ください。

 

東京都品川区北品川5-4-14 イマス北品川ビル3F

03-5793-3640

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

書ききれないことをメルマガでお伝えしています。

 

無料配信します。是非ご登録ください。

 

https://maroon-ex.jp/fx59896/MpAGhP