震災から8年

テーマ:
岩手県宮古市のヨガスタジオオーナーの佐藤和美です。

地元でも甚大な被害をもたらした、東日本大震災から今日で8年となりました。

この8年、復興に向けて地元の方の頑張りや、応援に来てくださったみなさまのお陰でここまで街が元気になりました。
ほんとうに感謝しかありません。

あの日ことを語ったら書ききれないほどですが、震災から日がたつほど現実が見えて、職場が被災して宮古を離れる同業の仲間とのお別れなど辛いこともありました。


アロマの仲間の白石くんと、避難所でアロマトリートメントをさせていただきました。
わたしはタクティールケアをおこないました。

アロマの業者さん(アロマ&ライフさん)から支援物資をいただき、みなさまにお届けすることができました。


今は市議会議員にもなった白石くんも、自ら被災をしておりましたが、みなさんのお声をしっかりきいてくれてました。


皆さん「眠れない」「途中で目が覚めてしまう・・・」「肩こり」「手のしびれ」「冷え」など訴えは様々「避難所に来てから血圧があがってしまって」という方もいました。

こちらの写真は、カズミスタジオの近くの商店街


様々な現実を目の当たりにしたときに、生き残った自分ができる復興は「自分自身の生活を立て直すこと」必要な人に必要な支援が届くようにと。

その後も避難所などにもお邪魔させていただきました。みなさまのエネルギーに元気を頂いたり、絆ができたり。

積み重なった8年を糧に、ますます地元を元気にしていきたいと思います。
これからも地元の健康に貢献してまいります。