自然療法家ホメオパス✻荻原加奈                       東京✻足立小台

 

満員電車を克服した話①

 

 

の、つづき

 

 

全員家族だ!と全身全霊で思う事で、効果を実感した私は、朝の通勤時間だけでもイイところだけを見つけて自分にプレゼンしよう!と決めたこと

 

 

↑これが保険です。

 

 

そう決めたら脳ってそこだけ見つけるでしょ

 

 

例えば、自分が赤い車が欲しいと思うと、街に走る赤い車を認識しはじめ、「最近赤い車多くない?」って思ったり

 

 

友達が妊娠すると、妊婦ばかりが目について、「最近妊婦さん多いよね?」って思ったり

 

 

超追い込まれていた私にとって、何が真実かなんてどうでもよくて、朝の通勤ラッシュに善人が何人いて、悪人が何人いるとか、実際に車内の気が良いとか悪いとかはどうでもよかった。

 

 

良いところだけ探して、自分に教えてあげようと思ったの。

 

 

そう決めた時から

 

 

車内で倒れた人を連携プレイで救助するサラリーマン達の姿や、ホームに落ちてしまった人を、これまた連携プレイで救助するおぢさん達、盲目の方をフォローする人達、妊婦さんに席を譲って、「うちのも来月なんですよ~」と話かけるサラリーマン

 

 

私自身に対しても、混雑した車内で「もう降りるから、あんたココ座んなさい!」っておぢさんが席を確保してくれたり、荷物を網棚に乗せてくれたり。

 

 

街で赤い車が目に入るようになったように、優しい人がたくさん目に入るようになりました。

 

 

私は起立性調節障害と思われる症状以外にも、物心ついた頃からアレルギーが酷くて、自分を護るために

 

 

これは私を傷つけない?

これは私にとって安全?

 

そうやっていつも周りを観ていたと思う。

 

 

それでしか護れなかったから

 

 

でも、自分で思ってるより外には敵はいないし、世界は優しいと思ったら そうゆう事しか目に入らなくなって、結果 私は倒れなくなった。

 

 

巾着袋がひっくり返ったように一瞬で世の中の観方が変わる経験は、この時が初めてだったと思う。

 

 

追記

 

①に書いた「全員家族だーーー!」は家族でなくてもいいです。ただ全員イケメン!では余計バクバクするし、現実との乖離が激しくてムリがあると思う。あくまで自分の中が緩めばいいので、

弛む何かを見つけてみてね

 

 

メニュー はっぱホメオパシー健康相談
はっぱアット・ゾーン®個人セッション
はっぱ月イチお話会 9月のテーマは「アレルギ-」

場所:日本ホメオパシーセンター足立小台

    JR田端駅よりバスで10分

(詳しい場所はお申込後にお知らせします)

 

 

荻原 加奈(おぎはら かな)

アット・ゾーン®プラクティショナー

ホメオパシー 療法家