ずっと周りから自分が悪いと思わされてきた孤独なあなたへ・FAP療法で人間関係を自然に改善させちゃいましょう!

ずっと周りから自分が悪いと思わされてきた孤独なあなたへ・FAP療法で人間関係を自然に改善させちゃいましょう!

いつの間にかかけられている“呪縛”。それがあると人の言いなり、上下関係ができてしまう、利用されるなどのトラブルが!呪縛を解くとあなたにとって“正しい”人達が集まってきます

カウンセラー・しゆうのブログへようこそ

ここでは、思うように動けない人に気を遣い過ぎるすぐ自分を責めてしまう、といった生きづらさを、“あなたのせいではない!-他人の感情・感覚を入れられているだけ-とお話ししています


無自覚に他の誰かになりきって、あるいは身代わりに生きてあげている状態ならば、自分の頑張りや努力では状況を変えられず、それを自分がダメだからだと責め、もっともっとと頑張り続ける事になってしまいます


※ まずはチェックしてみて下さい!


□ 人の言う事を聞いて自分の意見を引っ込めてしまう
□ 相手との関係が対等ではなく、管理監督されているように感じる
□ 恐怖を感じて逆らえない相手がいる

□ 人の期待に応えられないと罪悪感を感じる
□ 自分の考えで行動すると失敗すると思っている
□ 自分の抱えている問題を人に話してはいけないと思っている

□ 会社や仲間の中で、いつの間にか見下されたり仕事を押し付けられたりする
□ 自分1人対他全員という構図になってしまう
□ 過度に疲れやすい、何かしようとすると頭が真っ白になる


当てはまったら、身近な人の支配嫉妬のエネルギーで“自分じゃない状態”になっているのかもしれません


カウンセラー・大嶋信頼先生考案のFAP療法を使ったカウンセリングで、こうした状態から“頑張らずに”“自然に”抜け出していきましょう

それによって、周囲の人間関係もいつの間にか変化していきます


カウンセリングのご案内HP)もぜひご覧下さいね⇒こちらです



                    完全無料でお読みいただけるメール講座
                               
                   

 

しゆうなおみです。

今日もブログにご訪問下さり有難うございます。

 

 

今日はふいに、幸せだ・・・という言葉が自分の中から出てきました。

自分でも驚いて、(ついうっかり)そんな言葉が出てきた理由を考えてしまいました。

 

すると、それから間もなく、ドカンと嫌な事がやってきたのでした(笑)。

あ~~~、理由を考えちゃったからか~~~。

理由を考える事で、意識してしまい、どこからか嫉妬のエネルギーを引き寄せてしまったようです。

 

幸せだと~!?許さん~!!・・・・・って事でしょうか。

 

 

とりあえず、その(嫌な)事については、もう考えないようにしました。

意識すると、どんどん引きずり込まれてしまいますから。

 

考えない、と言いながら何ですが(笑)、ちょっと考えてみると(起こった事の内容に)

 

これはおかしい

 

と気付くのです。

 

でも、不愉快、傷ついた、ムカつく、といった感情の渦に巻き込まれていると、おかしいという事にも気付けなくなってしまいます。

 

だから「考えない」。

とりあえず“無”になってみます。

 

渦から出た所にいると、ふっと気付けます。

それが“のメッセージです。

 

 

しゆうなおみです。

今日もブログにご訪問下さり有難うございます。

 

 

人にどんどんつけ込まれているように感じる。

 

そんな事、ありますか?

 

親切でやってあげていたら、それが当然のような態度をとられるようになった。

相手がどんどん横柄になっていって、自分は対抗できず小さくなっていく。

友達だと思っていたのに、いつの間にか上下関係ができてしまっていた。

 

いろいろなパターンがあるでしょう。

いずれにしても、こちらは良かれと思ってやっていたのに・・・という事。

 

その陰には、相手もこちらと同様にしてくれるはず、という思いもあったのではないでしょうか。

 

 

もともと相手が“残念な人”だった?

 

あるいは、こちらがへりくだり過ぎた?

 

精神的な距離が近くなり過ぎて、実は相手には重荷になっていた・・・可能性も・・・?

 

 

本当のところは、その相手にしか分かりません。

だから、あまり考えても仕方がないです。

考えても、それは“想像”にすぎないから。

 

そんな“想像”を暴走させて、相手の事を怒りながら、なおも惨めな(?)存在でい続ける理由が、ありますか?

 

同じ“想像”するなら、自分自身の事を、自分自身を楽しくさせられる事を、思い描く事をお勧めします。

 

 

しゆうなおみです。

今日もブログにご訪問下さり有難うございます。

 

 

ずっと以前ですが、スピリチュアル系の講座に通っていた時に、先生が

どうしても許せないと思う相手の事は、今世では許さなくていい

と言っていて、そうなのか!と(ちょっと嬉しく)思った事がありました。

 

許さなくてはいけない。

忘れなくてはいけない。

本当は許せないし忘れられないのに、その思いを抑えなくてはいけないのは苦しいですよね。

 

別に、「今すぐ相手に復讐に行け」という話ではありません。

許せないものを、許さなくてはいけない、と思わなくていいのだ、という事です。

 

 

それでも、「そんな事言われても・・・」と躊躇してしまう方は、人から言われる事に弱いのかもしれません。

 

そんなふうに言うもんじゃない。」

そんな事を考えちゃいけないよ。」

そんな“アドバイス”に。

 

 

本当にこちらの事を思って言ってくる人も、中にはいるでしょう。

一方で、コントロール的に言ってくる人もいるかもしれません。

 

ただ、いずれにしても、その人の考え方であり、価値観なのです。

 

 

だから、“アドバイス”を受けた時は、考えるのではなく、感じて下さい。

 

温かな感じがする?

なんだかモヤッとする?

元気が出る?

体調が悪くなる?

 

・・・・・これは自分に必要なもの?

 

感覚を感じる練習だと思って、やってみて下さい。

 

今まで、「そんな事を思っちゃいけない」と、“頭で考えて”いた方は特に。

 

外側よりも、まず内側です。

自分の感覚を信じる練習をしてみましょう。