View this post on Instagram

【 シネマメモ帖 「はなれ瞽女おりん」】 先日読んだ本「美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道」(春日太一著)から興味を持った本作。1977年公開。篠田正浩監督作品。 盲目の女旅芸人である瞽女(ごぜ)のおりん(岩下志麻)と脱走兵(原田芳雄)とのあてのない旅を、北陸の厳しくも美しい四季の景色を背景に描く本作。 おりん演じる岩下の、盲目&方言セリフ&三味線弾きのトリプル難役を自然体に演じるところが見所。さすが名女優、役作りが半端ない。 瞽女としての厳しい生活を覚悟しながらも、ときに寂しさから男に体を許してしまう辛さを見事に演じています。 一方、脱走兵演じる原田はまさにギラギラ全開期の芳雄そのまんま。 色黒ワイルドで腕っぷし強そう。何故かおりんには手を出さない優しさも持つ「ワケあり」の男を熱演。 ふんどし姿とほっかむり姿があんなにカッコよく映る男はそうそういないね。 そして、二人の旅路の背景を彩る北陸の四季折々の景色が美しい。 春の花々、夏山の緑、冬の凍てつく海。 この部分だけ見ると、まるで「遠くに行きたい」等のドキュメンタリーのよう。 撮影監督は名カメラマン 宮川一夫、いい仕事してます。 一方、作品の時代背景である昭和初期独特の日本の古い因習や軍隊等による戦争の影、公然とまかり通っていた男尊女卑文化が、本作全体に暗い影を落としています。 そんな当時の日本の清濁併せ呑む空気感も堪能できる和風ロードムービーとしても十分堪能できる作品であります。

しろかわつよしさん(@t.shirokawa)がシェアした投稿 -