ファッション視点から斜めに見る世間事情+オマケ付きブログ

ファッション視点から斜めに見る世間事情+オマケ付きブログ

ファション業界で常に裏方として時代を切り開いて来た たかぎ こういち の独断と偏見+チョットお笑いブログ


テーマ:

    

皆さん、お元気ですかすごし易い日が増えて参りました。今回はNY話題です。

ニューヨーク5番街に本店を構え女性に大人気な創業123年の老舗百貨店ヘンリベンデルの全店の閉鎖が2019年1月と発表されました。

ファッション業界を牽引する老舗店でした。

僕の1980年代大阪時代に松田聖子が持って爆発的な話題となったヘンリベンデルバッグ。そのブランドのバッグ専門店向ライセンス販売権を獲得し新しい飛躍を目指し注目されながら外的要因で継続できなかった辛い思い出のブランドでした。

しかし人生は粋なものです。2000年代になって僕が東京でANYA HINDMARCHの成功を得て。社として世界から注目の新進バッグブランドの代理権取得に活発に動きました。大手商社や沢山のライバルを相手に僕をパートナーに選らんでくれたブランドがありました。当時もニューヨーク出張のたびに訪れたヘンリベンデル。その毎シーズン立ち上がりにも必ず定点観測として訪れました。

当時は1階に化粧品売り場。飾り螺旋階段から2階のバッグ売り場へと続く構成でした。

打ち出しブランドが階段から売り場の入り口へと続きます。なんと、そこにはANYA HAINDMARCH、MZ WALLECE、rafeの3ブランドが並んでいました。僕は大感激しました、その3ブランドの日本のパートナーは他でもない僕自身だったのです!!

当時の僕のMDを捉える感覚が世界に通用した実感とグローバルな自信を持てました。

変遷の早いファッション業界では閉店はめずらしい話題ではありません。しかし僕の人生と交差した老舗有名店がなくなるのは本当に残念です。なにか時代が遠ざかるように感じる自分が寂しいです。

 

おまけ① 俳句 「さびしさは 秋向ふから 来る我姿」   自悦

おまけ② 川柳 「さびしさや 懐のなかに 髪の毛も」  

 

日々、涼しくなってまいります。ご自愛の程をではまた次回!!

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス