最近、クライアントのサイトばかり作っていて・・・全然自分のサイトを更新できていません^^;

11月中旬にフルアップを目指していたお見舞い専門サイト

ハートフェルトギフト

http://heartfelt-gift.com/

ですが。。。記事が追っ付いていきません^^;

 

加えて、マミーズアワーズショップも新しい商品は用意できているんですが、撮影&アップ作業が

滞っており^^;

新商品がアップできてません^^;

 

今月中には絶対頑張ります!!!

 

そして、新サイトを制作していくにつき、気にしているのがSEO

 

参考になるいろいろなサイトを徘徊していると・・・。

 

ikuzitさんのこの記事がとてもいい記事だなと感じました。

http://ikuzit.com/165.html

 

*記事転載許可をいただいています。^^

 

ケモをしている子供向けのものではないのですが、子供の入院に際してお見舞いをもらう側の心情が掲載されていて・・・

 

実際、お見舞いに何か毎回プレゼントが必要なのか?というと、私としては決してそうではないと思います。あれば嬉しいですが、一番は、やはり入院している子どもを心配しているんだよ。という気持ちが伝わってくれば、それで嬉しかったです。ですので、買った物でなく、こども宛の手紙などは、とても嬉しいかったです。また、友達から貰った似顔絵のお手紙(ぱっと見、顔と分からなくてもいいんです!)は、娘も息子もとても喜んでいました。

必要なのは、あなたのことを心配しているよ。待ってるから、ゆっくり休んで帰ってきてね。という気持ちでした。

入院中のこどもは、自分だけ取り残された気分をどこかしら持っているようです。保育園・幼稚園にいけない。友達に会えない。忘れられてしまうんじゃないか。といような。ですので、「忘れてないよ。気にかけてるよ」という手紙は本当にうれしそうでした。

本当にそうなんです。

心配しているよという気持ちが一番大切なんだと思います。

先日も、お見舞い品として、帽子とカテーテルケースのセットをお買い上げ頂いたお客様から、感想をいただきましたが、

 

気持ちを形にできて、しかもそこに笑顔が生まれたました。

 

とのこと。

そういうサポートができるって・・・うん、私のやりたいこと・・・これだなと、感じました。

 

そして、ikuzitさんも書いていらっしゃる、「忘れられてしまう」という感覚。。。

実際ね・・・1年も、元いたコミュニティにポコっと穴を空けると、子供よりむしろ大人の方が、より濃くそういう気持ちを感じます。

私はぶっちゃけ・・・あんまり気にしていませんが^^;そもそもそんなに地域密着型で活動してないし

でも、1年のブランクは、実際いろいろなところに歪みを作っているのは確かです。

 

そういう気持ちに寄り添えるものを展開していけたらいいなぁと、今、いろいろと準備しています。

*なんせ一人でやってるので、アップ作業が遅いですが^^;

 

ikuzitさんは、今回ご紹介した記事だけでなく、子育てや病気の話、オススメの本の情報など、いろいろな切り口で情報を発信されています。

個人の方のブログなのですが、とても一人でやっているとは思えない情報量で・・・しかも、私と一緒で病院でこのサイトを立ち上げたそう・・・

 

一緒やん^^ 他にも共通点があるんですが・・・もうその1点が、繋がらずにはいられない共通点でした^^

 

ぜひ一度、覗いてみてほしいサイトです。

 

http://ikuzit.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

10/30から開始した「CVカテーテルのトラブルと保護カバーについてのアンケート調査」の中間報告です。

11/15までの回答数: 218


 

内容に関しては、

マミーズアワーズショップでお買い上げ頂いた方からの感想で

「病院の方も初めて見られたそうで、びっくりされていました。」
というものがよくあります。

何をびっくりするところがあるんだろう???と作っている側からしたら疑問だったのですが・・・

どうもアンケートから読み取ると、巾着袋のようなものを吊り下げているところが多いようですね。

 

 

たくさんの方からご意見いただけていますが、年間発症総数からいくと1割程度のご意見です。

 

引き続き、アンケートを行っています。

ご協力のほどよろしくお願いします。

 

http://heartfelt-gift.com/catecover/

 

 

AD

命のつながり

テーマ:

去年、長男が入院闘病中に夏休みに応募した「いのちのつながり」という作文コンクール

 

今年は、次男も応募しました。

 

すると・・・

 

長男・次男 ダブル受賞で表彰されることになりました!^^

 

授賞式は19日

 

次男にとっては、初めての表彰。

 

嬉しい様子^^

 

長男は、去年入院中に抗がん剤をしながら頑張って作文を書いて、それが評価されたことがとても自信につながったようで、

文章を書くことに小学3年生にして抵抗がない様子。

今年は、自分のことではなく、一緒に闘病したお友達のことを書きました。

*とても考えさせられる内容なので、表彰後、本人の掲載許可を得て、また掲載します。

 

よく頑張りました^^

 

 

次男も、初めての作文。

 

私は一切手伝わないので・・・書き方とルール、気持ちの引き出しのみをして、あとは自分でやりなさい!

 

というスタンスなので・・・

 

・・・できない・・・(小学1年生にはハードルが高いけど、兄ができることスーパー次男ができないはずはない!)

 

悔しい・・・

 

泣く・・・(⌒-⌒; )

 

でしたが、頑張って短いなりに思いを込めて書きました。

 

どんな賞をとったのかは、表彰式に行ってみないとわからないのですが・・・

 

二人とも受賞できて、よかったね^^