どうも!店長です!
毎日毎日大変大変な日々です!
せっかくのゴールデンウィークも、せっかくの晴れも今年は、残念ながら残念な事になりそうです。皆様の笑顔が、モチベーションが削られるのではないかと心配。

私店長も皆様の笑顔がない誰もいないお店で毎日気持ちが削られるような気持ちです。

さて、今回は、感染と発症。
僕が30年前に(中学生の頃)生物の先生から、お話いただいた記憶のはなし。
(現代では、どのように教えてらっしゃるのかわかりません。)
「信じるか信じないかは、あなた次第」
(笑)

「ウイルスに感染」と最近よく聞きます。
そして、熱、咳、喉の痛みと症状という。
この度、「コロナウイルス何人感染した」とニュース。



おかしい。




僕の記憶。

習ったのと違う。

「感染した」…無症状。つまり、何も感じないの。
そして、発症。ここから「症状」という咳や熱が出る。

そして…熱も、自分の身体がウイルスに抵抗し、戦っているの。咳も、異物が侵入してきたから身体が追い出そうと働きかけているの。だから、身体が負けないように戦いに集中する為にダルダルになるんだよ!
栄養を摂って、よく体を休めて、戦う身体を少しでも助けてあげなきゃ(つまりは免疫力の向上に努める)って教わったの!

だからね?
今のコロナウイルス騒動に当てはめると…
「感染者が何人」とかわからない訳よ。
今、発表されてる人たちって、「発症者」なの。


感染者が症状ない。潜伏期間は、個人差があるけれど、この潜伏期間に「出歩けば人にばら撒いてしまう」という事。
だからね?今は、自分が感染しているかもしれない…感染していて、発症しない潜伏期間かもしれない前提で行動しないといけないんだよね?
そして、言葉を逆手にしてもらうと困るんだけど、「インフルエンザにかかった事がない…」なんて人もいるかと思うのですが、コレは、ただ「発症しなかった」だけ。つまりインフルエンザには、感染しているが、「身体が戦う(熱が出る)までもないくらい強いだけ」
家族にインフルエンザがいて、感染しないわけないからね?
だから、コロナも、自分が感染していると前提、仮定した行動になる。
今、テレビで、ソーシャルディスタンス、マスクなどの呼びかけは、「感染しない為」では無く。「感染を拡大しない為」なの。外に出たら、リスクが高くなるから「stay home」なの。
理由、理屈を間違えて、勘違いしてる方々がいるとこのコロナウイルス騒動は、長引きます。

今は、しっかり身体に栄養、休んで体力を保ってクリアしたいですね!
ゴールデンウィーク、運動不足だからとマスクせずにランニングなどの運動しすぎて、疲れて免疫力が下がったら、それこそ本末転倒!よく理解してください。
皆様の意識次第です!

どうも コンニチは!店長です!
いや〜大変!も〜大変!な毎日です!
皆さんも、そんな毎日と存じます!

乗り切る!乗り切るしか路はありませ〜ん。

ただ、乗り切ってから、、、の事もしっかりと考えておきたいところ。
つまり次のフェーズ。

この騒ぎの影響で、いろいろ日本は、変貌し、いろいろな事を学びました。ってまだ終わった訳ではないので、学ばせていただいております!

日本の首都のロックダウンに近い自粛要請により、不要不急でもない会社通勤をも無くし、「自宅でテレワーク」
飲食店などの休業要請。
「stay home」と言う事実上のロック。
これらは、大きく経済を変えました。
市場も動き、良くも悪くもはっきりと。

これらの事は、後に語られる歴史的な事実でしょう。

かつて、日本は、第二次世界大戦に敗戦し、路には、行く宛の無い方や、怪我をされた方、家族を亡くした方、飢えに苦しむ方々で溢れた時代がありました。
私は、見たことや経験は、ありませんが…NHKでは、見たことあります。(笑)
そんな落ち込んだ時代を生き抜き、今があるわけで、生き残ってまた再建としてきた訳です。
苦労もさることながら、凄い事だと思うのであります。

