初ワンマンから6日目。

テーマ:
久しぶりのblog。

遊鬼です。











今日は真面目な話。

俺にとっても、皆にとっても。

寝起きだから
纏まらないかもしれないけれど…


真面目な話。










最初に…。





ワンマン、ありがとう。

なんつーか、開放的になれる
liveをしたのは初めてだった。
それに本能でギターを弾いて
頭の中に何も入ってこない状況。
凄く凄く楽しかった。


あの場に居た人全員と
ひとつの空間で楽しむ事が出来た。



ホントにありがとう。















来てくれた仔達には
申し訳ないけれど…









解散が決定したね。











Six-Senceはまだ後少なくとも
3ヶ月はやると思われる…。








あ、多分だよ。











んで、
彩斗っちも
ぎん。ちゃんも
霞くんも
先生も
既に多分違う道を見て、
バンドマンとして
進もうとしていると思う。













んじゃ、遊鬼は?
















































正直ね、Six-Sence終わったら
今のままだともう、
ヴィジュアル系バンドは
組まないと思う。

イコール、
音楽を仕事にするのを諦めて
趣味でしかやらないし
皆の知っている場所でもliveしないし、
皆が知っている俺は消える。








2割ぐらいの確率で
続けるかもしれないけどね。





でも来月で23歳になる歳で
今年ちゃんとした職人になってみて
思ったのは。





















やっぱり、
夢より現実だと。










元々現実主義者なんだけどね。












今までは夢を現実に出来ると思ったし、
地味に進んでるとは思うけど、
こんな地味な進み方だと
何歳になるんだい!
っていうね。






俺は売れるなら若い内から売れたいし、
売れないなら無駄だから
夢なんて見たくもない。











っつーのは建前かもね。











ホントは解ってるんだよ。











俺がやめるのを肯定する人は
俺の周りには誰一人居ない。

周りのバンドマンさん方からも
絶対にやめるのは勿体無いし
一番上に行ける可能性があるんだから
やめない方がいいと言われている。

俺の新盤を期待している仔達は
ホントに何人も居る。

俺はプロギタリストの元で
下積みしてから
お墨付きでこの業界に来ているし
まだ始まったばかりだということも。




だって周りのギタリスト、
俺より上手いと言われてる人達、
悪いけどさ、
俺よりもギター歴も歳も
全然上だしさ。

速弾きちょろっと出来りゃ上手いのか?
音が少ーし良けりゃ上手いのか?


そんな耳でしか聴かれない世界。


悲しいねぇ。笑









ヴィジュアル系に入ってから
目に見えやすいテクが
伸びてるとは自分でも思わない。
伸びてるんだろうけど…。

それよりもステージングやら
考え方やらフレーズやらが
どんどん変わっていって。


誰も気付かないような場所。
でも良くした方がいいもの。

それが段々身に付いてきて。
つまり、ホントに
スタートしたばっかなんだよね。俺は。


それなのに諦めるのは
まだ早いと。
それも解っている。










ただ、うーん。
だからこそ、次組むのは
デカいliveが出来る!って
思わせられるメンバーと、
人気の出るメンバーと、
組めないのならやめようかなと。









だからよっぽどな
メンバーが集まらない限りは
もうやめようかなと。

よっぽど俺が納得行く
メンバーから誘われる事がない限り
もうやめようかなと。

夢を現実に出来る
メンバーから誘われなきゃ
もうやめようかなと。






まぁそんな感じ。

















つーワケで
残りも楽しもうね!!













ぷちょへんざっ!!