技術コンサルタント・知的財産管理技能士、行政書士立花信一事務所

技術コンサルタント・知的財産管理技能士、行政書士立花信一事務所

神奈川県大和市の行政書士立花信一が知財戦略などの話題を提供します。

ようこそ!!


見にきてくださってありがとうございます。






神奈川県大和市の技術法務・知的財産権調査専門の行政書士立花信一です。





















ホームページ:


行政書士立花信一事務所







★メールマガジン発行しています。
      ↓ ↓



タイトル:楽しく学べる!知的財産権








取得資格:行政書士


      知的財産管理技能士


      ビジネス著作権検定上級 






コメント、読者登録など大歓迎です!


































































































NEW !
テーマ:

大和市の行政書士の立花です。

 

 

セミナーで帝国ホテル東京へ。
セミナーが終わった後は、天気がよいのでホテルの向いの
日比谷公園を散策。
 
散策しながら考えるとアイデアがまとまることがあります。
 

バラの花の見頃の季節です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読者登録してね

NEW !
テーマ:

大和市の行政書士の立花です。

 

 

行政書士立花信一事務所のホームページ
ブログを書いています。
 
 

 

 

 
私がホームページでブログを書いている理由は以下です。
 
・自分のことを知ってもらう。
 
・ホームページを読んでくれている人に有益な情報を伝えたい。
 
・ホームページのSEO対策
 
・営業していると知ってもらう。
 
 
ホームページ自体の更新はあまりしません。
しかし更新されていないホームページを見た人は
しばらく更新していない。
 
 
もしかして営業してない?廃業したと思ってしまうかもしれません。
実際には営業しているのに、ホームページを見たお客様
にもしも営業していないなんて思われたら・・・
もったいないです。
 
 
その点、ブログは頻繁に更新していきますので、
お客様に営業していると安心してもらえます。
 

私のホームページのブログは、ビジネスの話題のみです。
 
 
一方、アメブロの方は、ビジネスの話だけではなく
日常で感じていることなどゆるい感じの話題も
取り上げます。
 
 

 

 

読者登録してね

NEW !
テーマ:

大和市の行政書士の立花です。

 

 

特許を確認しようと思ったら、
今日も、まだ特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)が
使えない状況です。
 
 
5月7日から5月22日現在まで使えません。
 
 
「システムエラーが発生しました。
繰り返しエラーが発生する場合には、ヘルプデスクへご相談ください。」という表示
 
 
大がかりなシステム改修のため、やむを得ないかもしれません。
しかしGWが10日間あったのですから、その間に完成させて
リリースして欲しかったです。
さらにその後の対応も迅速にして欲しいですムキー
 
 
 
 
 

 

読者登録してね

 


テーマ:

大和市の行政書士の立花です。

 

 

AI(人工知能)の発達によって職がなくなるのでは?
ということが話題になっています。
 
 
私が携わっている知財分野の仕事はどうなのかを
考えてみました。
 

人間が引き続き強みを発揮する分野としては、
「調査・分析」
「 結果の判断(新規性・進歩性,侵害・非侵害)」
の2つが挙げられます。
 

人工知能が効果を発揮するためには,過去の膨大な蓄積から
一定のルールを導くことが必要です。
 
しかしゼロベースで目的から仕様までを定めたり、
その都度変化する内部環境・外部環境に応じた最適を導くことは
困難であると思います。
 

そのため,この2つの分野については「人間が強みを発揮」
と判断しました。
 

次に現在人間が行っている業務であるが、ゆくゆくは
AIに置換されてしまう領域としては
「(定型化された)パテントマップ作成」
が挙げられます。
 
 
定型的な業務は、AIに任せて人間は、その強みを活かせる
分野の業務をやればよいので、問題はないと思います。
 
 
もちろんAIと人間が共存できる部分もあると思います。
 
 
結論として、AI(人工知能)の発達によって職がなくなること
はないと思います。

 

 

 

読者登録してね


テーマ:

大和市の行政書士の立花です。

 

 

行政書士実務セミナー2019契約書業務

 

行政書士として、契約書作成の仕事をしていきます。
実務だけでなく営業の部分まで話が聞けるということで
参加しました。
 
 

契約書作成の仕事は、会社勤務のころにやっていました。
知財の仕事で、ライセンス契約や秘密保持契約などです。
 

契約書をフロントに、いかに業務を展開していくのか?
 
 
契約書は、ひな形を使えばよいから簡単に作成できる
将来は、AIによる契約書自動作成サービスに仕事が
奪われるのでは?

 

 

これらの疑問に対する答えが得られました。

 

 

どんなお仕事を?

○○専門の行政書士です!

 

最初は、総合力ではなく選択と集中

そうして出会ったお客様に次の提案をします。

 

すなわち、これが一点突破全面展開だそうです。

 

 

私も一点突破全面展開でいきます。

そのために、「契約書業務」にも取り組みます。

 

 

 

読者登録してね

Ameba人気のブログ