そして、私たち日本人は、そんなスピリッツを全員お爺ちゃんやお婆ちゃんから受け継いでいるのです。
何故なら、生き残って再建した方々の孫や曾孫になるのですから!必ず乗り越えていけるスピリッツは、受け継がれていると言う訳。

まぁだからなんだ?って事なんですが、私たち孫世代はですね?
経験をした、団塊の子として、教わるべき経験者が居る訳ですから、乗り越えていかなければいけない試練なのだと思うのです。
そして、乗り越えた先に、未来が新たに作られるのだと信じて今を頑張るしか路はありません。
そしてその路。未来を見据えて、準備する。これが変貌。

これからの日本は、経験から学び、会社に勤めるサラリーマンの方々も、在宅が当たり前になったり、飲食店も、テイクアウト、宅配が当たり前になっとり、オート化出来るものは、そうなると容易に想像できます。
また、さらなるITのインフラにより、世界がより近く、世界の何処からでも東京の会社のサラリーマンが成り立つことでしょう。
自宅で仕事が出来るということは、働くママさんにとっても有効で、お子様が小さくても、自宅で仕事となれば、共働きも成り立つ。ということは、交通費も産休も、有給ももっと他のことに使えることでしょう?
住む地域も選ばないのであれば、実家に帰り、祖父母を観ながらでも、と成れば、地方創生の鍵も開けれてしまいます。
このように、未来には、この騒動による恩恵や、期待、様々な生き方が、待っているとワクワクします。

今のままか、未来を見据え変わるか、それは、今、考える時、準備する時と言えます。

悲観も大いにあるでしょう?

でも、昔は、不治の病と言われた結核も、克服して今があります!

信じましょう?
自分と、この世の中。

乗り切りましょう?
コロナと不況。

変えましょう?
現実と未来。

きっと笑えるし、繋げるよ。

どーも!店長です!
って空元気で頑張っている今日この頃。

今回のブログは、コロナウイルスの蔓延で、緊急事態宣言を受けてのこの頃思う事を炎上覚悟で書きま〜す!(空笑)

私は、飲食店で営み、飲食店で生きております。
単刀直入に、厳しいですってレベルではありません。
飲食店でクラスター?だから行くな?そんな…。簡単に報道しないで欲しい。
誰が感染者かわからない?なら電車の方が。と思ってしまいます。
飲食店より電車がの方がリスクが無い?そんな事ない。

利用の仕方じゃん?

空いてるお店で一人で一杯だけ。

コレはクラスターにはならない。

「一人で空いてるお店で一杯呑む」がいけない訳じゃないです!

皆様、お店の扉を開け、混んでたり、嫌な感じしたりしたらそれは結構です。

ですが、自分判断ですが、自分の大切にしてる、もしくは、友人の経営してるというお店には、一杯だけで、5分だけでも行ってあげてください。
お店の体力がなくなってしまえば、閉店です。そうしたら、二度とそのお店は、存在しません。想い出も何もかも、過去のものになってしまいます。

今までが10だったら、2で良いんです。
1/5です。ちょいと顔出して、一杯。
大切なお店に募金と思って。
今、死活問題を抱えている個人経営のお店は、闘っています。必死です。
夢、希望を持って一念発起で始めたお店です。皆様の想い出の詰まったお店です。

報道や、要請、いろいろ思う事は、あると思います。
ですが、各々で「三密」を考え、「空いてるお店で一杯だけ」は、当てはまらない事を承知してください。

震災と時は、皆さん被災した人の為に、募金やら、何やらしたんじゃないですか?

大切と思うお店を助けてあげてください!
帰りに一杯テイクアウトでも良いです!
歩きながら呑んでもいいじゃないですか?
大切なお店を助けると思って!

熱くなってしまいましたが、ここは冷静に。

どうか、自分のひいきにしているお店を無くさないように、危険のない程度に行ってあげてください。
お願いします!