燃えこれ学園Newシングル
[Re-START]をレコ発するにあたり
2000人お届け企画が始まりました。

2000人お届け達成したら全国ツアーです!!

私がずっと願っていた
燃えこれ学園メンバーみんなと広報委員みんなを地元岩手へ連れていきたい願望を叶えれるラストチャンスだと思っています。

みんなを岩手ヘ連れていきたい理由をブログを通して伝えたいと思います。






この更新の間に様々な環境の変化があり上手く伝えるまでに時間がかかりました。




長作になっているので数回に分けて更新してます。
1個目の投稿から続けて読んでほしいです。





















中野サンプラザ単独公演から
数ヶ月後
父がまたしても倒れてしまい入院…
もう遠くへは出かけられない状態になってしまい、私から両親に東京に観に来て欲しいと言う事が出来なくなってしまいました。


続けて
大好きな祖父の死去…
ずっと可愛がってくれて私のやりたい事をずっと応援してくれていた祖父でした。



武道館への道が見えなくなって、家族の状況が大きく変わった2019年は沢山の悩みと葛藤がありました。
自分が好きな事をやってる事が悪い事なのかもしれないと思う事や、母の負担を軽くする為に実家に帰った方がいいのか?など言葉には出来ないけど頭の中にはずっとあって。





そんな中で頂いた
【Re-START】

もしも涙が枯れてしまうような
苦しい時が続いたとしても
大丈夫この歌を思い出して

ソロパートもだけどこの歌詞が私は特に大好きです。
私は歌で救われた事がいっぱいある。
泣き続けても苦しいことが続いても今度は私が支えたい。

と思えるようになった時に浮かんだのは、

中野サンプラザで見た両親の顔
メンバー、広報委員のみんなの顔

涙がとまりませんでした。

私の出来る親孝行は岩手にみんなを連れて行ってステージをする事だと改めて思いました。



燃えこれ学園として6年
3月24日から始まった
【Re-START】 2000人お届け企画

達成したら全国ツアー

岩手だったら両親にまた見てもらえる
岩手だったら祖母も見に来れる
ずっと応援してくれてた地元の皆んなにも見てもらえる。


ミーティングがあった時に、
真っ先に岩手にみんなと行きたいと言いました。


みんなから
「凄い田舎なんでしょー」
「見に行きたいね」
「昔からずっと言ってたもんね。」

など笑顔で賛成してくれました。



私はこれが燃えこれ学園としても私自身としても目標に向かって進む最後のチャンスだと思っています。


地元に燃えこれ学園 佐々木千咲子として帰る為にも、メンバー皆んなの事を、広報委員の皆を連れて行く為にも私はずっと先頭を走るメンバーの一歩後ろまでしか届かなったけど、今回は1番前で頑張りたい。


燃えこれ学園を東北へ繋いでいく架け橋になる!!


この曲を手にとってもらえることで想いを繋いでいきたい。


大好きで大切な燃えこれ学園だから、
これから出逢う2000人以上の未来の広報委員と、メンバーと、そして大事な家族をもう一度この曲を通して繋いでいきたい。


いっぱい頑張るから一緒に輪を繋いで拡げてほしいです!!





気持ちをまとめるのが苦手でこの文章を書いている間に、コロナが流行りだしてしまい今は東京から東北へ行くことも難しい空気になってきています。


いろんな状況の変化から気持ちが苦しくなる日もありますが、それでも私は岩手にみんなを連れて行く事を諦める気は全くないです。





みんなと笑顔で過ごせるライブを必ずしたいです。









今出来る事を見つけていっぱい頑張るので、みんなも身体に気をつけながら私たちを見ていて下さい。