こんにちは足あと

いまだに中高生に間違えられる、もうすぐ三女の浅岡ですペンギン


うららかな陽気の中、春ツアーを敢行ガーベラ
荷物をささっと積み、いざ出発進行右矢印右矢印右矢印



今回の春ツアーは3本立て、

ぶーぶー富岡製糸場ぶーぶー
ぶーぶー妙義山登山ぶーぶー
ぶーぶーこんにゃくパークぶーぶー

ぶーぶー富岡製糸場
2014年に世界遺産に登録された富岡製糸場に訪れました。歴史を感じさせる建物内にはパネルの他に、当時使用された機械や原料となる繭玉を生成する蚕が展示されていました。

14歳ほどで働き始め、日本の産業発展に寄与した女工たちのことを考えると、家で本ばかりを手にしている自分が情けなくなりました。

ぶーぶー妙義山ぶーぶー
日本三大奇形の一つとされる妙義山に登ってきました。

【コース】
県道沿いの入り口よりスタート
第1石門
カニの横ばい
たてばり
つるべさがり

カニの横ばいからの鎖場が予想以上に急勾配で、何人かの部員の顔から笑顔が消えました。が、問題なくパス。やはり適度にスリルがある方が楽しいですねハート
片手下がり
第四石門
黒田泣岩
道中クマ出没について注意喚起していた現部長

クマ出没を危惧し、童謡を歌いながら楽しく下山しました口笛

右矢印右矢印右矢印右矢印右矢印右矢印右矢印右矢印右矢印右矢印右矢印右矢印右矢印右矢印
2日目

こんにゃくパークの前に、、、ラフティング以外の楽しさも享受したい走る人ということで
観音山ファミリーパークに訪れましたニコ



バレーボール、バスケ、バトミントン、キャップ投げ、サッカー、ブランコ、滑り台、筋トレ…

毎日上半身メインのスポーツに全力を尽くしますが、ひさびさに全身の筋肉を使いました、痺れるゼィグラサン

ぶーぶーこんにゃくパークぶーぶー
群馬は日本有数のこんにゃく生産地。こんにゃくについての見聞を深めるべくいざこんにゃくパークへ。

まずは工場見学走る人

こんにゃくだけでなくゼリーの生産も見学でき、気分上々ハート

ただお昼休みのためか、運転しているラインはさほど多くありませんでしたペンギン

ささっと工場を見学した後、無料のこんにゃくバイキングオバケ


こんにゃくを使った様々な料理を楽しめました足あと

ここぞとばかりにコンニャクをふんだんに使った品々。普段メインとして起用されることの少ないこんにゃくですが、やっと主役を張れたと、そんな心の声が聞こえそうなバイキングでした。


てんとうむし終わりにてんとうむし
さまざまなスポーツ等、アクティビティを通して普段は見ることのできない、部員の新たな一面を発見できるツアーでした。

企画してくれた一女のK田ちゃん、コンテンツ満載の春ツアーをありがとう😊

そして、新歓告知🙋‍♀️

新一年生に、ストロームの魅力を知って欲しい!

我が部に興味を持った方、
是非是非新歓川下り爆笑

なんと、実際にラフティングを体験できますウシシ
きっと、あなたの1日が有意義なものになるでしょう!気になったら、ご連絡下さい!

開催予定日

3/23,25,26
4/1,5,20,27,28

Twitter よりご連絡下さい下矢印


更に、サークル紹介へもお邪魔しますOK

一橋大学右矢印 3/30,31
津田塾大学右矢印4/6

どこかでお会いしましょう晴れ

初めまして!

44代きたいゆいかです。

 

今日は、成人の日ですね🌸

ストロームにも7人の新成人が!!

