助産師カズです。

 

今日会ったお母さん。産後1ヶ月。

赤ちゃんの体重が増えず、一生懸命母乳を飲ませ、ミルクを飲ませ、昼も夜も時計を見ながら赤ちゃんを起こし、

体重を増やすために頑張って飲ませていました。

 

毎回ベビースケールで授乳量を測定し、全てを記録して必死で頑張った1ヶ月。

ノートは細かい文字でびっしり埋め尽くされていました。

 

1ヶ月ほんとに頑張ったね。

愛おしい気持ちでいっぱいになりました。

 

赤ちゃんがちゃんと飲んでくれない。

母乳もミルクもですショボーン

 

赤ちゃんの体重が減るといけないから、赤ちゃんが疲れてミルクを飲めなくなるといけないから、

母乳を吸わせるのは左右1分ずつにして残りは粉ミルクにするように病院で言われました。

病院で授乳は必ず3時間毎と言われたので、

その3時間を守るために、ぐずっても飲ませずに抱っこであやし、寝ていても起こして飲ませたそうです。

 

実家のお母さんや周りの人からは、

”そんなにグズグズ言うなら欲しがる時に母乳を飲ませればいいのに”

そう言われていたそうです。

でもお母さんは病院の言う事が絶対と、病院の言われる通りの授乳方法を続けました。

 

そうしたら母乳はほとんど出なくなったそうです。

 

お母さんのこの1か月の子育ての感想は、

”楽しくなかった”

 

ノイローゼになりそうだったと言われていました。

 

 

もっと早くこのお母さんと出会いたかったです。

こんなにしんどい思いしなくても良かったのに…。

そう思いました。

 

病院の中には、母乳がどれだけ飲めているかわからないから必ず授乳量を測るように指導するところがあります。

それに合わせてミルクを調整して足すようにと。

 

病院のやり方が決して悪いわけではありません。

確かに赤ちゃんの体重増加コントロールの為に授乳量をチェックすることも、間違いではありません。

でも、毎日毎回の授乳のたびに表示される数字をどうとらえるかも併せて教えて欲しい。

そう思います。

 

母乳はお母さんの体調や食べ物、水分量によって出る量は変化し、赤ちゃんの飲む意欲によっても大きく左右されます。

つまり母乳だと毎回決まった時間の間隔で同じ量だけ飲むのは不可能だという事です。

体重は毎日同じ数字だけ増える必要なんてなくて、長めの期間でざっくりと増えていればそれでいい。

毎日の体重は、その日の食欲など細かな要因に左右されます。

大人でもありますよね。

今日は妙にお腹が空くな~とか、今日は何も食べたくないな、とか。

赤ちゃんも同じです。

数字だけに振り回される必要はないのです。

おおまかに全体として体重が増えていることが確認できれば、それで十分だと思います。

 

もちろん病院では決まった時間に決まった量だけ哺乳します。

それは赤ちゃんの健康管理はもちろん業務上の問題などいろいろ事情がありますが…。

毎日毎回同じペースで同じ量だけ哺乳することを赤ちゃんに強いる必要はない。

赤ちゃんが元気で、満たされて、ざっくりと成長曲線にのる感じで体重が増えていればそれで十分。

私はそう考えています。

 

 

母乳を左右1分ずつ吸わせるだけ。

これでは母乳が出なくなっても不思議はありません。

このお母さんは母乳完全主義ではなかったけれど、それでも母乳が出なくなってきたことがとても悲しかったそうです。

 

もっと早くに出会って、もうそんなに頑張らなくていいよと伝えてあげたかった。

母乳も授乳の仕方、ケアをしてあげれば状況は改善することが多いのです。

 

 

実はこういう事で困っているお母さんはたくさんいます。

 

出会う度にもっと早く出会いたかったと心から思います。

ポスチャーは助産所で乳房ケアも出来るし、授乳の相談ならおっぱい相談もあります。
そもそも授乳も含めてどうしていいかわからずにしんどくなったら、おしゃべりが出来るカフェもあります。

気軽にお話しに来てくださったら、助産師も保健師も相談に乗ります。

 

 

 

そんな風にいつも準備して待っているので、

困っていたり、しんどいお母さん、どうぞ来てください。

もちろん、なにも困っていなくて元気な方も大歓迎ですビックリマーク

 

そんな方が近くにいたら、どうおポスチャーの事を教えてあげてください。

 

子育てはいつも悩みで一杯。

最初は授乳。それから離乳食、体重も首すわりも便秘も夜泣きも…。

数えだしたらキリがありません。

最初の1歳まではずっと悩みの連続ですからね。

少しでも不安なことは軽くして、赤ちゃんとの時間を楽めればいいなと思います。

 

数字とにらめっこして悩むより、赤ちゃん自身を見つめてください。

赤ちゃんは数字よりもいろんなことを教えてくれますよ。

 

ポスチャーの相談や事業はホームページのスケジュールカレンダーでご確認ください。

授乳相談や乳房ケアは定期開業の時間外でも状況に応じて対応しています。

どうか一人で抱え込まないで、相談してくださいね。

 

私たちはいつでも待っています。

 

赤ちゃんとお母さんに溢れる笑顔をニコニコ音譜

 

助産師 イルマズ 和恵

 

助産所ポスチャー http://midwiferycenter.studioposture.com/


親子トータルケアサポートポスチャー http://studioposture.com