「オッペンハイマー」は、クリストファー・ノーラン監督と、撮影監督のホイテ・ヴァン・ホイテマの4度目の作品となる。


「インターステラ」「ダンケルク」「TENET テネット」など、二人は、ヒット作を飛ばしている。


その撮影監督のホイテマは、「オッペンハイマーは、心理スリラーに近く、キャラクターの表情が大きく左右する」と述べている。




まさに、天才科学者のオッペンハイマーは、英雄とも悪魔とも呼ばれ、栄光と没落の波瀾万丈の人生を歩む。


彼が創った「原子爆弾」は、その後の世界の在り方を変えた。


いま、自分たちは、その世界の中にある。




人類の関心は、彼の初動機…心情がどう動いていったのかに向くのは当然のことであろう。


この映画が、昨年夏の封切りから、世界興収10億ドルという途轍もないヒットとなっているのだ。




被爆国の歴史を持つ自分としては、この映画を観る前は、「原子爆弾」へのアレルギーというか抵抗があり、積極的に観たいという気持ちが起きなかった。


しかし、一方では、「誰が、何故、この悪魔の兵器を作ろうとしたのだろう?」という気持ちがあった。


高校、大学と、その辺の歴史は知識としては学んではいたが、その情景や時代的な匂いは、やはり映画によって再現されると思った。


案の定、超天才のアインシュタインとオッペンハイマーの交す言葉など、とても印象的なシーンとして残ったのである。




主演のキリアン・マーフィーの演技力は素晴らしく、顔の表情が、その時々の社会を写していたような気がした。


映画後半で、「原子爆弾を創った人間」が、その後のアメリカでの権力闘争や政争の具になっていく。




クリストファー・ノーラン監督は、ロジカル・論理的な組み立てをしっかりされる一方で、後半は、観客の心に、当事者達の溢れる情緒や感情を、迫力満点で迫って来る手法を取られると思う。


まさに、これまでのヒット作を凌ぐ演出は、素晴らしかった。


今、人類は、ターニングポイントに立っている様な気がする。


是非、「オッペンハイマー」を観てほしい。

ムービーオンで、絶賛上映中!



山形南高校を20年前に卒業した、息子達のPTAのクラス幹事(各クラスのPTA代表)7人が、卒業謝恩会の打ち上げの席で発足したのが「南高親父会」である。


その後、半年に一度、山形ワシントンホテルのガスライトか三十三間堂に集まり、20年間、一度も休むことなく開催してきた。


息子同士も同じ卒業学年ではあるが、この7人ほど濃い付き合いはしていないだろう。


しかし、親父達は、不思議なご縁により、変な友情のような、いわゆる仲間意識が芽生えているのだ。




当時のPTA会長は野川さん。

息子が2年生まで自分が会長であったが、下の息子の第八小学校のPTA会長に就任したこともあり、3年時のPTA会長を野川さんに引き受けていただく。

自分が副会長となり、中村医院の中村先生に学年委員長をお願いする。

その他、大坂さん、設楽さん、長岡さん、阿部さんと、7人のクラス委員が集まり、謝恩会を盛り上げたのだ。




あれから20年目の4月4日(木)、ガスライトにて40回目の「南高親父会」が開催された。


自分が64歳で最年少であり、最年長は14歳年上の78歳である。


息子達は同じ年齢だが、親父達はだいぶ歳の差がある。


当初は、子ども達の近況が主な話題で、「どこの大学に行った」とか、「どこに就職した」とか、「結婚した」とか、「孫ができた」などであった。


しかし、最近では、「退職した」「病気をし手術をした」「第二の人生で、趣味やゴルフを楽しんでいる」「目が見えなくなった」などと、話題は健康や老後の生き方についても多いのだ。


ある意味、自分にとっては、とてもありがたい話を聞く機会である。


この20年間、毀誉褒貶や波瀾万丈まではいかないまでも、様々な人生の困難を、皆さん乗り越えられてきた。


そんな人生の先輩達の生き方は、これからの道標になると思っている。


息子たちのPTAから、かけがえの無い仲間たちを得たと思うのだ。


いつも、事務局の役割を担い、みんなに連絡をとっているのは、阿部さんである。


心から、感謝と御礼を申し上げたい。


また、10月に、元気にお会いしましょう。

4月12日(金)の午後、ダイバーシティメディアの秘書広報室の皆さんと、毎年恒例の花見散策に出かける。


会社の近くの小白川町の隣を流れる馬見ヶ崎河畔は、この時期、山形市の桜の名所となっている。




秘書室の三沢朋花局長と棚井望係長と8分咲きの桜の下で。




天候にも恵まれ、春の風が吹き抜け、気持ちが爽快になる。


自分が2歳半から聞いていた、馬見ヶ崎の川のせせらぎ。




高橋昌彦室長、後藤義裕次長も加わり、秘書室が揃う。




出店の屋台で買い物をしていたら、甥っ子の吉村展彦が、息子に綿飴を買っていた。


自分が買った焼きそばをお裾分けする。





屋台で買った、たこ焼き、焼きそば、どんどん焼きを、みんなで食べる。


小さい頃から、祭りで食べた味が、今もここにあることが嬉しい。




ほんの30分間であったが、とても気分転換になった。


ただ空を眺める。

花を愛でる。


光が温かく、風が心地良い。



桜ばな

命いっぱい咲くからに

命をかけて

我 眺めたり

(岡本かのこ)


大好きな詩である。