引き算方式のボディワーク ~Zero Pilatesから始めよう~

引き算方式のボディワーク ~Zero Pilatesから始めよう~

   南青山にあるトータルボディコンディショニングスタジオ
    ~プライベート空間で、カラダと向き合う時間を~



Body conditioning studio
studio  Cuore(クォーレ) いでりえこ です。





日々セッションをしている中で、股関節周辺に何らかの不調や違和感を感じている方の割合は他の部位に比べて圧倒的に多いです。 




様々な原因があげられますが


絶対的に言えることは


収まるべき場所に収まっていない!


ということが不調に繋がっています。





まず股関節とは、骨盤の寛骨臼(かんこつきゅう)という窪みのところに大腿骨の骨頭(こっとう)部分が受け入れられたような状態になっていて



その関節部分には沢山の筋肉や靭帯が付着しているので、それらが関節部分の安定や動きのサポート的役割を担っているわけです。




例えばこんな感じで↓

内閉鎖筋(外旋筋の一つだよー。)
(マニアックな筋肉の写真で失礼  笑)


骨盤だけでなく、仙骨や腰椎からも大腿骨に繋がる筋肉は沢山存在します。



これらの筋肉が正しく働いていなかったり弱ってきたりすることで、股関節の安定性は失われてきます。



少しのズレ(1度とか2度のレベル)が命取りなんだよチュー



この状態で股関節を使うことは負担がかかるだけではなく痛みや怪我にも繋がります。もちろん他の部位への影響も出てきます。




股関節が正しく機能的に動かせる時というのは、寛骨臼に骨頭がきちんと収まってる時ということを覚えておいてください。




注意していただきたいことは、股関節周りをただ鍛えてもハマらないし安定しないということ。アウターのトレーニングとかではなく、もっとコアな部分の調整ってことです。



きちんと「安定筋群」を働かせることだったり、骨盤底と内転筋が正しく繋げて使えることになることが必要です。




股関節の調整をする為には、頭と背骨の関係性、コアの使い方の見直しも必須ですのであくまでも「全体の中の一部」としてアプローチしていくことが大切です^^ 




股関節が正しく機能するということは、背骨の自由度も高まりますので快適に過ごせるようになりますよ♬ 




股関節を正しく受け入れてこそ、スクワットの効果が最大限に生かされてきますよ〜






2月も間もなく終わり… 

いろいろと不安な日々が続いていますが
それぞれが自己管理に徹していきましょうね^^


やまない雨はない!!





≫お休み

3/30(月) 〜4/1(水)

4/29(水)




--------------------------------------------

\ 動画祭り♬ /

≫レッグサークル→
≫エレファントシリーズ→
≫キャット・カウシリーズ→
≫立つ・歩くに繋げる→
≫ジャンプボード→
≫マスターストレッチ→
≫全体の繋がり→
≫ヘッドリードで繋げる→
≫いろんな角度からのアプローチ→
≫長いまま使う→
≫ショルダーブリッジ応用編→11
≫重力の受け方→13


------------------------------------------------


\完全紹介制・完全ご予約制/
Body conditioning studio 
studio  Cuore


★ホームページ→こちら
※2019年6月1日より、完全紹介制での営業へと移行致しました。 体験のお申込みの際はご紹介者様のお名前を頂戴いたします。