パスラボ山形ワイヴァンズは、10月13日(土)と10月14日(日)の両日、天童市の山形県総合運動公園にて、青森ワッツとの2連戦を行った。

ここまでは、B2東地区では、山形が1勝3敗で5位。
青森が4連敗で6位である。

しかし、山形はアーリーカップで青森ワッツから2点差で負けているので、侮れない相手である。



この2連戦のキーマンとなったのは、チュクゥディエベレ・マドゥアバム…愛称はチュウである。

これまでは、ウィルとブレットの外国人コンビであったが、島根戦の2戦目から、ウィルとチュウのコンビに変わっている。

相手チームの外国人の力強さには、やはりチュウの存在は大きい。



第1戦目は、ホーム戦での初勝利を期待して、試合開始前までは、会場もとても和やかな雰囲気が漂っていた。

ダイバーシティメディアでは、今年の夏から放送を開始したディズニーチャンネルのブースを開設し、吉田常務兼営業局長と武田裕営業課長が、笑顔でピーアールしていた。



市村取締役夫妻、大風取締役夫妻、そしてバスケット少女だった女優の菜葉菜さんが初観戦。

みんなでアンセムに勝利を願う。



試合が始まると、山形のプレーは雑で、パスミスやターンオーバーなどを繰り返し、完全なる青森ワッツのペースで進む。

前半終了時点で、青森が51点、山形が29点。
31点差になった瞬間もあった。



ハーフタイムでは、YMF山形国際ムービーフェスティバルのピーアール。

今年の11月9日(金)から始まるYMFでは、13年連続でのプレゼンターを、女優の菜葉菜さんが務めるのだ。



ハーフタイムの終わり頃、試合会場の入り口に並ぶ露店を見て、彼女は「お祭りみたいでテンションがあがります!」と言っていた。



唐揚げを買って食べる。



後半に入って、怒涛の追い上げを見せるワイヴァンズ。



しかし、結局は、青森ワッツが逃げ切る。

青森ワッツが90点。
山形ワイヴァンズが80点。

かなりタフな試合だった。

これにより、青森ワッツと山形ワイヴァンズは、1勝4敗で同率であるが、直接対決で山形が青森から敗れているので、山形ワイヴァンズが、クラブ創設以来、初の最下位の辛酸を舐めることとなる。

何よりも、チームワーク、勝とうとする熱量が足りなかった。



会場で、一昨年ミスユニバースに出場した大類麻未さんと、久しぶりに再会する。
近々、外国に旅立つとのこと。

バスケットボールの山形ワイヴァンズの試合の写真を、ずっと撮ってくださったお父上にも、よろしく伝えていただく。



そして、本日の10月14日(日)、ホーム初勝利を果たすことを願い、多くの方々が駆けつけてくださる。

先日ご挨拶を頂いたばかりの、大和証券の新山形支店長の林上拓哉氏も、ワイヴァンズTシャツを着て参戦して下さる。



山形交響楽団の園部理事長、エスポートの東海林会長、市村工務店の市村社長、大風印刷の大風夫人、そして吉本興業のよしもとクリエイティブ・エージェンシーの新しい住みます芸人「ソラシド」が来てくれた。



選手もチームスタッフも、全員が負けられない試合に臨む。



今日こそはと、応援の声も一段と大きい。
大きなメガホンで、ピーターも参戦してくれた。



しかし、前半は、青森が43点、山形29点と、昨日のように、また大きなリードを青森ワッツに与えてしまう山形ワイヴァンズ!



ハーフタイムでは、ワイヴァンズチアリーダーたちは、ハロウィン仕様のコスチュームを着て、会場のファンの皆さんへ、 アメのプレゼント。



ムービーオンのコンセッションのカリスマ的リーダーだった五十嵐大子さんと愛息子。

相変わらず、笑顔が輝いていた。



後半は、怒涛の追い上げを見せる山形ワイヴァンズ。

結局、77対77の同点で、5分間の延長、オーバータイムに突入!



そして、87対87の同点で、2回目のオーバータイムに突入する。

気力と体力共にギリギリの状況で、何が勝利を決めるのか…。



最後まで鬼気迫る気迫を放っていた中島は、自己最高の29得点である。

チュウも、ウィルも、伊澤も、河野も、古橋も、正成も、チーム全員が頑張った。

結局、山形ワイヴァンズが95点、青森ワッツが93点で試合終了となる。



ホーム戦初勝利!
会場は、歓喜の嵐。

今は、山形ワイヴァンズも青森ワッツも、共に最下位争いをしたチームであるが、ポテンシャルは高いと感じた。

これから、少しずつ、上に上がっていっていくだろう!


最後まで、大応援を続けて下さった、ブースターやファンの皆さんには、心より感謝申し上げます!



今年の6月に、ホリエモンこと堀江貴文氏と、様々な案件について話し合う。

彼が、「和牛ショー」で高橋畜産食肉株式会社の70周年記念事業に参加した際である。

いつもそうだが、お互いの事業や未来へのトライアルを共有し合い、コラボレーションできると思われるものを、10ミッション位取り出して進める。



彼の「和牛マフィア」の展開や、堀江塾の会員の様々なイベント企画、そしてロケット事業や日本酒プロジェクトなど…相変わらず、規格外の展開への挑戦は、ホリエモンらしいと思った。



そんな中で、彼が作っている日本酒の話になる。

彼は、今、和牛や酒の価値を高めて、それなりの価格設定をするべきであると主張している。
何10万円、何百万円もするブランデーやワインに比べ、日本酒はもっと価値をつけても良いはず!と、堀江貴文氏は力説する。

自分も同じ意見であり、特に、和牛どころ、酒どころの山形県は、日本の和牛や酒の価値を引っ張り上げている。

今年2018年、山形県で開催されたIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)の「SAKE」部門では、山形県からのみトロフィー酒が3銘柄、ゴールドメダルが14銘柄選ばれた。

堀江貴文氏らも、応募してシルバーメダルを獲得したそうである。

「今度送ります!」と言われ、とても興味があった…日本酒のベンチャーかな?とも思っていた。

約2カ月後、その日本酒が届いたのである。

「想定内」と「想定外」
ホリエモンが放った流行語である。

「想定内」が、純米大吟醸の部でシルバーメダルを獲得。
「想定外」の方が格上なのだが、出品しなかったそうだ。

株式会社・耕
藤井耕太プロジェクト代表から、丁寧な手紙と共に、3セット届いた。


その手紙と日本酒の他に、天恵の美酒  大信州の冊子がついていた。


高品質な酒米が収穫できる自然環境
北アルプスの山々が育んでくれる天然水
熱意にあふれた酒米農家
…そんな言葉が続く。

大信州酒造株式会社と、株式会社「耕」、さらにホリエモンプロジェクト。

日本酒ベンチャーではなく、大信州の日本酒のイノベーションであった。



堀江貴文氏は、山形県産の日本酒の蔵元と、何10万円もする高級な価値あるブランド酒を作りたいと話していた。

自分の友人たちにもマッチングしようと思う。

今、酒や飲料、そして食品や素材も多様化している。

そこに、新たな価値の創造をすることが、必要なのかもしれない。


大和証券の西村真由美支店長との出会いは、まだ1年程度である。

とても明るく聡明で、仕事もできる美人支店長である。

その彼女が、昨日、転勤のご挨拶にやってこられた。


昨年、自分の山形南高校の一学年後輩で、大和証券の専務取締役である相澤淳一氏と、お互いの知人の結婚式で再会した。

彼が、そこまでの出世を遂げたことに、喜びを感じた。

そして、パスラボ山形ワイヴァンズの社長を自分が務めていて、是非チカラを貸してほしい!と、お願いしたところ、数日後、相澤専務の意を受け、パスラボの事務所があるダイバーシティメディアに、礼儀正しく笑顔で来られたのが西村真由美支店長であった。



西村支店長とご一緒に来られたのは、山形県河北町出身の林上拓哉氏。

林上氏は、この度、西村支店長に代わり、山形支店の新支店長に就任したのである。
まだ、30代の若手支店長であり、大和証券は、とても意欲的な会社であると思った。



大和証券が、パスラボ山形ワイヴァンズのスポンサー企業になったと同時に、西村真由美支店長は、ワイヴァンズグッズに身を包み、何度も試合会場に来てくださり、応援をしてくださった。

ハートで動く、素晴らしい西村真由美さんであった。



東京本社への異動は、昇進である。

是非、西村支店長の、多くの人々から好かれる資質を活かして、これからも、人間関係の輪を広げてほしい。

お元気で!