森岡利行オフィシャルブログ「監督日誌」powered by Ameba

森岡利行オフィシャルブログ「監督日誌」powered by Ameba

脚本家
舞台演出家
映画監督
プロデューサー
文教大学情報学部メディア表現学科非常勤講師

本日より、劇場へ入り仕込である。

朝は、リモートで大きな会社と来年の公演について打ち合わせ、

プレゼンを行った。来年“STRAYDOG”は30周年を迎える。

決まれば大きな公演となる。

 

初演は下北沢で公演を打った。

ぎりぎり、コロナにならずに走り抜けた。

 

今回も全力で走り抜けたいと思う。

その為には体力だ(笑)。

 

 

この世界、

1に体力(めげない、ふてない、遅刻しない、休まない)

2に人格(あなたと一緒にやりましょうと言われること)

3と4がなくて

5に才能である。

 

才能を発揮できる場所がなければ、

いくら才能があっても宝の持ち腐れである。

 

 
そして、どんなに忙しくても、仕事に追われても、
大切なことを忘れない。
 
仕事が忙しくて、時間がとれないということは、
人間を豊かにするものではない。
 
そして、いいモノを創るには全力の「スキ」が必要だ。
今回の出演者は全員、芝居が「スキ」なことに間違いはない。
 
稽古場でダラダラ過ごさず、時間があれば芝居の話や、
稽古を家族に分かれてやっていた。
 
是非、8月3日から始まる『幸せになるために』を観に来てくれ。
そして、大阪公演の仕込みの日、8月12日は事故のあった日である。
 
37年が経ったその日は出演者やスタッフ全員で黙祷しようと思っている。