映画 フライ,ダディ,フライ 岡田准一 | 文才がなくても描けるドラマ脚本術
2006-01-12 06:50:36

映画 フライ,ダディ,フライ 岡田准一

テーマ:映画レビュー

アロハ♪GOです!


今、邦画が面白いよね!


やっぱりね、脚本(ホン)のレベルがね
ハリウッドに追いついてきたのが、すごく大きいと思います!



脚本(ホン)がつまらないと、どんなに豪華な役者さん、
また、莫大なお金を使っても、面白くするのは凄く難しいでしょうね!


今日、面白い邦画を観たのでご紹介しますよー

 「フライ,ダディ,フライ 」です!


読後感は、100%すがすがしいです!

原作、脚本は金城一紀さんです!


金城さんと言えば、クドカン脚本で「GO 」が映画化されてます!

で、映画「GO 」を観て、自分で脚本描きたいと思ったんだって。。。



ストーリは、親父が娘の復習をする。
メチャ、シンプルですが、、、


だからこそ、熱いメッセージが
ストレートに、胸にスっと沁みこむできます!



主演は、堤真一さん、岡田准一くんです!


岡田くんが、最高にカチョイイです!
特に、セリフがスゲー、いいですよー


「恐怖っていうのは、喜びとか嬉しいとか、と同じ感覚なんだよ」
「よわっちい、感覚に負けんじゃねーよ」
「恐怖の先を見たくねーか?」


◆好きなシーン

岡田くんが、堤さんのケンカの先生なんですが、
ロープで木を登る特訓があるんですね!


堤さんは、最初登れないんですね!

岡田くんは、木の上で本を読んで待っています。


ついに登れて、岡田くんとの同じ景色を見るシーンが、とっても良いです♪



木の上で、岡田くんと見た景色は
堤さんが、今まで見たどんな景色よりも、キレイだったに違いありません。


だって、岡田くんに出会うまでの堤さんは、
会社と家の往復の景色しか知らなかったのですから、、、
(確かに、奥さんも娘もいて幸せだったとは思いますが)



このシーンの夕日がキレイで、二人のやりとりが
すごくよかったです!




頑張ってるサラリーマンやパパたちに、見てほしいですね!




○あなたにとってお役立ちブログでしたら、クリックプリーズ! 

                    ↓

            (人気blogランキング)


◆神話の法則をもとに、メッチャシンプルにした、GOのドラマ脚本術もありますよ!

ダウンロードは、こちらから(無料です!)

                    ↓

無料だよ!→   【無料レポート進呈中】無料レポートランキング 



○あなたの力で1位になりました。本当にありがとう!・今は何位? 

                    ↓

こちらで確認出来ます(人気blogランキング)


storyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス