STUDIO-SHINLIY Blog 2020
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

年明けまでの依頼が10件を超えました

 

今は落ち着いてるけど、10月末からたいへんな事になる。

 

一人でさばけなかったら、仲間を呼ぼう。

ミュージッククリップ「月の輪」を公開致しました

 

お待たせをしておりました、

MV「月の輪」を公開しました。

 

ほんと久々のMV製作。

楽しかったぁ。

 

歌い手は高校の先輩のsaoさん

衣装は新進気鋭の久保李緒さん

 

3つの魂がぶつかりあっておる作品に仕上がっております。

 

 

 

 

新立映劇サイトをリニューアルしました。

新立映劇サイトをリニューアルしました。

 

ついに「.com」です。

 

wixが外れました。

もういい歳の映像作家やしね。

見栄えもよくしていかないと。

 

毎月650円お支払いして参ります

 

 

中身も整理整頓しました、

これまでの監督作や、短編映画を数本公開したりと。

今後も充実させていきます。

 

今後とも、新立映劇を御贔屓に

 

https://www.shintate-eigeki.com

新立映劇短編映画集を公開しました

 

 

「箸の穴」「四月珈琲」「珈琲ゼリーとミルク」「空蝉の音」「シカイドウ」「新生木少女」

をWeb上で公開しました。

 

今までは、予告編のみの公開だったのですが

ふと、もう本編公開していいやん。。。と思いました。

 

蔵にしまっていても、なにも発動しないからね、、

たった一人でも、映画見て何か感じてくれる。

それだけでなんか嬉しい気持ちになるし。

 

よろしくお願いいたします

 

https://shanshinliyster.wixsite.com/studio-shinliy2013/blank

ポルシェ京都「京都の涼 ポルシェカイエン 編」

ポルシェ京都「京都の涼 ポルシェカイエン 編」が公開となりました。

 

またお時間あります時に、ご覧頂ければと思います。

貴船、高雄を贅沢に切り取らせてもらいました

 

 

いつか乗ってみたいものです

 

 

夏ポルシェ納品

直木賞CMにポルシェPV、、

ノッてるなぁ~と言われ

 

全然そんな風に思っていなかったが、

客観的に考えたら、たしかにすごい依頼なんだよね。。

 

必死だと、立ち止まって考える事もしんかった。

 

もっとバンバン自分の力を発揮して発表していきたい

 

 

という事で、子育てしながら編集時間ない中、

夏ポルシェ納品。

 

 

いま、7件ほど案件来てるので

ひとつひとつ丁寧に仕立ててゆく

暑いね、

8月に入ってから、これでもかと暑いね。

 

先日の外ロケはさすがにやばったよ。

 

いつも、夏はなんやかんや新立映劇は暇なのだが

今年はありがたくバタバタしてます。

まぁ春先まったく仕事なかったのでトントンなんですが

 

 

 

直木賞受賞作「少年と犬」小説PVを監督させて頂きました

 

直木賞受賞作「少年と犬」小説PVを監督させて頂きました、

 

初めて小説読んで泣いた作品です。

 

主人公が犬でしたので、配役がとても困難でした

過去一かも、、

今回も偶然の出会いでなんとか乗り切れました

 

とりあえずこの素晴らしい物語に関われたことは光栄です。

ご覧くださいませ。

 

 

ナレーションも一流の方にして頂いたので

より重厚になりました、素晴らしいです、、

 

 

 

 

新作CM無事納品

えっ!っという修正指示も、

なんとかクリアし、、(私は前回の方がいいと思うが、、)

 

無事に納品しました。

 

製作期間は4日。

 

荒業やわ。でも不可能なことなんて全然ないし

イチかバチかやったけど、楽しんで製作できたっっ

 

今回もお馴染み映劇役者の

あんみさん、中村さんに加え

初参加の梶浦くん、ひなたくん。

そして主人公のシェパードの犬ちゃん。

 

本当に協力ありがとうございました。

打ち上げしたいなぁ、でもできないかなぁ~

 

 

映像はうまくいけば明日公開ですぅ

音入れで感動

今回のCM 、映像のみ渡して、音声、ナレーションが別の方入れて下さる事に(時間的なところで)

1日で戻ってきたのだが

 

プ、プロの仕事やぁぁぁぁぁ

 

感動した。

 

渋い声、聞き取りやすさMAX,優しい、重みを感じる、、

映画的な情緒を感じる。。。

 

聞けばバリバリ映画やドラマで活躍されている役者さんに声をお願いしたんだそう、、

 

一気に映画になった

小説のCMなので映画になるのもどうかと思うが

これも私の表現のひとつと言う事で

 

予算のこともあるでしょうが、もう今後から分担したい。

一度このような音源聴くと、もう戻れません

 

音の質で、ここまで映像もかわるんやぁ

シンプルで当たり前のことなんやけど、新たな発見。

 

熱帯夜やけど、なんか爽やか

 

 

とりあえず、出版社さまOKと言ってください

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>