ソーシャルネットワークの普及により、

個人のプロフィール写真が

重要視されてきました。

 

自分らしさを表現し、

個性を出した素敵な写真を残すには、

表情が最も重要になってきます。

 

しかし、

いざカメラのレンズを向けられると、

顔が硬直してしまい、

「思うような表情を作ることが出来ない」

と悩む方も多いようです。

 

 

 

普段から表情筋を使い、

柔軟な状態にしている人は、

スムーズに豊かな表情を作ることができます。

 

ですが、いざ表情を作ろうとして、

頬がぴくぴく、口角が上がらない!

という人は、表情筋の衰えが原因かもしれません。

 

自分の印象として残す一枚は、

できれば満足のいく一枚として

残したいものですよね。

 

証明写真と違って、

プロフィール写真などの場合は、

思う存分に自分を魅力的に表現することができます。

 

表情だけでなく、

顔の角度を変えてみたり、

服装や髪形にこだわってみたり、

普段の自分とは異なった一面を見せても大丈夫。

 

表情をリラックスさせて、

素敵な写真をたくさん撮ってみてください。

 

 

 

 

ここで!

写真写りをよくするちょっとしたコツ

をご紹介します。

 

 

自分が魅力的に映る角度を知る

大抵の人の顔は、左右対称ではないため、

魅力的に見える角度と、そうでない角度があります。

まずは、自分のベストな角度を研究してみましょう。

 

*

 

あらかじめ表情の練習をしておく

写真を実際に撮る前には、

どんな表情が自分の魅力を引き出すかを、

知っておく必要があります。

 

一般的にプロフィール写真は、

笑顔が基本です。

 

前歯を6本見せると、

魅力度は大幅にアップします。

 

*

 

アングルにこだわる

証明写真と違って、

体や顔の向きを自由に変えられるのが、

プロフィール写真の利点です。

 

直立不動で立ちすくむよりも、

体の角度をつけてみたり、

あごのラインを強調してみたり、

より魅力的に見えるアングルを、

確認しておきましょう。

 

ちなみに、カメラから見て、

体を45度斜めに傾けると、

ラインがスッキリして見えます。

 

*

 

呼吸を止めない

写真が苦手な人は、

無意識に息を止めていることが多いです。

 

口は笑顔でも、

目が笑っていないという場合があるので、

リラックスして撮りましょう。

 

息を吐くときに笑顔を意識すると、

自然な笑顔を撮ることができますよ。

 

*

 

大好きなことや楽しいことを想像する

目を大きく見せようと、

まぶたを見開いて撮る方を見かけますが、

これは少し怖い印象を与えてしまいます。

 

楽しかった想い出や、

大好きな趣味を想像すると、

自然と口もとがほころび、優しい印象になります。

 

*

 

他にも、

顔の周囲に手を添えることで、

小顔効果が期待できます。

 

簡易なレフ版を作るなどして、

照明も工夫してみましょう。

 

コピー用紙や白い板状のものなら、

即席のレフ版代わりになりますよ。

 

このように、

ほんのひと手間加えるだけで、

プロフィール画像が見違えます。

 

ぜひ、お試しあれ♡

 

 

 

 

 

取材・講演・執筆などお問い合せはコチラ

取材・講演・執筆などお問い合わせ

 

 

 

-------------------------------------

 

 

3万部突破

音譜30秒セルフエステでオンナを磨く音譜

 

Amazonで好評発売中

 

韓国版も出版されました

 

 

無料音声サイト・himalayaJapanでも

お役に立つコンテンツをたくさん

ご紹介しています。

 

image

 

◆耳で覚えるセルフエステ
『音声ガイドで、見違えるほど綺麗になれる魔法の手技』

 無料音声サイト・himalayaJapanにて配信中! 

 

 

 

-------------------------------------

 

わたしが監修させていただいた、
電動ブラシムック本(宝島社)。

 

 

 ▼現在こちらのサイトで販売しています▼
お肌つるつる♡ 電動シリコン洗顔ブラシBOOK

 



  

 

 

無料音声サイト・himalayaJapanにて配信中!

 

Amazonで好評発売中

 

美容のお悩みに答えた無料動画を受け取る

 

美しくなる情報満載のメルマガ登録はこちら

 

執筆・講演のご依頼やお問い合わせはこちら