お天気にも恵まれ、素敵な1日になりました。

みなさん、おめでとうございます㊗️🎉

 

さて、今回は11月17日、18日に開催された御岳カップ(冬)について書きたいと思います。

年内に投稿する予定が気付けば、年を越してしまいました。

投稿遅れてしまい、大変申し訳ないです🙇‍♀️

 

今回はTAMA &Lillyが世界大会出場のため、2年男子と1年生のみの参加でした。

17日は部として、18日は有志としての参加となりました。

 

では早速リザルトを見ていきましょう♩

(17日のリザルトのみ掲載します。)

 

*ラフト部門*

悶心?四号機

オーストラリアTAMA💪✖️一女💞の艇

 

ラフティングクロス14位

スラローム30位

総合26位

 

 

OIOI候補生s

oioiといえば!の艇🍻

 

ラフティングクロス9位

スラローム23位

総合19位

 

期待の新人

期待の新人達が乗っている艇✨!

 

ラフティングクロス28位

スラローム19位

総合22位

 

TECHNOBO BREAKERS

オーストラリアTAMAに乗船中の二男艇💪

(上記の掛け持ちだったのでラフティングクロスには参加できませんでした。)

 

ラフティングクロス30位

スラローム4位

総合10位

 

*ダッキー部門*

東京武楽苦苑辺辣酢

頼れる部長✖︎運転大好きピチピチ一男のコンビ!

 

ダッキークロス8位

スラローム19位

総合3位

 

なんと総合で入賞🥉

とても素敵な木製のメダルをいただきました🌱

 

以上2018年最後のレース結果でした。

 

18日はアルゼンチンで開催されたラフティング世界選手権2019に、ジュニア日本代表として出場したTAMAとLillyの方々も数人御岳カップに参加しました。


そして、先輩方からブンブンの会・代表 伝井真弓様へ寄付金の贈呈が行われました。

アルゼンチン🇦🇷まで応援しにいきたかったです。

 

最後に、競技面以外のところも少し紹介します。

11月の御岳は紅葉シーズンでした。競技終了後には綺麗にライトアップされた紅葉を見ることができ、皆幸せな気持ちになれました✨

紅葉とお団子↑

 

 

ではでは、

次は御岳カップ()ですね!

ブログもお楽しみに!

 

 

 

 

 

前回の記事の続きになりますキョロキョロ

 

後半では観光編ということで、パリ・ブエノスアイレス・イグアスの滝について

書かせていただきます!!

 

 

 

 

 

 

まずはトランジェット先のパリですね。

行きも帰りもトランジェット先はパリだったのですが、

短時間にもかかわらずせっかくのパリ!ということで、行きも帰りも空港を出て観光しました。

 

行きは4人ずつに分かれて行動しました。(行き先はほとんど一緒でしたが…)

 

 

サン・ピエトロ大聖堂!!!

よく世界史の資料集で見かけるやつですよね、それにしてもでかい!綺麗!装飾が細かすぎる!!!

時間の都合上、中には入れませんでした、残念。

夜になるとこんな感じにライトアップされて、これまた魅力的な姿に。

 

 

 

食べ歩きをしたりいろんな写真を撮ったりしながら、パリの夜を味わうことができました。

 

 

 

 

 

 

 

帰りのパリでは、凱旋門とシャンゼリゼ通りに行きました!

ちょうどパリの暴動が起きる1週間前だったので観光できたのですが、日程が少しでもずれていたら観光はできなかったと思うと

運が良かったです。

 

凱旋門

 

 

 

シャンゼリゼ通り(あまりシャンゼリゼっぽくない写真ではないですが…)

 

 

ここでは、メンバー一同で某CMの”オ〜シャンゼリゼ〜”というセリフを口ずさみながら通りを歩いたのが印象的です。

倉持はずっとこれをやるのが夢でした笑(しょーもない夢すぎる)

 

帰りは行きよりも時間がなかったため、高級なマカロンやパンを買ったりしながらブラブラするのみ。

それでも初のパリは新鮮でキラキラしてて、ぜひもう数回は訪れてみたい国ですね。

 

 

 

 

 

 

続いては〜ブエノスアイレスです。

 

実際に行ってみるまではアルゼンチンがどんな地であるか想像もつかず、治安などを少し心配していました。

しかし、ブエノスアイレスの夜道を除いては、思っていたよりは大丈夫だったかなという感じです。

(まあとったホテルが良いところにあったということもあるかもしれませんが。)

 

 

 

ブエノスアイレス市街

 

 

 

 

サン・マルティン広場

 

 

 

 

 

 

レストランでは美味しいお肉やお酒を堪能しました。

アルゼンチンのお肉は本当においしかったです。そして量や味の割に安い。コスパも良いなんて最高すぎました。

 

 

 

 

ブエノスアイレスのシンボルである白い塔、オベリスコです。

 

ブエノスアイレスで1番驚きだったことは、道路の車線の多さですかね。

片方だけで車線が多いところで8本くらいあり、アルゼンチンの方達はどこでも構わず車線変更をしているのをみて、よく事故らないなと何度思ったことか…。

レミンス(アルゼンチンの高級タクシー)の運転手さんたちの運転さばきも驚くほど上手でした。(切実に見習いたい…)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最後はイグアスの滝についてですね。

倉持は世界大会と同じくらい楽しみだったので、ワクワク感を高めるためインスタなどでイグアスの写真などはチェックせずに行きました。

 

イグアスの滝はブラジルとアルゼンチンの国境にあり、どちらの国で見るかによって滝の見え方が変わることで有名ですよね。

もちろん、我々はアルゼンチン側から見ましたが、ここまで行くのに高速バスでなんと片道約18時間…。

バスでの長距離移動に少しばかり不安もありましたが、バスの座席が広かったので飛行機よりも全然快適でした!

18時間何をして過ごしていたかというと、みんなでトランプをしたり、チーム戦でマリカー対決をしたり、せっさんというゲームをしたり、バス内で流れている映画を見たり…。

そんなこんなしているうちにあっという間に着いてしまいました。

 

 

 

パークはとても広いため、パーク内を走る電車か徒歩で回りました。

 

まずは、悪魔の喉笛!

 

 

 

もう滝の迫力に圧巻。

水しぶきがすごすぎてビチョビチョになってしまいましたが、そんなのは全く気にならないくらい素晴らしかったです。

死ぬまでにもう一回は見ないと成仏できないなと思ってしまうほど、倉持は感銘を受けました笑

 

 

そして、メンバー全員が楽しみにしていたボートツアー。

 

 

普通にラフティングボートかカヌーボートのようなもので滝の近くに行くのかと思いきや、立派な水上ボートでしたね。

結構なスピードを出しながら滝に向かって行くのですが、岩やエディーにも平気で突っ込んで行くので、その怖さを誰よりも知っている我々はひたすら大絶叫。

ある意味ダウンリバーよりも全然怖かったです。

そして、滝本体にも突っ込んで行きました、しかも数回!怖いったらありゃしない。

もう全身ずぶ濡れになってしまいましたが、体感的に自然の壮大さを味わうことができ、貴重な体験をすることができました。

 

帰りは、ナマズ料理が食べられるレストランでご飯を食べて、、また18時間のバス旅です。

帰りも楽しく、無事に帰ってくることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

観光編も楽しんで読んでいただけたでしょうか。

文才が乏しく読みにくかったところも多かったと思いますが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

最後に、この場をお借りして。

今大会の出場にあたって、OBOGさんをはじめ一般の方々からも、本当に多くの方々からご支援やご声援をいただきました。

メンバー一同、心より感謝しております。ありがとうございました!!!

大会の結果としては成果を残すことができませんでしたが、この1年間日々の練習で積み上げてきたものや大会で得たものは何にも変えられない宝物です。

この経験をただの思い出とせず、これからの人生に活かしていきたいと思っております。

本当にありがとうございました。

 

今後とも、一橋ラフティング部ストローム会をよろしくお願い致します。

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS.

今年の5月に行われるWorld Rafting Championships in Australia に次なるTAMAがU23Menの日本代表として出場が決定しています。

どうぞ応援宜しくお願いします!

 

 

彼らの活躍に乞うご期待!!