stl52のブログ

stl52のブログ

ブログの説明を入力します。

どうも。

 

さっそく行きます。

 

OPENING

Rosa: Hey, everyone. Rosa Akino here. It's time for the review, review, review, review.

 

Chris: Hi, guys. Chris Mcvay here. Do your best.

 

 

Lesson 65 REVIEW

 

LISTENING CHALLENGE

 

MONDAY'S DIALOGUE

 

Question: Why did the woman want to talk to Simon?

 

Choices:

A. To hear his ideas.

B. To boost his confidence.

C. To promote Rajio-Eikaiwa.

 

Here we go.

 

Rachael: Hi, Simon. Thanks for sparing some of your precious time for me.

Simon: No problem. What's on your mind?

Rachael: Well, the main purpose of this chat is to discuss how to improve our students' level of English.

Simon: I think their biggest weakness is speaking.

Rachael: I agree.

Simon: So, our number-one goal should be to boost their confidence.

Rachael: Then they'll be less afraid of making mistakes.

Simon: Exactly. I also recommend we have them listen to Radio Eikaiwa every morning.

Rachael: Great idea.

 

The answer is A. To hear his ideas.

 

 

TUESDAY'S DIALOGUE

 

Question: Which of the following is not included in Roxy's recipe?

 

Choices:

A. Onion.

B. Herbs.

C. Pepper.

 

Listen up.

 

Roxy: Dad, I want to teach you a new recipe. I'm tired of seafood paella.

Dad: Sure. What is it?

Roxy: It's called "Spaghetti a la Roxy". It's my own recipe. I've prepared all the ingredients.

Dad: Okay. Show me how it's made, then.

Roxy: First, fry the chopped onion.

Dad: Right. That's easy.

Roxy: Second, add the tomatoes, garlic, and herbs.

Dad: Simple enough.

Roxy: Lastly, add the al dente pasta to the sauce and mix everything together.

Dad: Is that it?

Roxy: Yes.

 

The answer is C. Pepper.

 

 

WEDNESDAY'S DIALOGUE

 

Question: What are the two people looking at?

 

Choices:

A. A picture on a slide.

B. A picture in a book.

C. A picture on a web site.

 

Listen very carefully, guys.

 

Peacock: Today, I'd like to talk about history, not archaeology.

Jessica: I like your slides, Professor.

Peacock: Thank you, Jessica. Do you know who these two men are?

Jessica: Oh, they're the ones who first reached the top of Mount Everest.

Peacock: Excellent. Edmund Hillary and Tenzing Norgay. The date was May 29, 1953.

Jessica: The slide says they left their camp at dawn.

Peacock: Yes. They climbed for hours. Finally, they reached the summit of Everest at 11:30 a.m.

 

The answer is A. A picture on a slide.

 

 

THURSDAY'S DIALOGUE

 

Question: What is success for the woman?

 

Choices:

A. That everyone joins in a bon dance.

B. That everyone enjoys the festival.

C. That everyone becomes friends.

 

Listen up.

 

Noriko: Every year we have the bon festival in front of city hall, but this year, I want to make the event a success.

Michael: Success? It hasn't been successful?

Noriko: Well, first, I'll define what I mean by "success" and then give some examples.

Michael: Thank you.

Noriko: Success means all the participants will have a good time.

Michael: Of course. That goes without saying.

Noriko: They can do this by creating bonds of friendship.

Michael: I agree with that. How about we organize a bon dance event?

 

The answer is B. That everyone enjoys the festival.

 

さあ、皆さん、今回の出来はいかがでしたか?

今月からプレゼンテーションがその私たちの新しい目標となってきたわけです。話し始めから話の最後までしっかりフローを作る技術、それをマスターしなければならない。それが目標なんですね。

今週はまず目標の設定purpose-goalを作る形をやりました。そしてその次に論点の配列。最初に-次に-最後にの流れ、そして「最後に」のバリエーションも学習しましたね。

そして次の話題に移るthennext。こうした表現もしっかりと学んだわけです。

 

 

SAY IT IN ENGLISH!

situation 1: あなたはこれからプレゼンテーションを始めます。会場には参加者が集まっています。まず、来場者にお礼を述べてから、このプレゼンテーションの主な目的を述べましょう。目的は「イメージを通して英語を学ぶ利点について」としましょう。

 

[ヒント]

利点 benefit

 

[解答例]

MC: Please start.

You: Thank you all for coming. The main purpose of this presentation is to show you the benefits of learning English through images.

 

[解説]

Thank you all for coming.

ご来場いただきありがとうございます。

 

「お越しいただきありがとうございます」には様々な表現がありますが、まずこの簡単なフレーズから始めましょう。thank you forは「~してくれてありがとう」。forは理由を表しています。

 

The main purpose of this presentation is to show you the benefits of learning English through images.

このプレゼンテーションの目的は、イメージを通して英語を学ぶ利点を示すことです。

 

mainは「主な」。The purpose of is to「~の目的は~することです」の形はしっかりと覚えていただけましたね。benefitsは「利点・恩恵」。show you the benefitsは授与形で「利点を見せてあげる/くれる」となっています。throughは「~を通して」。それほど頻度が高いとは言えない前置詞ですが、こんな風に上手に使ってくださいね。

 

 

situation 2: 留学生の友人が、カップ麺の作り方を教えて欲しいと頼んできました。作り方は簡単。まず蓋を開け、熱湯を内側の線まで注ぎ、蓋を閉め3-4分待つだけ。さあ、手順を説明してあげてください。

 

[ヒント]

lid

注ぐ pour

熱湯 hot water/boiling water

 

[解答例]

Friend: Can you show me how to cook these noodles?

You: Sure. First, open the lid. Second, pour boiling water up to the line inside. Lastly, close the lid and wait for 3 to 4 minutes.

 

[解説]

Sure. First, open the lid.

はい。まず蓋を開けてください。

 

簡単な手順の紹介です。first, second, lastlyの流れを作っていきましょう。まずはfirst (最初に)。lidは蓋のことでしたね。

 

Second, pour boiling water up to the line inside.

次に熱湯を内側の線まで注いでください。

 

secondは「次に/二番目に」。pourは「注ぐ」。up toは「~まで」。insideは「内側の」。

 

Lastly, close the lid and wait for 3 to 4 minutes.

最後に蓋を閉め、3~4分お待ちください。

 

lastlyは「最後に」、そしてここのforは「期間」を表しています。

 

 

ENDING

Rosa: Well, instant noodles are pretty convenient, right? You don't even really have to cook them. Do you guys like instant noodles?

 

Chris: Actually, I almost never eat instant noodles except in a real emergency.

 

Rosa: What about you, sensei?

 

Onishi: Oh! I like instant noodles. But I prefer inspiring poodles.

 

Chris: What?

 

Rosa: Oh, you're the only one laughing, right?

どうも。

 

さっそく行きます。

 

OPENING

Rosa: Hey, everyone. This is Rosa Akino. Let's get started.

 

Chris: Yes, Rosa. Let's get started. Chris Mcvay here. I'm sure you will have a good time today.

 

 

Lesson 64 論点の配列その3: 次の話題に移る thennext

 

[KEY SENTENCE]

First, I'll define what I mean by "success" and then give some examples.

 

論点の配列。今回は次の話題に移るための重要表現thennextをマスターします。

 

DIALOGUE

 

商店会の会長ノリコとマイケルが話し合っています。どうすればお盆祭りを成功に導けるかという内容のようですよ。

 

Noriko: Every year we have the bon festival in front of city hall, but this year, I want to make the event a success.

 

Michael: Success? It hasn't been successful?

 

Noriko: Well, first, I'll define what I mean by "success" and then give some examples.

 

Michael: Thank you.

 

Noriko: Success means all the participants will have a good time.

 

Michael: Of course. That goes without saying.

 

Noriko: They can do this by creating bonds of friendship.

 

Michael: I agree with that. How about we organize a bon dance event?

 

私たちは毎年、お盆祭りを市庁舎の前で開催しているけれど、今年はこのイベントを成功させたいと思っているの。

成功だって?これまでは成功していなかったと言うのかい。

それはね、まず、私が「成功」という言葉をどういう意味で使っているのか説明するわ。そのあとでいくつか例を挙げるわね。

お願いします。

成功とは、すべての参加者が楽しい時間を過ごすことです。

もちろんだ。それは言うまでもないよ。

それができるのは、友情の絆を築くことによってなの。

私も同じ意見だよ。私たちで盆踊り大会を開催したらどうかな。

 

 

WORDS AND PHRASES

we have the bon festival in front of city hall

[We have .... は「わたしたちは…を持っています。」という意味ですが、自分の住んでいる場所について、行事や名所が「ある」と言うときにも使えます。] 基礎英語1 (2017)2017年10月23日

 

I'll define what I mean by "success"

defineこれは「定義する/説明する」という単語ですね

 

mean by

〔+前+(代)名〕[well を伴って] 〔…に〕(好意を)抱いている, 〈人が〉〔…で〕〈…を〉意味する,〈…の〉意味で言う  | Weblio英和辞書

 

Thank you.

[「よろしくお願いします」に一番近い英語は、「Thank you」です。] マイスキ英語

[多くの場合「よろしくお願いします」は、感謝の一言「Thank you」で置き換えることができます。「◯◯してください。よろしくお願いします。」のように、何か依頼やお願いをする時、手伝ってもらう時、協力してもらう時などは、最後に感謝の一言を加えるのが一般的です。] 英語学習サイト:Hapa 英会話

 

That goes without saying.

That goes without saying.これは「~は言うまでもない」。それは言うまでもないよ、という意味合いです。

 

They can do this by creating bonds of friendship.

さあ、ここではbondという単語が出てきました。これは「絆」。つながっていることを表すんですね。

 

bond of friendship 友情の絆 |英辞郎 on the WEB

 

I agree with that.

さあI agree with thatこのwithが選択できるかというところがポイントですね。誰かと同じ考えを持っていますよというわけです。誰かと一緒というわけですね。

 

organize an event 行事を計画する/企画する |英辞郎 on the WEB

 

Chris: What? Is our textbook useful? Of course. That goes without saying.

 

 

GRAMMAR AND VOCABULARY

対比のための前置

Every year we have the bon festival in front of city hall, but this year, i want to make the event a success.

毎年、私たちはお盆祭りを市庁舎の前で開催していますが、今年はこのイベントを成功させたいと思っています。

 

時の副詞every year (毎年)、this year (今年)は、本来文末が定位置ですが、それぞれ文頭に置かれています。これはコントラスト対比を際立たせるため。毎年私たちは、でも今年はと、文頭に置くことによって二つが対比されていることが明らかとなっているのです。次の文も同じように対比が行われています。

 

In class, she is quiet, but at karaoke, she's wild!

授業では彼女は静かだけど、カラオケではすごいよ!

 

 

目的語説明型

I want to make the event a success.

このイベントを成功させたいと思っています。

 

この文にはthe eventa successが説明する目的語説明型が使われています。the eventsuccessであるという状況をmakeするということ。目的語説明型を上手に使える学習者はそれほど多くありません。この文を使ってしっかり慣れておきましょう。

 

 

ABSORB THE FLOW!

今回のポイント: 次の話題に移るための表現

 

First, I'll define what I mean by "success" and then give some examples.

まず、私が「成功」という言葉をどういう意味で使っているのか説明しましょう。そのあとで、いくつか例を挙げます。

 

ゴガクルの解説より:「プレゼンテーションでは、論点の展開を予告するこうした発言もたいへん効果的です。ここで使われている then は話題を次に移すための重要なマーカーです。thenは「それから/そのとき/それなら」等様々な翻訳が対応しますが、イメージは「視線を移す」。この文では、まず→そしてそれからと視線が移動していることが感じられますね。「そのとき/それなら」の使い方の例も挙げておきましょう」http://gogakuru.com/english/phrase/258757

 

I was a bachelor then.

私はそのとき独身でした。

 

I want to do this project my way. - Fine. Then do it yourself.

このプロジェクトは私のやり方でやりたいのです - いいでしょう。それならひとりでやってください。

 

thenは、どういった使いかたでも「視線を移す」。話題を移すときもこの感覚で使います。

 

さて、話題を次に移す表現では、thenの他にnextmove on toもたいへんポピュラーなものとなっています

 

 

 

Next, let me talk about the history of our company.

次にわが社の歴史について話をさせてください。

 

Now, let's move on to the main point of my presentation.

さてそれでは、このプレゼンテーションの主要ポイントに話を移しましょう。

 

nextは「次に/次の」。move on toonは継続のonです。「続けて/次に」ということ。

 

[発音練習]

First, I'll define what I mean by "success" and then give some examples.

 

 

CREATE THE FLOW!

1.

日本語: まず自己紹介をして、それから私の会社を紹介します。

 

解答例: First, I'll introduce myself and then introduce my company.

 

テンポの良い論点の展開予告となっています。しっかりこのリズムを身につけてください。introduceは「紹介をする」。intro (中に) + duce (導く)で「紹介する」となる単語。語源を知ると単語はずいぶん覚えやすくなりますよ

 

[発音練習]

First, I'll introduce myself and then introduce my company.

 

 

2.

日本語: そのあとで私はこの製品のカギとなる特徴を説明します。

 

ヒント: カギとなる特徴 key features

 

解答例: Then, I'll outline the key features of this project.

 

視線を移し、話題を移すthen。その感覚をしっかり取り込んでください。key featuresは「重要な特徴」。featureは「他とは違う際立った特徴・特質」

 

[発音練習] Then, I'll outline the key features of this project.

 

 

3.

日本語: 次に私たちの会社についての短いビデオをご覧に入れたいと思います。

 

解答例: Next, I'd like to show you a short video of our company.

 

いいですね。I want toと言わずにI'd like toをしっかりと使っていましたね。さすがプレゼンテーションですね。 I'd like toはもちろんI would like toそれはI want toの大人表現でしたね。そしてここではshow you a short videoとなっていましたね。showが授与型で使われていました。「誰々に~を見せてあげる/くれる」という意味となっています。

 

[発音練習]

Next, I'd like to show you a short video of our company.

 

 

ENDING

Onishi: Hey, guys. Next, let me talk about the light and shadow of my life.

 

Chris: Uh, do you have to?

 

Rosa: You know, I think we've heard enough. And we're out of time anyway. So, we have to say goodbye. Maybe next time, sensei.

 

Chris: Yeah, yeah. Good.

続けていきます。

 

月テーマ: Can You DIY? 自分でできますか?

 

REVIEW AND SOMETHING NEW

 

DIALOGUE (1): Bugs on a House Plant! 観葉植物に虫が!

 

QUESTION: How will the woman get rid of the bugs?

女性はどうやって害虫を駆除する?

 

Sister: What's this fuzzy white stuff on my (1        )?

Brother: Oh, you have bugs. I had the same problem with mine.

Sister: How do I get rid of them?

Brother: Squish them.

Sister: By hand?

Brother: Well, that's what I did. They (2        ). If I were you, I'd move it away from the rest of your plants,

Sister: I'll do that now.

 

blankの答え

1. succulent

2. spread quickly

 

QUESTIONの答え:

She'll probably squish them by hand.

 

 

DIALOGUE (2): Building a Desk 机を組み立てる

 

QUESTION: What is the missing tool?

見つからない道具とは何?

 

Woman: Okay, we're going to read through (1        ).

Son: What about these pictures?

Woman: Let's look them, too. Now, "Step one: Use hex key A and ―"

Son: What's a hex key?

Woman: It's an L-shaped tool.

Son: Hmm. It's missing.

Woman: Check the box.

Son: I threw it away.

Woman: Well, let's hope you can (2        ).

 

blankの答え

1. the instructions

2. retrieve it

 

QUESTIONの答え: Hex key A

 

 

Rhythm and pronouncing training mother goose rhymes (5)

マザーグースライムでリズムと発音トレーニング その5

 

解説

遠山「英語は発音とリズムが重要。発音は単語個々の発音の他に語と語をリンクすることが重要で、このリンク力はリスニング力増強に直接つながります。そしてリズムは内容語を強め機能語を弱めることを基礎にした強―弱のコントロールから生まれます」

 

Solomon Grundy

 

一週間の曜日を覚えさせる目的で、Solomon Grundyという人物の人生で起こった主要な出来事major life eventsを一週間に凝縮した作品。19世紀に発表されたこの詩の人物名Solomon Grundyは、それ以前からある寄せ集めサラダsalmagundi、あるいはジャマイカやカナダの食べ物Solomon Gundyとの関連があるとも言われている。またコミックスのanti-super heroアンチスーパーヒーローの名にも使われている。映画The Accountant(邦題「ザ・コンサルタント」)では意外な場面で使われている

 

Solomon Grundy,

Born on a Monday,

Christened on Tuesday,

Married on Wednesday,

Took ill on Thursday,

Grew worse on Friday,

Died on Saturday,

Buried on Sunday:

That was the end of Solomon Grundy.

 

Ken: Wow.

Jeff: It's kind of depressing.

Carolyn: Yeah.

Jeff: A little bit.

Carolyn: Yeah. In a week he was born and buried.

Jeff: Life is short.

Carolyn: I guess so, yeah.

 

 

FILL IN THE BLANKS

Solomon Grundy,

ソロモン・グランディー

 

(1        ) on a Monday,

ある月曜に誕生

blankの答え: Born

 

(2        ) on Tuesday,

火曜に洗礼

blankの答え: Christened

 

(3        ) on Wednesday,

水曜に結婚

blankの答え: Married

 

(4        ) on Thursday,

木曜に病気

blankの答え: Took ill

 

(5        ) on Friday,

金曜に悪化

blankの答え: Grew worse

 

(6        ) on Saturday,

土曜に死亡

blankの答え: Died

 

(7        ) on Sunday:

日曜に埋葬

blankの答え: Buried

 

That was the end of Solomon Grundy.

