昨年夏、スコットランドのフィンドホーンという共同体で、数々のユニークな体験をさせてもらいました。



08
到着早々、いろんな国籍の方とダンス・ダンス・ダンスしたり。


29

此岸と彼岸の境目にある“森”で、旅のなかまと瞑想をしたり。

 

04

5歳児に返ったり。

 

 

フィンドホーンってこんなところ

 

1962年、英国スコットランド最北部、美しい海と森に包まれた小さな村に、3人の若者が創立した、スピリットのあるコミュニティ。荒地ながら巨大キャベツなどが収穫され、ふしぎな土地として、地質学者・環境学者の耳目を引く。
現在は400人~最多時700人が滞在し、自給自足のシンプルな共同生活を営んでいる。先進的なエコビレッジとして世界じゅうから注目され、国連認可NGOに。

体験習慣と呼ばれるプログラムでは、世界約70か国から、年間に1万4千人を超える人々が訪れ、農業や調理、ゲームや瞑想、自然散策などのボランティアやワークショップを体験できる。

 

 

はいっ 体験させて戴きました。


05
施設の周辺には、あちこちに祈りの跡があり。私のへたなウタヒも残響させてみたり、

03
07

宿泊した1800年代建築のホテルの造りに感激したり、



16
18

12
コミュニティ内の、ウイスキー樽や石積み製の自作の家に驚いたり、


11
まだ会ったことのない、誰かのだいじな人に祈ったり(祈ってあげてほしい方の芳名帳が置いてある)

17
これ、おらの街にも作りたい!と思ったり(ブティックといって、ユーズドの雑貨や洋服を無償ギブテイクしあう交換所。すてきなドレスや家電があった)



そんな体験ばかりでとどめておけばいいものを、好奇心をおさえきれない私は、現地のベテランスタッフさんに、「ここだけのアウトな話はありますか」と、お尋ねしました。

すると・・・。


今はそうでもないけれど、10年、15年くらい前は、やたらスピリチュアル体験を強く求めるお客様が多かったとか。

あるとき、一人の日本人滞在客が、丘の向こうにたたずむ白い馬を指して、「あれは、ユニコーンですよね!!」とおっしゃる。

 

ユ・・・・。




ユ  ニ  コ  ー  ン  ・・・・?

 


スタッフさんが、眼を、どうこらしても、それは白いふつうの馬、なのである。


 

01

まあ・・。ロンドンから電車でブリテン島を縦断したら、お牛お馬さんが3千頭くらい落ちていらっしゃったし、公道をぽてぽてと歩いている子もいました。中には、ふしぎな雰囲気に見える馬もいるかもしれませんが・・。


その人があまりにも強く「ユニコーンですよね!」とおっしゃるので、「え、ええ・・・そうかもしれませんね」とスタッフさんは推測的同意をせざるを得なかった。


15
STOP Worrying(施設内にあった、おもしろ標識)

 


むりにスピリチュアルな体験を求めなくても、あなたの価値は1ミリグラムも失われないのに。

 

 

現地で、たくさんのハートフルなお話を聞いたのに、なぜか、私にはこの話がIPPONグランプリなのでした。
でも、我が身をふりかえると、私の中にもユニコーン的な蒙昧がないかなあ^^;

そもそもフィンドホーンを訪ねたきっかけは、ショップでも販売しているフラワーエッセンス「エロス」の効果がすばらしいと感じ、(猫にもよく効く。プラセボではないと思う)、感心して、創始者のマリオン女史にお会いしたいと思ったこと。


 

42

 

41

無事にお会いできて・・ハグしていただいて、
 

「あなたは高次元なものと繋がっている」、「サインも既に出ている」、などと言われて嬉しくなった直後にこちらを目撃し。ひょっとして、サインって?
40

3333・・
 

そういえば旅の間に「3333」を何回も見ていることに気づいて、全身がぞくりとしました。飛行機の機体に。タクシーのフォンナンバーに。ロンドンっ子のTシャツに。・・くらいまでは偶然かなと思ったけれど、ここに至っては。

いや、これも、ユニコーン現象?馬
 

「いやーさすがに、自分も見たから、リアル不思議現象じゃないの(笑)」と連れに言われてひと安心。

フィンドホーンに来れば誰にでもこんなパチスロのようなふしぎ体験はあり得るのだ。

 

そんなことより、滞在中にゴーサインのメールを受け取ったふたつの仕事が、何度か頓挫しかけながらも、今も進んでいる。そういうことが、ユニコーン現象ではない、小さなリアル奇跡かもしれません。だいじにしよう。

 

そんな冷静と情熱のはざまを行き来して、思いきって旅しただけのことはあったな、と実感しました。ですので、旅を迷っている方、ユニコーン的でないリアル啓示を求めたい方がいたら、ぜひ渡航をお勧めしたいです。

滞在費は、宿泊×3食こみで一泊8000円~1万2000円くらいです。

 

 

 

と、また話は長いうえ、ここからイベントのお知らせですが、


「ユニコーンじゃないリアル奇跡」が起こるフィンドホーン、そちらに15年在住しているベテランスタッフのYASUKO(高橋靖子)さんが今、来日されています。

 

YASUKOさんから現地のくらしぶりを伺い、本場の瞑想やカード、アチューンメントなどを体験できる会を、今週土曜(17日)1830~おこないます。

 

「フィンドホーンを知る夕べ」  場所は 渋谷区代々木上原 「小さな談話室S

 

 

 

 

44

あの「トランスフォーメーションゲーム」創始者の、認定ファシリテーターでもあるYASUKOさん。彼女のナビゲーション力は確かだと思います。

 

興味のある方、「フィンドホーンを知る夕べ」に遊びにきてください。

 

 

 

 


 

(旅のアルバム 備忘録)

 

10

このトレーラーハウスから、コミュニティの歴史がはじまりました

 

09

世界じゅうのスピリットある書籍があつめられた図書しつ。

 

13

世界がまだ、こんな状況で済んでいるのは、これでも世界中の人々の思念で、食い止められているからだといいます
 

 

14

 

19

 

20

 

21

創始者アイリーン氏の墓石。私もこういうのがいいな 


 

22
ベジタリアン食なのに、2キロも太らされたおそろしい激旨食堂


24
( ノД`)これがねえ、ほんまねえ
 

26

ちょっとはたらかせてもらいました
 

23

フィンドホーンのシステムやソウルがうまくいっている理由を微分積分すると、解の1つはこういうことかも。使ったスプーンからティーバッグから使用者がきっちり仕分けておく


28
「トム」、「ジョニー」。電気自動車の一台一台に、名前がついている。バケツひとつにも名前がついている
 

25

スタッフさんのお誕生会
 

27

初対面の人に「すきっ」と言ってしまう
 

32
 

31

最終日ちかくなると、だいぶユニコーン脳になってくる
 

 

 

33
ソーラーハウス。わがやもベランダ発電をはじめました。太陽でつくった電気かわいいよ
 

34

 

36
お友達がとった写真。ここでは、ジャンキーみたいに(歓喜)花の中で転げまわるハチとか、おかしな虫たちをいっぱい見ました
 

37

35
この花園から、フラワーエッセンスがつくられています

 

 

38
ここでは、ブッダもアッラーもジーザスも道祖神も天使も原始シャーマニズムもぞろっと同居。それでいいのね

 

 

45

ありがとうございました