それでおしまいソロモン・グランディー

 

RHYME構成

dayの発音を[‐di]とするとGrundyと韻を踏むことになるのですべて[i]

 

全体でAAAAAAA同じ音が続く

 

音読をラクにするヒント

リンク:

Born on a / Christened on / Married on / Took ill on / worse on / Died on / Buried on / end of

 

REPEAT

Solomon Grundy,

Born on a Monday,

Christened on Tuesday,

Married on Wednesday,

Took ill on Thursday,

Grew worse on Friday,

Died on Saturday,

Buried on Sunday:

That was the end of Solomon Grundy.

 

Jeff: It's kind of fun.

Carolyn: Yeah. It's a good way to remember the days of the week.

 

 

TRY IT!

CHALLENGE 1: 一息1回

 

Ken: That's too much, isn't it?

Jeff: A piece of cake.

Carolyn: Still one breath, though. Pretty impressive. Nice.

 

 

遠山「それでは私たちと一緒にまいりましょう」

Ken: Take a deep breath. Ready, set, go!

 

Solomon Grundy,

Born on a Monday,

Christened on Tuesday,

Married on Wednesday,

Took ill on Thursday,

Grew worse on Friday,

Died on Saturday,

Buried on Sunday:

That was the end of Solomon Grundy.

 

Carolyn: That was challenging.

Ken: Yeah, that was

 

 

CHALLENGE 2 : 一息2回

 

Carolyn and Jeff: Ken!

Ken: Yes.

Carolyn: I don't know if I can do it.

Ken: So you want me to do it.

Carolyn: If you don't mind.

Ken: I do but I ... okay. I used to be able to do this in one breath, like, 3-4 times.

Jeff: Oh.

Carolyn: So, you should do it 3 or 4 times.

Jeff: I'm sure it's a piece of cake.

Ken: These were the days, my friends. My goodness. Here we go!

 

Carolyn: One more time! Wow!

Ken: Are you going to....

Carolyn: That was great.

Jeff: We have to add more events.

Ken: Come on! My goodness.

Carolyn: We need more days of the week.

Jeff: Yeah, more days of the week.

Ken: Oh, my goodness.

 

遠山「今度は私たちと一緒どうぞ」

Ken: Take a deep, deep breath. Let's go.

 

Jeff: Yeah, we did it!

Ken: You did it better than I.

Carolyn: I don't think so.

 

 

Jeff: I wanna change some of these life events.

Carolyn: Yeah?

Jeff: In my version, Thursday would be learned how to play the guitar. And Friday would be discovered sushi.

Ken: Oh, wow!

Carolyn: Okay, if we were allowed to change life events, and I'd like to change from Thursday to Sunday. And instead of being died and buried, just traveled around the world and lived forever and live ―.

Jeff: Happily ever after.

Ken: I wanna change Sunday.

Carolyn: Oh?

Jeff: Yeah?

Ken; Instead of that, I'd like to say "came back to life".

Jeff: Oh!

Carolyn: That's impressive.

Jeff: Yeah.

 

 

この去年の8月第1週というのは、「楽習」に関してなぜか録音トラブルが続き、翌週のストリーミング放送の録音にも失敗するという、何かおかしな週でした。思いがけず音源が入手出来た形となり、去年の欠損分を補うことができました。

どうも。

 

さっそく行きます。

 

OPENING

Onishi: Okay, everybody. Come on! Let's dance.

 

Rosa: Hey, everyone. Rosa Akino here. Ready for another fantastic lesson?

 

Chris: Hi, everyone. Chris Mcvay here. Hmm. I'd like to talk about history and other subjects. But I know you prefer English. So, let's get started.

 

 

Lesson 63 論点の配列その2:「最後に」のバリエーション

 

[KEY SENTENCE]

Finally, they reached the summit of Everest at 11:30 a.m.

 

論点の配列の中で、最後にはlastlyのほか、finallyも使われます。ところで、「最後に」にはいくつかの表現が集まっています。この機会に繊細な使い分けを学んでおきましょう。

 

DIALOGUE

 

ピーコック教授が学生のジェシカに、エベレスト登頂に成功した人たちについて説明しています。

 

Peacock: Today, I'd like to talk about history, not archaeology.

 

Jessica: I like your slides, Professor.

 

Peacock: Thank you, Jessica. Do you know who these two men are?

 

Jessica: Oh, they're the ones who first reached the top of Mount Everest.

 

Peacock: Excellent. Edmund Hillary and Tenzing Norgay. The date was May 29, 1953.

 

Jessica: The slide says they left their camp at dawn.

 

Peacock: Yes. They climbed for hours. Finally, they reached the summit of Everest at 11:30 a.m.

 

今日は、考古学ではなく、歴史について話したいと思います。

そのスライドはいいですね、教授

ありがとう ジェシカ。この2人の男性が誰だかあるか知っていますか?

はい、エベレストの山頂に初めて到達した人たちです。

そのとおり。エドモンド・ヒラリーと テンジン・ノルゲイですね。それは1953年5月29日のことでした。

そのスライドには、彼らがキャンプを夜明けに出発したと書いてありますね。

そう。何時間も登り続けたのです。そしてようやく午前11時半にエベレストの頂上にたどり着いたのです。

 

 

WORDS AND PHRASES

Today, I'd like to talk about history, not archaeology.

さあ archaeology (考古学)という単語が出てきましたね。皆さんの中には考古学なんて言うことはないから覚えなくていい、そんなことを思ってらっしゃる方がいるかもしれません。でもそれは大きな誤解なんですね。覚えた単語は必ず使う機会があります。そして単語を覚えれば覚えるほど、皆さんの会話の内容が豊かになってきます。しっかりとこうした単語も覚えてください。

そしてここではI'd like toというフレーズも使われていましたね。もちろんwould like to (~したい)というわけです。

 

I like your slides, Professor.

[相手をホメたくて「君の~いいね。」は英語で”I like your ~.”と言います。相手を軽くほめたいときに使える便利な英会話フレーズです。] RYO英会話

 

Do you know who these two men are?

Do you knowの後ろにwho these two men areという平叙文の形が出てきました。もちろんこれはwhです。「これらの2人の男の人が誰なのかあなたは知っていますか」というわけですね。who以下では疑問の気持ちは全くないということ。wh疑問文としっかりと分けてくださいね。

 

The slide says they left their camp at dawn.

dawnという単語が出てきました。これは「夜明け」ですね。しっかりと覚えておきましょう

 

They climbed for hours. Finally, they reached the summit

さあここのthey climbed for hours.このforこれは「期間」を表していますね。for hours (何時間もの間)というわけですね。そしてsummitという単語が出てきました。summitは「頂上」ということですね。

 

Rosa: Hey, guys. You know what will really help your English studies? If you check our textbook at dawn.

 

 

GRAMMAR AND VOCABULARY

関係代名詞節による修飾

They're the ones who first reached the top of Mount Everest.

彼らはエベレストの山頂に初めて到達した人たちです。

 

the ones (人たち)をwho以下の関係代名詞節が説明する形となっています。関係代名詞節による修飾では空所に注意が必要です。who以下はreachedの主語がなく、空所となった「誰々が最初にエベレストの山頂に到達しました」という節。空所とthe onesが組み合わされ「エベレストの山頂に初めて到達した人達」と修飾関係が使われています。英語と日本語の語順がまるで異なることに注意しましょう。日本語では「エベレストの山頂に初めて到達した人達」と修飾節が先行しますが英語ではthe ones who first reachedと後ろに置かれます。説明は後ろに置く。説明ルールの典型的な形なんです

 

 

無生物主語

The slide says they left their camp at dawn.

そのスライドには、彼らがキャンプを夜明けに出発したと書いてあります。

 

英語は日本語に比べものを主語にする無生物主語を多用する言葉です。この文では、the slide says (スライドが~と言っています)となっていますね。無生物主語を使わなければ、「スライドによると~です」など、より複雑な言い回しが必要になりそうです。無生物主語は簡潔な文を作る優れた方法でもあるんです。この文でしっかりと慣れてくださいね。

 

 

ABSORB THE FLOW!

今回のポイント: 最後にのバリエーション

 

Finally, they reached the summit of Everest at 11:30 a.m.

ようやく彼らは午前11時半にエベレストの頂上にたどり着きました。

 

ゴガクルの解説より:「finally は「最後に・ついに」を意味する万能語。順序を表す使い方に加え、「ついに・困難の末」の使い方を併せ持ちます。ここは感情の高揚が感じられる「ついに・とうとう」」http://gogakuru.com/english/phrase/258756

 

Onishi: So, by the way, is it possible to use "lastly" instead of "finally" here?

 

Chris: No, I'm afraid not. The reason is that "lastly" is used to introduce the final step in a process with a clear order. You know, first, second ... lastly, the final step. So, order is the key.

 

やはりここではですねlastlyを使うことはできないわけですね。lastlyは、1-2-3-4、この順序だっているものに関して、その最後というわけですね。この文のように「ついに・とうとう」そうした感情の高揚を表すことはできないよ、というわけです。

 

さあ実はこのfinallyは、lastlyのように順序を表すことだってできるんです。順序を表すfinallyの例をお聞きください。 

 

Finally, I will open the floor to any questions about my presentation.

最後に私のプレゼンテーションについての質問をお受けいたします。

 

[open the floor to any question (=会議の参加者へどんな質問も許します)は会議専用の語句です。この the floor は「会議場の低い席(= the floor)に座っている会議参加者たち」という意味です] Yahoo知恵袋

 

[To "open the floor to questions" means to allow people to ask questions in a large meeting, lecture, conference, or other group. This phrase is pretty formal, so you use it at the end of a formal speech.

"The floor" is also used to talk about who has the right to speak in a formal discussion.] PhraseMix

 

「最後に」は日常よく使われる表現です。それだけにさまざまな表現が詰まっています。この機会にeventuallyultimatelyも手に入れておきましょう。

 

We hope to extend our business throughout Asia eventually.

私たちはゆくゆくはアジア全体にビジネスを拡張していこうと思っています。

 

Eventuallyにはevent (出来事)が含まれていますね。さまざまな出来事をへて、その末にとその過程が意識されています。

 

長い期間努力が感じられる「最後に」は、「ゆくゆくは」ということになります。

 

I'm confident that our design will ultimately be accepted.

私たちのデザインが最終的に承認される自信があります。

 

ultimately (最終的には/究極的には)は、最終的な「状況」にフォーカスがある単語。最終的にはどのようになっているのかということです

 

[発音練習]

Finally, they reached the summit of Everest at 11:30 a.m.

 

 

CREATE THE FLOW!

1.

日本語: 最後に、私のプレゼンテーションを聞いていただき、全ての方々に感謝いたします。

 

解答例: Finally, I'd like to thank you all for listening to my presentation.

 

finallyを用いたすてきな締めの言葉でした。必ず全て覚えてくださいね。I'd like to/I would like toI want toの言い換えでしたね。生々しい感触を持ったwantを避ける、引いた感触を持つ大人の表現です。thank for ~は「~について人に感謝する」

 

[発音練習] Finally, I'd like to thank you all for listening to my presentation.

 

 

2.

日本語: 心配しなくていいですよ。君のプレゼンテーション技術はゆくゆくは僕と同じくらいよくなります。

 

解答例: Don't worry. Your presentation skills will eventually become as good as mine.

 

「ゆくゆくは」のeventuallyas good asの後ろがmineであることに注意しましょう。主語はyour presentation skills。比較対象となるのはmy presentation skills、すなわちmineということになりますね 

 

[発音練習] D

on't worry. Your presentation skills will eventually become as good as mine.

 

 

ENDING

Onishi: Chris, you're a presentation genius, right?

Chris: That's not for me to say, but yes, I am.

Rosa: Yeah, of course he is. It's because he has had many, many, many, many years of experience.

Chris: Oh!

Onishi: Come on! Let's go! Goodbye.

続けていきます。

 

月テーマ: Can You DIY? 自分でできますか?

 

DIALOGUE (2): Building a Desk 机を組み立てる

 

ある女性の息子に新しい机が届き、組み立ての手伝いを頼まれました。

 

Woman: Okay, we're going to read through the instructions.

 

Son: What about these pictures?

 

Woman: Let's look them, too. Now, "Step one: Use hex key A and ―"

 

Son: What's a hex key?

 

Woman: It's an L-shaped tool.

 

Son: Hmm. It's missing.

 

Woman: Check the box.

 

Son: I threw it away.

 

Woman: Well, let's hope you can retrieve it.

 

 

Ken: This is a problem.

Carolyn: Oh, yeah.

 

 

WORDS AND EXPRESSIONS

~を組み立てる build

建物でなくてもbuildが使えます

 

~に目を通す/~を読み通す(イディオム) read through

 

説明/説明書 instructions

この「説明書」の意味では、複数形を使うのが普通です。

 

~はどうですか? What about ?

 

手順その1: ~/まず~ Step one:

 

六角レンチ/六角棒レンチ hex key

 

L字型の~ L-shaped

 

It's an L-shaped tool.

L字型の道具よ

 

見つからない/ない/入っていない missing

 

(~の中身・内容などを)チェックする check

 

~を捨てる(イディオム) throw away

 

~ですよね/~だと期待しましょう Let's hope

 

~を取り戻す retrieve

 

Well, let's hope you can retrieve it.

そう、取り戻せるわよね

 

それじゃあ、説明書に目を通すわよ。

こうした写真はどうなの?

それも見ましょ。では「手順その1:六角レンチAを使って―」

六角レンチって何?

L字型の道具よ。

見つからないよ。

箱をチェックして。

捨てちゃった。

そう、取り戻せるわよね。

 

 

APPLY IT!

Now, "Step one: Use hex key A".

では「手順1:六角レンチAを使う」

 

ゴガクルの解説より:「指示する表現。説明書を読み上げています。「手順その1」は first first of all ともいいますが、step one には専門的な響きもあります。」 http://gogakuru.com/english/phrase/108653

 

YOU ARE THE

: Now, "Step one: Log in to App Gakushu".

では「手順その1。楽習アプリにログインする」

 

Jeff: I did it.

しましたよ

 

: "Step two: Press the Come-on-in Button".

「手順その2。カモーニンボタンを押す」

 

Jeff: I did it. Oh, there's your picture!

 

Carolyn: See? That wasn't so hard.

Jeff: You're famous.

Carolyn: Oh, no, no.

Ken: There's your picture, too!

Carolyn: Wait a minute.

Jeff: Oh.

Carolyn: And your picture too, Ken.

Ken: Oh, my goodness! Fame at last!

 

You did it!

 

fame at last(意味)ついに栄光が!

[自分に注目が集まりそうな状況を謙虚に、ユーモラスに表現するイディオムとのことです。

ニュースにちらっと映って「これで私も有名人だ」とジョーク混じりにいう時などに - 英検と遠山顕のKen's Cafe ~イディオムで学ぶビジネス英会話]

 

 

SAY IT!

itを弱化する

 

I threw it away.

それは捨てました

 

代名詞itは通常弱める。threw itはリンク。away にもつながるのでthrew ititを「θrウーウィダウェイ」のようにリンクさせる。

 

Ken: Carolyn, are you ready? Five times in one breath.

Carolyn: Yeah, I think so ― ready to take it away.

Ken: All right. Yeah, Carolyn, take it away!

 

take it away

さあ始めてください◆テレビ番組などで司会者がミュージシャンなどに対して「では演奏をお願いします」などの意味で使う。 - 英辞郎 on the WEB

 

You did it swimmingly!

 

swimmingly

副〔物事の進行などが〕スラスラと、とんとん拍子に - 英辞郎 on the WEB

 

 

REPEAT

Okay, we're going to read through the instructions.

What about these pictures?

Let's look them, too.

Now

"Step one: Use hex key A and ―"

What's a hex key?

It's an L-shaped tool.

Hmm. It's missing.

Check the box.

I threw it away.

Well, let's hope you can retrieve it.

 

 

WRITE IT!

日本語: ある女性が息子が机を組み立てるのを手伝っています。道具がひとつ見つかりません。息子はその箱を捨てました。彼らはそれを取り戻せるでしょうか?

 

参考にするダイアローグの部分:

Building a Desk

It's an L-shaped tool.

It's missing.

I threw it away.

Well, let's hope you can retrieve it.

 

チェックポイント:

[AはBがCするのを手伝っています]

Jeff: Well, basically we would say, "A is helping B C". But you can also say it; "A is helping B to C". You can use the "to" or not. Either way.

 

[道具がひとつ]

Carolyn: Well, it is "one tool. That's correct. But it's easier just to say "a tool" here. So, the whole sentence is going to be "A tool is missing".

 

[彼らは~できるでしょうか?]

Jeff: Well, some people might be tempted to use the word "can". But we can't say (×)"Will they can retrieve it?"

Carolyn: Oh, no!

Jeff: That's not good English. So, we're going to use the phrase "Will they be able to -". Will they be able to retrieve it?

 

解答例:

1. A woman is helping her son build a desk. A tool is missing. The son has thrown away the box. Will they be able to retrieve it?

 

2. A woman is helping her son to build a desk. A tool is missing. The son has thrown away the box. Will they be able to retrieve it?

 

Good job!

 

 

IN ANOTHER SITUATION!

They are in a huge box.

二人は巨大な箱の中にいる。

 

Woman: Hmm, the first thing you want to do is to read through the instructions.

Son: What about this book of pictures?

Woman: Open that too.

Son: Okay.

Woman: "Step one: Use screw A and washer D".

Son: Uh, screw A is missing.

Woman: Check the box.

Son: We're in it!

Woman: Well, let's hope you can build the rocket.

Both: Otherwise ― we'll be here on Mars for a while.

 

 

Ken: Oh. They're in a box on Mars.

Carolyn: Amazing.

Ken: Do they want to go back home or go back to the moon or wherever?

Jeff: They gotta build that rocket.

Carolyn: Or I guess the big box will become their house if they can't return.

Jeff: Their home for a long time.

Ken: Well, we have gone through the usual steps today again.

Jeff: Mm-hm. Step 1, step 2, step 3.

Ken: And the final step will be: "That's about it for today".